情報デザイン学科

2015年5月

  • LINEで送る

2015年5月29日  ニュース

【展覧会】ポートフォリオ展開催中!!

現在、情報デザイン学科のギャラリー&ショップ VÖTEN VÖTEN では、情報デザイン学科の4年生が制作したポートフォリオを展示しています!

015

ポートフォリオとは、これまでの授業の課題や、自主制作の作品、コンペの受賞作品などなど、

それぞれの学生の4年間の活動を一冊にまとめた作品集のようなもの。

 

4年生にとっては、これから本格化する就職/進学活動のパートナーのような存在とも言えます。

007

 

これから授業でポートフォリオを制作する3年生は、

先輩たちのバラエティー豊かなデザインや装丁に魅了されているようです。

008

 

「これから情Dでどんなスキルを身につける事ができるんだろう?」

「こんな課題もあるんだ!」

1,2年生も、興味津々です!

013

 

さらにさらに!

ポートフォリオに載っている作品の一部は、実際に会場で見ることができます!!!

009

010

004

真夏のように暑い日が続きますが、

そんなお天気に負けないくらいの情熱で完成したポートフォリオたち。

 

この機会に、ぜひ足をお運びください!!!

 

〈場所〉
望天館一階 VÖTEN VÖTEN

 

〈日時〉
5月27日、28日、29日
6月1日〜5日

12:00~13:00 / 16:30~18:00

 
スタッフ:リョウ

  • LINEで送る

2015年5月27日  授業風景

【写真表現】スタジオ実習

こんにちは、

情報デザイン研究室スタッフのヨシモトです。

今回は3年生の写真表現の授業を紹介します。

この授業では、スタジオや学外での撮影実習を通して、

自分なりの写真観を見出すことを目的としています。

 

IMG_1481

今回は人物写真(ポートレート)というテーマで撮影実習を行いました。

学生達は、初めて触る本格的な照明機材に興味津々でした。

 

IMG_1471

先生は機材のセッティングをする際に、屋外で撮影する太陽光と、スタジオでの照明の違いや、

被写体にあたる光の計測の仕方など、とても分かりやすく学生達に説明しておられました。

 

IMG_1475

↑このジェネレーターを使って光の量を調節します。

 

 

IMG_1483

バック紙をセットして準備完了です!!

 

 

はたしてどのような写真が撮れたのでしょうか?

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影:庵逧未森さん

庵逧さんの写真は、人物の顔にあたる光の角度を意識してとてもカッコイイ写真ですね。

 

 

高山

撮影:高山花蓮さん

高山さんの写真はポーズがとてもユニークですね!!

被写体全体に光があたっておりとても綺麗ですね。

 

同じスタジオで、同じライトを使用して撮影しても、撮り方によって印象が違いますね。

今回の実習では、ライティングの基礎知識と人物撮影について学びましたが、

今後学生たちがどんな写真を撮影するのかとても楽しみです!!

 

 

スタッフ:ヨシモト

 

 

 

  • LINEで送る

2015年5月25日  ニュース

【出版情報】卒業生が本を出版しました!

毎日真夏のような暑さですね。
そろそろ身体が暑さに馴れてきた人も多いかと思いますが、朝晩は冷えますのでみなさんうまく上着を調節したりして、健康管理に気をつけてくださいね。

 

今日は卒業生で、日本で数少ない醤油ソムリエである黒島慶子さんが、高橋万太郎さんとの共著で玄光社さんから本を出版されたのでご紹介します。
書名はズバリ『醤油本』。

87724677

 

『醤油本』高橋万太郎・黒島慶子 著 玄光社 1.512円(税込)

ISBN978-4-7683-0617-8

 

お醤油は私たちの毎日の生活に欠かせない調味料ですが、みなさんはお醤油についてどんなことを知っていますか?

