文芸表現学科

2015年5月

  • LINEで送る

2015年5月22日  授業風景

小説共作ワークショップ!

 

今日は「創作基礎ⅠA」辻井先生の授業をレポートします!

 

この授業は1年生の必修授業で、掌編小説からショートショート、

短編小説、長編小説など小説のありようについて学びます。

様々な小説に触れ、そこから学んだことを自分の創作活動に活かしていく

ということを目的とした授業です。

 

先日の授業では「小説共作」というものを行いました。

 

IMG_7002

 

グループを組み、用意された音楽や写真から小説のストーリーの素材を選び、

グループのみんなでストーリーの土台を考えていきます。

 

 

IMG_7015

IMG_7022

グループで円になり、素材から生まれてくるアイディアを

模造紙いっぱいに、どんどん書き込んでいきます。

 

よく学生からも「小説のストーリーが思いつかず、いき詰まる時があります…」と聞きます。

しかし、一人では思いつかない面白いアイディアが、みんなで考えることで沢山でてきて

ストーリーが出来上がっていくのです。

 

どのグループもこんなに模造紙いっぱいにアイディアを書いていました!

 

IMG_7075

 

IMG_7096

 

 

また今回はストーリーだけではなく、このストーリーの作者のペンネームや年齢、性別など架空の設定も決めました。

「柊結月」や「日向夏みかん」や「歯茎先生」など…。

ペンネームにもグループの個性が出ていますね(笑)。

 

IMG_7133

 

 

作者の設定も決まったところで

いよいよグループごとに考えたストーリーを発表します。

 

IMG_7031

 

どのグループも時間が限られていたのにも関わらず、展開やオチまでしっかり考えていました。

 

IMG_7030

 

IMG_7068

IMG_7092

 

そして、ストーリーを考えて終わりではなく、

発表を聞いて一番「書きたい!」と思ったストーリーを

実際、小説として書くことが今回の一番の課題です。

(しかも決めた作者の設定になりきり書きます!)

 

 

どのストーリーを書くか、それぞれ決めて今回の授業は終わりました。

IMG_7124

 

みんなで考えたストーリーを、一人一人の言葉で「小説」として書くと

どんな表現で出来上がるのでしょうか…?

 

どの様な小説ができるのか、今からとても楽しみです。

 

(スタッフ・鈴木真美)

  • LINEで送る

2015年5月16日  インタビュー

隠岐郡海士町ではたらく ―卒業生インタビュー

 
ゴールデンウィークの休暇も兼ねて、
スタッフの竹内と鈴木(とASP学科スタッフの加藤さん)とで、
海士町(あまちょう)で働く卒業生の谷本健太くんを訪ねました。
 
谷本くんは、今年の春にクリエイティブ・ライティングコースを卒業し、
4月から、海士町役場で集落支援員として働きはじめたばかりです。
離島での暮しぶり、はじめての仕事など、
海士町観光のあい間に尋ねてみました。

 
 
oki_tani2
 
 
集落支援員としての仕事
 
いまは海士町の役場で集落支援員として働いています。
ただ、実際のところは公民館の仕事が中心で、ほかの支援員のように外に出ることはあまりなくって、事務のようなことをしてます。
 
「子供ダッシュ村」っていう役場の企画の募集チラシをつくったり、地域の子どもたちや保護者の方とイチゴ狩りに出かけたり、畑体験をしたりしてます。当日も一緒に行きますが、その準備として畑を持っている人に連絡して、日時を決めたりだとか、そういうことをやってますね。
 
あと、「チャレンジデー」という企画で、夏になったら、隣の松島という島にキャンプに行きます。無人島なんですけど、自給自足で、トイレも自分たちでつくったりするそうです。小学生の高学年の子たちが参加するんですが、スタッフとして僕とかも行って、基本的に子どもたちだけでチャレンジするのを見守るといったことをやります。
 

むこうに見えるのが松島

むこうに見えるのが松島


 
ほかには、「後鳥羽人(ごとばびと)人材バンク」っていうのも担当しています。
そういえばこんなことが得意な人がいるぞ、っていうふうに、まずリサーチをして、
それから、先輩と同期と3人で島をまわり、7人くらいの方を訪問しました。
ロクロや短歌、釣り、サッカー、あと名前は忘れましたけど輪投げみたいなスポーツとか、氷鬼(こおりおに)という遊びとか、そういうことが得意な人たちの家に行って、登録しませんか、とお誘いするんです。
 
それで登録してもらえたら、今年はこんなことが得意な人たちが集まりましたよーって一覧を出すんですよ。それを見て、興味を持った人が5人以上集まったら、日時を決めて開催することになります。集まらなければ開催しないこともあります。
 
地区を分けずに、人と人との交流を図るのが目的なんだと思いますよ。ちょっとした才能を活かしてもらえるし、学びの機会にもなるし。公民館はあくまで、区民の人たちの活動をサポートするという位置づけなんです。
 
