空間演出デザイン学科

2015年7月

  • LINEで送る

2015年7月28日  イベント

【夏のオープンキャンパス!】

 

こんにちは。

7月25日、26日に夏のオープンキャンパスがありました。

真夏日の様な暑い日差しの中たくさんの高校生の皆様にご来場頂き、ありがとうございました!

少しではありますが当日の様子をお伝えしたいと思います。

 

空間演出デザイン学科はピンクの旗が目印のギャルリオーブ入ってすぐのブースでした。

空デのアットホームな雰囲気が滲みでています。笑

 

DSC_0051

DSC_0047

 

学生の作品もたくさんあります。

作品を見ながら先生がたくさん説明をして下さいます。

 

DSC_0033 DSC_0042

 

空デのブースではワークショップも行いました!
羊毛フェルトでアクセサリーをつくるワークショップの一部をご紹介します。

 

DSC_0019

 

たくさんの種類の羊毛フェルトの中から好きな色を選んでニードルでチクチクさしていくと…

 

DSC_0028

 

マーブル模様のフェルトができてきました!!!

 

DSC_0026

 

発泡スチロールの半球体に先ほどできたフェルトを巻き付けると…

 

DSC_0036

DSC_0035

 

 

こんなに可愛いアクセサリーができました!

このワークショップを通して物作りの楽しさを感じてもらえていたら嬉しいです。

 

夏期コミュニケーション入学のエントリーはまだ受け付けています。

8月1日(土)必着です!WEBからもエントリーできるので是非エントリーしてください!

◎エントリーはこちら◎

  • LINEで送る

2015年7月21日  イベント

【4回生 FDデザインⅤB】大塚国際美術館 作品出展

 
 
 

こんにちは!

 

学生作品イベント出展のご案内です。

 
 

この度 ファッションデザインコース4回生の授業で制作した衣装が
徳島県 大塚国際美術館の”美びビフェスティバル”
ヘンシン!ブティック「メゾン・ド・クチュール」に出展しています!

 

ootuka 1

 
 

ootuka 2

 
 

ootuka3

 
 

これらの衣装を着てみることができます!

 
 
 
 
 
 
 

こちらは撮影の様子。。

 
 
 

DSC_8799

 
 
 

DSC_8807

 
 
 

DSC_8812

 
 
 
 

***********************************
美びビフェスティバル
ベル・エポック
~ルノワール、ゴッホ、ロートレックたちが集った
             パリへタイムスリップ~
開催期間 2015年7月17日(金)から9月30日(水)
時  間 9:30~17:00(入館16:00まで)
場  所 地下3階 センターホール
参  加 費 無料(要入館料)
対  象 どなたでも
「ベル・エポック(古き良き時代、美しき時代)」をテーマに、
大人も子どもも楽しめるイベントを開催します。
いくつになってもドキドキワクワクしたい!
今年の夏は大塚国際美術館でビビビ!体験してみては?

***********************************
 
 
 
 

期間中は毎日開催されている体験プログラムです!
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください◎

 
 
 
 

大塚国際美術館HPはこちら
 
 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年7月17日  イベント

1日体験授業がありました!〜7月〜

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

先日7/12(日)に一日体験授業がありました!

 

 

空間演出デザイン学科の体験授業内容は、

 

 

●ファッションデザインコース

「make mistake」(Tシャツ)

 

●空間デザインコース

「コミュニケーションとしてのディスプレイをつくろう」

 

 

でした。

 

 

 

それぞれ2コースの体験授業の様子をご紹介します!

まずはファッションコースから。

 

 

 

 

テーマは前回と同じ,    “make mistake”  です。

 

かわいいもの、お洒落なものを意識して作るのではなく、

自らの手を動かして失敗から生まれるものは

偶然性やパーソナリティがでてきますね。

失敗からおもしろいことが生まれることもあります。

 

今回は ”make mistake” をしながらオリジナルTシャツを作る、という授業内容です。

 

 

 

導入はファッションデザインコースの先生による

Tシャツの歴史や種類についてのレクチャーです。

 

Tシャツとはいえ、世の中にはいろんなTシャツがたくさん!

バンドTシャツ、キャンペーンTシャツ、メッセージが込められているもの、などなど・・

 

DSC_0038

レクチャーのようす

 

レクチャー終了後、いざ!Tシャツ作りです。

 

無地の紺色のTシャツに染色ペンや布絵の具等を使い、

オリジナルの絵を描いたり加工を施していきます!