大豆でつくられているとか、普通に使われるのは濃口で、薄口醤油もあるとかくらいは知っている方が多いと思いますが、この『醤油本』を読むと今まで知らなかったお醤油の世界が一気に広がります。

 

作り方はもちろんのこと、全国各地なんと1,400箇所も醤油蔵があり、その土地独自のお醤油の味があること、さまざまお醤油の種類や普段のお料理をグレードアップさせるための使い方などが、美しくて豊富な写真資料で紹介されています。

87724677_o1 87724677_o2 87724677_o3

 

黒島さんは学生時代、授業で地元である小豆島をテーマにした課題に取り組んだことをきっかけに地元の素晴らしさに気づき、卒業後は東京のデザイン事務所で働いた後、小豆島に戻って地元の良さを発信したり、こうしたお醤油を通じて小豆島だけでない日本各地の知られざる魅力を伝える活動を展開しておられます。

 

テレビや新聞でも地方創生が叫ばれる昨今ですが、こんなお醤油という身近な調味料にもそれぞれの地方の特徴や良さがあり、私たちの生活を支えているんだということが発見できる本です。

 

全国の書店はもちろん、出版元の玄光社さんやamazonでも注文できます。

気になった方はぜひお手にとって奥深いお醤油の世界に触れてみてください!

 

玄光社オンラインショップ

 

amazon.com

 

スタッフ:クリタ

 

  • LINEで送る

2015年5月21日  ニュース

【受賞情報】卒業生が1-WALLファイナリスト選出!

卒業生の石田浩亮さんが公募展の1-WALL写真部門でファイナリストに選出されました!

 

以前、同公募展のグラフィック部門で、現イラストレーションコース4年生の山川友美さん、

奥村優依さんがファイナリストに選ばれたのも記憶に新しいところですね。

(その時の記事はこちらから→)

 

5月13日に公開講評会とグランプリ発表が行われ、石田さんは残念ながらグランプリを

逃したものの、展示は6月4日まで開催中です。

以下に、出展されている作品「YUME NO SHIMA CRUISE」から一部をご紹介します。

お近くの際は、ぜひ会場で実物ををご覧になってくださいね!

石田くん3

 

▼過去の作品より

石田くん1

石田くん2

==

第12回 1-WALL展[写真]

【会期】2015.5.11(月)~6.4(木) 11:00~19:00 (日曜休館)

【会場】ガーディアン・ガーデン

東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル B1F

http://rcc.recruit.co.jp/gg/access

入場無料

==

 

 

 

スタッフ:ナラダテ

  • LINEで送る

2015年5月18日  インタビュー

【教員紹介】第1弾:見増勇介先生(情Dブログ新企画!!!)

今回から、情Dブログの新企画がはじまります!!!!

 

「情Dにはどんな先生がいるんだろう?」

「先生と学生は普段どんな感じで接してるんだろう?」

「そもそも、このブログを書いているのはどんな人?」

 

そんな疑問にお応えします!

 

この企画では、先生方の教育への熱い思いや

プロフェッショナルとしての考えを読者の皆さんに沢山お届けする予定です。

ぜひぜひ情報デザイン学科をもっともっと知ってくださいね!!

 

まず第一弾は、この春に着任された

”グラフィックデザインの次代を担う情Dのプリンス”見増勇介先生をご紹介します。

ポートレート03_掲載用

主な授業:情Dコース2年次「思考・発想・表現力基礎」

主な授業:情Dコース3年次「総合演習—グラフィックス—」

 

デザイナーとして学内外で活躍され、朗らかな人柄で学生にも大人気の見増先生に、

情報デザイン学科3年生の2人組がインタビューしました。

学生時代にデザインへ興味を持ったいきさつや、現在の幅広いご活動だけでなく、

現役学生たちとの楽しげな会話の雰囲気も想像していただけると思います!

(見増先生の詳細なプロフィールはこちらからご覧いただけます。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

話し手|情デザイン学科 専任講師 見増勇介先生

インタビュアー|情Dコース 3年生 井澤 真優さん(写真右)

井澤さんのお友達|情Dコース 3年生 長野 葉月さん(写真左)

 

インタビュー_02_02

 

井澤(以下、い):まず、学外ではどんなお仕事をされていますか?

 

見増(以下、み):いろいろやってますよ。主に美術館やアートセンター、アーティストの方々とお仕事をしています。昨年だと、愛知県美術館で行われた『これからの写真展』のアートディレクションやデザイン、ほかには、横尾忠則現代美術館の広報物のデザインをしたりね。本学の教員でもある名和晃平さんや八木良太さんといったアーティストともお仕事をさせていただきました。

 

:先生はアーティストとしても活動されていますよね?

