舞台芸術学科

2015年5月

  • LINEで送る

2015年5月26日  ニュース

《ぶげまる15’》第3弾公開!!!

「梅雨も来ていないのにすっかり夏ですが

2015年度も舞台芸術学科の授業発表公演を1ヶ月限定でまるまる見せちゃおう企画」

略して

《ぶげまる15’(フィフティーン)》

 

第3弾公開です。

.

今回は

2014年度 3回生 山下残クラス ダンス公演

『歩道橋トンネル』

(2014年7月11~12日 @studio21)

です。

(公開期間6月27日まで)

————————————————————————

この創作は最初に大型タクシーで京都をツアーして、街の出来事を記録するということから始めました。

あわよくばツアー形式のパフォーマンスでも発案できるかもしれないと思いましたが、

基本的には劇場の中で、移動する感覚をいかに再現できるか、

についてのチャレンジを当初からもくろんでいました。

新作ということで4月から創作を始めましたが、舞台作品は、たった数ヶ月で出来てしまうものではなく、

過去の色々な実験のたまものであり、リハーサルをしながら旅はここまで来たかと、

俺ひとり悦に入ってしまう瞬間もありますが、俺のアイデアばかりでできているわけではないので、

創作に参加してくれたみんながキックするボールの素早さと正確さには、感謝の気持ちでいっぱいです。

(この作品の非常に複雑な進行表はワールドカップを夜中に見ながら書いていることが多かったです。)

ダンスとは何かとか、世代論とか、そのあたりはいつも関係なく通りますが、今回は少し気になります。

特に些細な出来事の羅列によるこの作品のスタイルが、

若い人たちにどう受け取られるか興味があります。

チラシのコピーに使われている「ちょっとそこまでお出かけ気分」

というフレーズで気持ちを和ませるようにしています。

10日現在本州に台風接近中ですが大丈夫でしょうか?

中止になってもどこかで再演していです。

山下残

(当日パンフレットより)


IMG_8771 IMG_8427IMG_8874

————————————————————————

どうぞ、ご覧下さい。

 

[GALLERY]はこちら

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。