大学院

2015年4月

  • LINEで送る

2015年4月29日  ニュース

葛西 薫先生「紫綬褒章」受章!

大学院客員教授の葛西薫先生が、2015年春の紫綬褒章を受章されました!

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000015-jij-pol

 

葛西先生は、日本を代表するアートディレクターのお一人で、

サントリーウーロン茶(1982年~)やユナイテッドアローズ(1997年~)などの広告、虎屋のCI・空間計画・パッケージデザイン、映画や装丁などなど、人々の記憶に残る斬新でユーモラスなデザインワークを多岐にわたって手がけられています。

 

 

DSC074631

画像は昨年度の修了展で院生の作品講評をしていただいてるところです。

 

DSC075131

葛西先生、おめでとうございます!

 

株式会社サン・アド(SUN-AD Company Limited)

http://www.sun-ad.co.jp/

  • LINEで送る

2015年4月23日  イベント

【大学院ミヤジマスクール】クリスティアーネ・レーア氏レクチャー&ディスカッション

今年度第1回「大学院ミヤジマスクール」が4月7日(火)に開催されました。

アーティストのクリスティアーネ・レーア(Christiane Löhr)さんをゲストでお招きし、レクチャーをしていただいたのでその様子を紹介します。

DSC07807

DSC07770 DSC07764DSC07773

レーアさんは、タンポポやアザミなど、身近な植物の茎や種子の特性を活かしたインスタレーション作品で世界的に評価され、イタリアやドイツで活躍されています。

やがて朽ちていく植物の儚さの中に壮大な宇宙があり、展示空間にそのフラジャイルな世界観を微かだけれども強固に存在させています。

 

自作を語られたレクチャーの後、

院生と主に英語でディスカッションしていただきました。

 

DSC07832 DSC07814DSC07838

 

少し休憩をはさんで、恒例の院生アトリエ巡回。

作品講評もしていただきました。

DSC07856 DSC07876 DSC07892

プレゼンテーションも当然英語です。

院生は事前に内容を用意し、下手でも誰も笑わず真剣な学びの場になっていました。

DSC07924

M2生のナットくんとハヌルさん、今回は通訳を引き受けてくれて本当にありがとうございました。

二人が他の院生と同じ立場だったので、みな気兼ねなく不得意でも英語でこの特別講義を乗り切れたのだと思います。

 

宮島先生も仰っていたことですが、英語で自作を語ると、日本語よりボキャブラリーが少ない分、思考を簡潔に整理でき相手によりシンプルに分かり易く伝えられるということはとても重要なことだと思います。

そのことを飾らないレーアさんの素敵な人柄や作品から多くのことを学んだことでしょう。

 

言葉もそうですが、作品も世界の共通言語になり得るように、院生の皆さんは広い視野を持って制作を深めていってください。

 

レーアさん、サルバドーレさん、本当にありがとうございました!

 

------------------------------------
※「大学院ミヤジマスクール」は京都造形芸術大学大学院の活性化を目的として、宮島達男副学長が国内外で活躍するトップアーティストを招き、特別講 義やワークショップ、作品講評などを行う特別企画です。

展覧会「クリスティアーネ・レーア 宙をつつむ」は4月5日から8月31日まで、ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡県)で開催されています。

http://www.vangi-museum.jp/

 

 

*クリスティアーネ・レーア氏略歴
1965年ドイツ ヴィースバーデン生まれ。ボン大学でエジプト考古学や歴史学、マインツ大学で芸術教育学などを学んだ後、デュッセルドルフ美術アカデミー ヤニス・クネリス教室修了。美術アカデミー在学中から植物や馬の毛を用いた作品を作り始め、注目を集める。現在、ケルン(ドイツ)とプラート(イタリア) を拠点に活動。ミラノ近郊のパンザ・ヴィラ・アンド・コレクションでの個展をはじめ、世界各地で展覧会を開催。主なパブリックコレクションにヴァ ンジ彫刻庭園美術館(静岡)、ボン市立美術館(ドイツ)、パンザ・コレクション(イタリア)ほか多数。
[ヴァンジ彫刻庭園美術館ウェブサイトより転載]

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。