 

:僕は個人でデザイナーをしているけれど、『intext』っていうグループでも活動しています。メンバーは僕を含めて3人。intextでは、デザインの仕事の中で解決できない興味や問題に挑んでいます。たとえば授業では、コンセプトや、丁寧に情報を伝えることが大事、っていうことをみんな学習してるよね? もちろんそれはとても大切なんだけど、情報を別の角度から見てみること、たとえば、文字を斜めから読んでみる、とか、グラフィックデザインのプロセスを、映像や音響など、別のメディアに置き換えてみる、とか。あるいはもっと直接的な、好奇心を浮き彫りにするような表現を探ってみたりね。そこにコミュニケーションの新しい可能性があると思う。そんなことをデザインの延長線上でやってたら、自然とintextの活動がアートフィールド寄りになっちゃったのかな。

 

:先生の展示パフォーマンスを拝見しましたが、いつもの印象とちがって、すごくクールな展示でしたね。

 

:ありがとう。僕だっていつもチャラチャラしてるわけではないんですよ!笑

 

:授業ではどんなことを教えていらっしゃいますか?

 

:今年度から専任講師になったんだけど、それまではグラフィックデザインの基礎と応用を教えていました。たとえば、基礎として文字の組版やレイアウトの仕方、グリットとは何かを教え、それを応用して新しい本やプロダクトを考える、といった授業ですね。

 

:『瓜生通信』* ではアートディレクションをされていますね。

瓜生通信*・・・京都造形芸術大学が発行している学園通信広報誌、年4回発行

kyoto-art-1

:『瓜生通信』は、2013年に、先生としてではなく、デザイナーへの依託としてお話をいただいたんですが、最初はすごく悩みました。でもお話をしていく内に、大学の「良いものを作りたい」という想いがすごく伝わってきた。そういうことなら、やってみたい!と思い至って、仕事を受けました。でも、実際に『瓜生通信』のディレクションをやってみると、学生の意識が高く、そのおかげで僕も高いモチベーションでこの仕事を進めることができてます。逆に僕が学生から教えてもらうことも少なくない。監修の門崎敬一さんの編集の考え方もおもしろくて、とても勉強になっています。

 

「学生から教えてもらうこと」ってどんなことですか?先生になられてからの考え方の変化についても聞きたいです。

 

:みんなと僕は世代が離れていて、見ているものや感じていることはかなりちがう。こういうことを実感できるのが、みんなと関わっていて有意義に思うことの一つです。大学のような幅広い世代の人々がいる中でコミュニケーションをとり、自分の意思を伝えることの大切さとおもしろさはいつも感じています。今の学生が何を考えているのか知りたい。そして自分も新しいことに貪欲でありたいなと思うんです。

「最近の若者は…」って、言う人がよくいるけれど、それはちがうなと思います。常に変わり続けるモノやコトや環境の中では、価値観や年代のちがう人たちに、自分から歩み寄ってみることが大切だと、先生になったからこそ思うことができた。これは外の仕事にも活かされています。

 

:学生と接する上で気をつけていることはありますか?

 

:いわゆる先生と生徒、といった関係には、あまりなりたくないですね。教える、教わる、という一方向的な関係。そういうことも、あるときは大事だと思うんだけど、すべてがそうだと、僕自身もおもしろくないなと思って。いろんなものをみんなと共有したいし、本音で話せる関係でいたいなと思ってます。

 

 :その感じは先生と話していると感じますよ。

 

長野(以下、は:うん。

 

:ほんとに?でも長野さんはまだ壁を作るよね。

 

:先生鋭いですね。笑

 

:なんかそういうのはわかるんだよね。僕も昔そんなだったから。

 

:じゃあ私も34歳になったら先生みたいになるんですかね!

 

:そうだよ、34歳になったら長野さんも僕みたいに横文字使ってるよ!笑

でも本当に、みんなにはがんばってほしいから、時には厳しくすることも必要で、そのバランスはむずかしいですね。

 

:でも先生のその感じ、わたしは好きですよ。

 

:そう?笑 そうですね〜。僕ももっとみんなと話がしたいし、大学以外の現場でも、もっとみんなと会いたいな。

 

:ところで、どうして専任の先生になろうと思われたんですか?

