マンガ学科

2015年5月

  • LINEで送る

2015年5月27日  授業風景

【授業紹介】表現技法基礎IB

どうも副手の黒田です。

今日は水曜日3,4限目にある授業、表現技法基礎IBの授業紹介をしたいと思います!

 

マンガといえども、カラーの技術は必須。一回生向けのこの授業では、主にカラーの技術を教えています。

コピックや、色鉛筆、カラーインクなど様々な画材で実際に使ってみて、その画材の特性や自分との相性を理解していこうという授業です。

 

今回は初めてカラーインクを用いて一枚絵を制作しました。

まず、先生からカラーインクの特性を説明してもらいます。カラーインクといっても様々な会社から発売されていて、その会社ごとにももちろん特徴があるのです。それに合わせてGペンでカラーインクを使う方法も教えて頂きました。

 

P1120699

 

説明が終わると実践に入ります。学生は思い思いの絵を描いていきます。

 

P1120722

P1120730

 

それと同時に学生が各々制作している間に前回までの課題だった、コピックを使用しての一枚絵の批評を個人にしていきます。

具体的なアドバイスの他、個人的な質問や悩みなども丁寧に答えてくださいました!

 

P1120751

 

 

P1120756

 

今回のカラーインクの課題は二週にわたって行われます。

来週の完成が楽しみですね!

 

  • LINEで送る

2015年5月22日  イベント

青山はるの先生特別授業!!

page-0001

どうも、副手の黒田です。

今日、集英社特別授業としまして別冊マーガレットでご活躍されている青山はるの先生、編集部長様、担当編集様の特別授業がありました。

P1120677

青山先生が漫画家になるまでにされたこと、またした方が良かったと思うことなどとてもリアルなお話が聞けました。

ストップウォッチを使用しての絵の練習、脚本の勉強本を読みこむ等目からウロコなアドバイスばかりでした!

 

担当編集者様からは活字を読む、原稿の経験値をあげるなど、こちらも具体的なアドバイスをたくさんいただきました。学生の皆さんは相当刺激を受けたのではないでしょうか。中でも私が一番印象に残ったのは『読みやすさ』の追求です。やはり読者あっての漫画ですね!

 

質問する学生もいつもより熱が入っているようでした!

 

P1120678

 

お話が終わった後は先生にサインをもらおうと学生の列が!

 

P1120682

P1120680

P1120687

 

青山先生の担当編集者様にネームを見てもらった学生もたくさんいました!

 

P1120689

今日の授業終わりネーム用紙をもらいにくる学生が多々いました。

とても刺激になったようでよかったです!

  • LINEで送る

2015年5月14日  イベント

石坂 啓先生特別講義

 

副手の黒田です。

本日5月14日、今現在ドラマ放映中でおなじみ『アイムホーム』の作者、石坂 啓先生が1.2回生に向けて特別講義をして下さいました!

名称未設定 1

石坂先生からマンガ家に必要なものや考え方、担当編集者との付き合い方など具体的な話を聞けてとても刺激になったのではないかなぁと思います。特に一回生は質疑応答にも非常に積極的ではじめ2.3講時だけの授業だったのを急遽一時間増やして頂きました。

講義も質疑応答も終わるともちろんサイン会の開催です!

P1120671

わたくし黒田もたくさんアドバイスを頂きました!

1回生も2回生もたくさん刺激うけてどしどしマンガを描きましょう!

 

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。