あとは、「公民館だより」の記事を取材して書いたりしています。さっきも言った、子どもダッシュ村とか、いろんな事業に行って、写真を撮ったりしながら、それを記事にまとめます。それから、公民館の仕事ではないけれど、地区ごとの広報誌を出しているところがあって、僕が住んでいる北分(きたぶ)というところも広報誌を出しているので、僕もメンバーに入らせていただくことになりました。やっぱりクリエイティブ・ライティングコースを卒業しましたという話になると、じゃあ記事とか書けるんやねえと言われますし。学んだことを活かそうと思います。なんて(笑)。
 
海士町の玄関となる菱浦港。観光協会やきんにゃもにゃセンターなどが集まる。

海士町の玄関となる菱浦港。観光協会やきんにゃもにゃセンターなどが集まる。


 
さいしょにも言いましたが、
僕は、集落支援員ということで採用してもらったんですが、
どちらかというと公民館での仕事が主になっています。
 
本来、集落支援員っていうのは、その地区の人びとの自立的な活動をサポートするんです。
集落支援員たちが何かイベントを企画して、区民の人たちに参加してもらうんじゃなくて、
区民の人たちが自分たちの地域、地区のことを考えて何かをしたい、というときにそれをサポートします。
 
だから、それぞれ担当している地区に出かけて、集落調査などを行ない、
必要なサポート、たとえばお祭りの準備だとか、古道具の引き取りだとかをします。
この4月は、集落支援員の活動場所の引越しで忙しかったので(※公民館からアママーレという場所へ移動しました)、これから本格的に活動が始まるんだと思います。
 
海士町は総合振興計画のおかげで、IターンやUターン者が増加しているんですね。
そうした人たちが活動してくれているので、集落支援員が必要となる場面が減ってきたという状況もあるみたいです。
だから、純粋な集落支援員として活動している人もいれば、
僕のように公民館や学芸員を兼務しているという集落支援員もいるんです。
 
 
 
海士町に来た理由
 
大学で募集説明会があって、それに参加したのがきっかけですね。
僕のお父さんが小豆島出身だっていうこともあって、小学生の頃とかはよく夏に小豆島へ行ってました。
説明会で海士町のことを知ったときに、なんとなくですけど、ちっちゃい頃に知っていた田舎の暮しに似てるなあ、ちょっと行ってみようかなあって、単純にそう思いました(笑)。同じ離島として興味もありましたし。
 
それで実際に見てみたいなと思って、友達と一緒に下見に行って、
で、行った結果、すごく良かったんです。
 
海がものすごく近くて、まわりはみんな海だし、風景も綺麗だし、
島を歩いてたら皆さん挨拶してくださいますし。
 
隠岐の海

隠岐の海


 
金光寺から見た海士町

金光寺から見た海士町


 
隠岐牛の牧場もある

隠岐牛の牧場もある


 
仕事については、正直あんまりよく分からなかったんですけどね(笑)。
集落支援員の方々とも会いましたし、公民館のなかも入りましたし、
いろんな人と話をさせてもらったんですけど、あまり分かった! っていう手応えはなかったんですよ。
 
ただ今日はどこどこへ行って、チラシを配ったよっていう話を聞きながら、
なるほどなーと、面白そうだなと思いました。
配達ができるのはいいなー、やってみようかなと(笑)。
 
中央公民館には図書館も付属してるんですが、二ヶ月に一回くらい、本の配達に出かけたりもします。
むこうの公民館に届けて、そこでちょっとお茶したりするんですよ。
そこでおじいちゃんやおばあちゃん達とお話したりして、
皆さんとっても元気で、いろいろと面白い話を聞かせてもらったりします。
そういうのが、いいなーと。
 
だから、単純に、直感でいいなと思って来たという感じです。
 
 
 
これからのこと
 
まずは、いろんな事業を準備して、参加してもらって、記事にして、という
いまの仕事にもっともっと慣れていきたいです。
そうしたら、土日の休みをつかって、なにかひとつ自分で企画したイベントとかしたいです。
場所はあるし、たとえば製本なんかを。
 
図書館にもけっこう良い小説がたくさん入ってるんですけど、
もっと充実させたいなとも思っています。
 
充実したラインナップの図書館

充実したラインナップの図書館


 
図書館の窓のむこうには里山の風景がひろがる

図書館の窓のむこうには里山の風景がひろがる


 
あと、恥ずかしいんですけど、後鳥羽人人材バンクに登録しています。
「小説作法」という内容で・・・(笑)。
いや、いちおう登録しているだけなので、実際に事業があるかどうかは希望者がいないと、なんですけど、
僕自身も勉強しようという意味も込めつつ、自分が学んできたことを皆さんにも伝えられたら、
それがまず自分の最初の一歩かなと思うので。
 