 

:実のところ、すごく悩みました。ありがたいことに、個人の仕事が順調だということもあってね。非常勤と専任の先生では責任の重さがちがうだろうなというのは想像できたし。それでも決断した理由のひとつは、これが結構単純で、大学が楽しいから 笑

仕事とグループでの活動と同じくらい楽しい。世代のちがういろんな人たちとコミュニケーションがとれる、っていうこともあるかな。同世代だけだと、その中の物事しか見えないっていうこともよくあるけど、世代が離れていると、いろんな考えや思想の人たちがいる。社会を広く見渡してみても、大学というところはとても興味深い場所だからね。

 

インタビュー_04_02

 

:「大学が楽しいから」笑

 

:うん、だから誰かのため、というより自分のためです。笑

でも、これって大事なことだと思うんです。まず最初に自分が楽しまないと、誰かのために作ったモノの良さは伝えられないですからね!自分が楽しくないことを、人に楽しいって言えない。

僕が大切にしている言葉があってね。「Stay positive Stay gold」 常にポジティブ、常にキラキラっていう意味。

 

:先生、キラキラしてますもんね!

 

:ほんと?40歳になってもキラキラできるようにがんばります!笑

みんなは、30代ってどう思いますか?

 

:おじちゃんおばちゃんだと思ってます。笑

 

:そうなのか!30歳って、学生の時はおじさんおばさんって思うかもしれないけど、全然そんなことないですよ。

 

:20代から30代になるのは早かったですか?

 

:すごく早かった! 20代はすごく大事!みんな今何やるかですよ。

20代で頑張っている人たちは世の中にたくさんいますよね。デザインやクリエイティブをやっていく人は、20代の内にどれだけ動いて、やっていくかが大事。勝負は常に「いま、ここ」です。

 

:ところで先生は、高校時代はどんな子でしたか?

 

:僕は帰宅部だったけど、充実した高校生活を送っていましたよ。

高校は進学校でしたが、実のところ、入試の結果、補欠入学で入れた。つまりビリ。スポーツもできない、部活にも入っていないダメなやつだったんです。笑

でも友達には恵まれて、それがすごく幸運でした。高校のすぐ横の丘の上に神社があってね。授業が終わると、そこで集まってダラ〜っとしたり、本を読んだり。毎日、友達とデザインや音楽やいろんな趣味の話を夜遅くまで延々とやってた。その頃はそれがあたりまえの日常だったけど、何がおもしろくて、何が大切なのか、話したり考えたりしながら過ごしたその時間は、今考えると僕にとっての部活だった。大分県竹田市の田舎で、それが繰り広げられていたということも良かった。なんでもない日常がすごくドラマチックでしたね。それが僕のルーツにもなっています。

勉強ももちろん大事だけれど、僕が学んだことはそれ以外の部分が大きかったから、いま高校生活を送っているひとたちも、いろんなことにアンテナをはって、興味のあることはとにかくやってみるといいですね。

 

:ということは、デザイナーになろうと思ったのも高校生の頃ですか?

 

:そうです。最初はデザインって言葉も知らなかった。海外のCDジャケットや雑誌のデザインが良いなと思って、どうやったら作れるんだろう?と思ったところから入りましたね。ほかには、アーティストからも影響を受けました。

長野さんはアウトドアが好きって言っていたよね。自分の好きなことと職業がつながることはすごく素敵だと思いますよ。

 

:特にスキーが好きなんです。

 

:じゃあ、スキーとデザインと就職が結びつくとベストですね。そういうことが、今はできると思う。

井澤さんは好きなことはある?

 

:海外のデザインや雑貨や建物が好きです。お父さんがチェコのプラハに単身赴任していることも関係してますね。

 

インタビュー_03_02

 

:そうなんだ。プラハには行ったことないけど、行きたい! 親族が海外にいるなんて特権ですよ! ほかの文化圏のモノ・コトを経験すると視野が広がるし、大切なことです。デザイナーとしても、「デザイン+何か好きなこと」があるというのは大事だと思う。

 

:ホームステイしたらいいやん。

 

:英語は喋れるの?

 

:いや、あんまり喋れないです。先生は英語は喋れますか?

 

:カタコトだけどがんばって喋ってますよ。笑 仕事で喋らないといけない時があるから。

 

:やっぱり仕事で英語を使いますか?

 

:使います!みんなが社会に出る時には、もっと使うようになってますよ!英語をおぼえたら絶対楽しいよ!!

 

:先生はどうやって覚えたんですか?

 

:パッション!

 

/:笑

 

:情熱ですよ!

 

:英語に触れる機会が多かったんですか?

 

:そういう機会に触れるように自分から動くようにしました。海外の仕事は待っていても来ないからね。

 

:英語を喋るのが得意だったとかじゃなくて?

 

:英語が喋れないときから動いてましたよ。どんどん動かなくちゃ! やってみればどうにかなる!って思って。好きなことだったらどうにかなるもんですよ。パッションがあればなんとかなる!笑

 

インタビュー_01_02

 

:最後にみんなに聞きたいことがあるんだけど、大学は楽しい?

 

/:楽しい!

 

:どんなところが?

 

:いろんな人がいるから、刺激されたり、知らないことを知れたり、そうゆう機会がいっぱいあるところかな。自分が変わるきっかけを与えてくれるのもありますね。

 

:私の出身高校は農業高校で、高校時代はニワトリや野菜を育てていたんですけど、そのときから趣味みたいな感じでデザインが好きで、大学に入ってからアンテナがビュンビュン伸びました!

地元ではそういう話を共有できる友人がいなかったけど、大学に来るとデザインやアートについて勉強したい人たちが集まっているから、自分は後ろの方に居るような気もする。でも、みんなを追いかけるのが楽しい。

 

:なるほどね。よかった。楽しいって言ってくれて。もし、後ろから追いかけている状態の自分に劣等感を感じることがあったとしてもね、将来、それはきっと力になりますよ。僕なんて劣等感のかたまりだからね。でも、それを武器に変えていくことはとても大切なことですよ。

 

:先生はそんな感じに見えないですね。

 

:そんなことないよ〜僕はダメな人間ですよ…

 

:そんな蔑まないでください。笑 もし、劣等感を感じて、凹んでしまうときはどうすればいいですか?

 

:どうやってもうまくいかない時は何もやらないとか、まったく別のことをするようにしています。最近はなかなか行けなくなっちゃったけど、旅に出るとか、釣りに行くとか。一回離れてまたそこに戻ってきた時に、ああ大した問題じゃなかったなと、別の視点から見れる感じがあるんですよね。そういった意味では、思考や構想の段階で、逃げることやあきらめることも、一概にわるいことではないと思います。どの程度までがんばるか、というバランスは必要だけどね。

 

:なるほど。

 

:僕もうまくいかない時だってありますよ。それが思考の段階なら、あきらめて別の手段を選んだりもします。もちろん究極のところまで粘りもしますけどね。

 

:実際に悩んでいる時は、「あきらめる」っていう決断をするのも結構むずかしいと思うんです。あとから考えて、その判断を後悔したことはないですか?

 

:ないです。自身の表現を信じているし。

制作に関して言えば、直面している物事に向かって、自然と集中している状態が理想です。でも、もちろんそういう都合のいいことばっかりではない。好きなことをやり遂げるためには、やりたくないようなことでもやらなければならないことが確かにあります。けれど、それが自身を育ててくれていたりもするんですよね。なにより好きなことをするためですから、余裕で乗り切れます。

 

:何かをやり遂げる時に、そういう葛藤は一度は経験しますよね。やりたいことをするためなら力が湧く!自分の好きなことは大切にしたいです。それではこのあたりでインタビューを終わります。今日はありがとうございました!

 

 

インタビュー_05_02

記事/井澤

写真/吉本和樹

《 見増先生に聞いた!  20歳のときに読んでおきたかった本  3選 》

31N7KHPCMVL._SY344_BO1,204,203,200_

「不在への問い」 高松 次郎 著 (水声社、2003年)

 

51FX6ZRNZ8L._SY344_BO1,204,203,200_

「ブック・アートの世界―絵本からインスタレーションまで」 中川 素子 編、坂本 満  編 (水声社 、2006年)

 

9784309245331

「メディアはマッサージである」 マーシャル・マクルーハン 著 (河出書房新社、1995年)

 

ーーー

お茶目なお兄さんのような、尊敬できる先輩のような、頼れる見増先生。

学生に負けないくらいキラキラした顔で色々なお話をしていただき、

インタビューにのぞんだ二人も感心と爆笑の連続でした。

 

 

情Dブログでは、これからも先生方や研究室のスタッフをどんどんご紹介していきます!

乞うご期待ください!!!!!

 

 

↓先生方の公式プロフィールは、こちらからご覧頂けます

情報デザイン学科専任教員一覧

http://www.kyoto-art.ac.jp/info/teacher/?subjectCd=4#teacher-search

 

 

スタッフ:モリカワ

 

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。