今はまだここへ来て1ヶ月なので、手探り状態です。
とにかく、海士町って、住めば住むほど良いところやなって感じてます。
面白い人がたくさんいるし、もっともっと魅力があるんじゃないかと期待してるんです。
将来は具体的にどうしようかっていうのはないんですが、
海士町から出ようとも思ってないですね。
 
そんな感じで頑張っていくので、また遊びに来てくださいね。
家も広いので、ぜひ泊まってください。
 
 
 


谷本くんは、ドライブしながら島のことを紹介してくれました。
泊まってくださいと言われた家も訪れましたが、とても立派な家なのに、
ぜんぜん掃除や片付けをしていないので、今度来るときまでに片付けるように言っておきました(笑)。
 
私たちは民宿に宿泊しましたが、島の人たちとバーベキューをしたり、
釣りやスナックに連れて行ってもらったり、
そこで出会った隠岐國学習センターの人たちのご好意で、
海士町の教育取り組みをご紹介いただいたり、
海士町の皆さんにたいへんお世話になりました。
 
皆さん、ありがとうございました。

 
 

帰りのフェリーは、たまたま本土に帰る人の見送りと重なりました

帰りのフェリーは、たまたま盛大な見送りと重なりました


 
 
(スタッフ・竹内)

  • LINEで送る

2015年5月14日  授業風景

歌舞伎鑑賞教室に行ってきました!

 

先日、林家竹丸先生の授業(文芸論Ⅳ)で

京都・南座の「歌舞伎鑑賞教室」に行ってきました。

 

1_DSC0025

 

歌舞伎発祥の地・京都にあり、沢山の名舞台が上演されてきた南座で

歌舞伎のイロハを落語家・桂九雀さんが解説してくださるということもあり

今年も昨年同様、多くの人が来ていました。

 

_DSC0042 のコピー

 

学生もほとんどが南座に初めて来たとのことで、わくわくしながら上演を待ちます。

 

_DSC0056 のコピー _DSC0075 のコピー

 

恒例の桂九雀さんの解説の後に、今回は『色彩間苅豆』(いろもようちょっとかりまめ)が上演されました。

この作品は『東海道四谷怪談』の作者で有名な4代目 鶴屋南北の作品で、文政6年(1823年)に初演された

『法懸松成田利剣』(けさかけまつなりたのりけん)の舞踊劇の部分が独立したものだそうです。

 

あらすじは、心中を決めた「与右衛門」と「かさね」という男女が主人公です。

しかし心中間際、過去の与右衛門の悪事がばれてしまいます。

それをきっかけに怨霊と化したかさねと与右衛門を描く、恐ろしくも美しく、迫力ある舞台です。

 

今回の作品は、舞台につながる「花道」での与右衛門の動きがとても見所でした。

 

_DSC0057 のコピー

この揚幕(あげまく)より与右衛門が登場します。花道での与右衛門の演技に観客も大注目でした。

 

_DSC0072 のコピー

 

 

上演後は南座のすぐ近くにある歌舞伎の元祖と言われる、

出雲の阿国の銅像を全員で見に行きました。

 

 

 

 

 

1_DSC0111

 

竹丸先生が阿国のことや、南座のことなど色々と説明してくださいました。

 

1_DSC0102

 

 

最後は銅像の前で記念撮影!

たっぷり伝統芸能に触れた、有意義な一日でした。

 

_DSC0123 のコピー

 

(スタッフ・鈴木真美)

  • LINEで送る

2015年5月1日  授業風景

マンガ編集者による特別講評会!

 
4月の終り頃、3・4回生が各自の小説制作に取り組んでいる辻井ゼミの授業に、
ゲスト講師として由利耕一さんをお招きしました。
由利さんは元・講談社の編集者として、長年「AKIRA」や「攻殻機動隊」などのマンガを担当して来られた方です。
 
IMG_6706
 
由利さんには、事前に学生たちが考えた小説の企画書をお渡ししています。
マンガ編集者として、
「新作漫画として大手誌に掲載するとしたら、
学生が考えるストーリーコンテンツは、どのくらい通用するのか?」
という観点から講評をしていただきました。
 
由利さんの講評は、優しくありません。
プロとして厳しい意見がビシバシ飛びます。
ですが、それぞれの企画について丁寧に意見をくださり、
学生からの質問にも、真剣に答えてくださっていました。
 
IMG_6695
IMG_6699
 
小説とマンガでは、表現方法は異なりますが、
広い意味でストーリーコンテンツを生み出すことに変わりはありません。
学生たちも、真剣に耳を傾け、
由利さんの講評を吸収しようとしていました。
 
IMG_6709
 
学生たちは、由利さんのアドバイスを糧に、
これから7月末までに100枚以上の作品制作に取り組みます。
期末の合評で良い作品が出てくることが、楽しみですね。
 
 
(スタッフ・鈴木真美)

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。