 

 

 

DSC_0003

はさみでTシャツに切り込みを入れたり・・

 

DSC_0058

こちらはマスキングテープをTシャツに貼り、

DSC_0074

上からインクをのせて、その後テープを
はがしていき、柄をつくっていました。

 

DSC_0052

先生に相談してアドバイスを貰ったり・・・

 

 

   DSC_0004

作業終了!おつかれさまでした!

壁に完成したTシャツをずらりと並べ合評に入ります。

 

限られた時間の中で作業をどのタイミングで切り上げるかもポイントになりますね。

 

DSC_0019

合評風景

 

***************************************

 

 

 

続いて空間デザインコースです。

 

テーマは「コミュニケーションとしてのディスプレイをつくろう」です。

 

社会の課題解決のためのデザインでは、

コミュニケーションしながら人や社会と関わっていくことが重要です。

コミュニケーションの一つの方法としてディスプレイデザインがあります。

 

今回の体験授業では、空間を使ってコミュニケーションするためのツールとして

小さな空間のある本を制作してもらいました。

そしてその本の中身は、自分達の住む町に新しく作りたいと思う

メモリアルデイを考えて表現してもらいました。

 

まずは4人ほどのグループに分かれてアイスブレイクをしました。

以下の4点で自己紹介をしていきました。

①名前

②出身地

③出身地のよいところ

④出身地の美味しい物

 

全員の自己紹介が終わったあと、先生から

「今、自分以外の周りのみんなが言った内容を覚えてる?」と

問いかけられます。

コミュニケーションは話すことだけでなく、聞くこともとても大切です。

 

そしていよいよ本題に入ります。

 

DSC_8844

体験授業の様子

まずは土台となる小さな本を厚さ2mmのスチレンボードで制作して行きます。

みんなは型紙にそってスチレンボードをカットしていきます。

ここでは1,2回生で学ぶ模型作りの基礎となる、

真っすぐ綺麗にスチレンボード切ること、平面を立体にすることを学びます。

 

DSC_8858

この型紙にそってスチレンボードをカットします。

DSC_8863

できあがりの箱はこんな感じです。

DSC_8843

制作の様子

DSC_8845

制作の様子

箱が完成したら自分の暮らしている町をよく思い出して、

自己紹介で話した様な美味しい食べ物や素敵な風景、出来事などを考えてみます。

みんなに伝えたい自分の町の記念日を考えてみて箱の中にケント紙で表現してみます。

 

制作時間が実質60分という短い時間の中で

本の模型をつくり、アイデアを形にするのはとても難しいことだと思います。

しかしみんなそれぞれ個性溢れる作品ができました。

DSC_8849

短時間で3つの要素を取り入れて上手に遠近法を使っています。

DSC_8846

丸いパーツを使い果物を表現しています。

 

体験授業での経験を活かしてAO入試でお待ちしています!

AO入試のエントリーはこちらからどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年7月15日  イベント

【空間演出①】貫頭衣展 SOU・SOU×京都造形芸術大学

 

 

 

こんにちは。

 

 

空間演出デザイン学科3回生SOU・SOUゼミ

による展示販売のおしらせです。

 

 

——————————————————-

貫頭衣展 SOU・SOU×京都造形芸術大学
「SOUne」

 

●日程
2015/7/17(金)~7/20(月)

 

17日 /13:00~20:00

18日.19日 /11:00~20:00

20日 /11:00~18:00

 

●場所
京都市中京区新京極四条上ル

二筋目東入ル 二軒目P-91ビル 1F

「SOU・SOU足袋」

 

学生のオリジナル貫頭衣が店頭に並びます。

皆様ぜひお立ち寄りください◎

 

sousou表

sousou

 

 

——————————————————-

 

 

 

授業風景の記事はこちら

  • LINEで送る

2015年7月3日  授業風景

【空間演出①】SOU・SOU/貫頭衣

 

 

今回は3回生の授業風景をご紹介します!

 

空間演出①という授業では京都のブランドSOU・SOUの若林剛之先生のご指導の下、

貫頭衣を制作した後に展示販売を行うという授業です。

 

貫頭衣とは、布の中央に穴が開いており、

その穴から頭を通し着脱衣をする

簡単な形をした衣服のことです。

 

 

 

 

今日は若林先生にアドバイスを貰いながら合評とともに

貫頭衣の販売価格を決めていきました。

 

DSC_8791

作品をボディーに着せ、値段を決めているようす。

 

 

これらは7/17(金)~20(金)に京都市内四条付近にて

期間限定で展示販売する予定です!(※詳細は後日告知します。)

 

 

 

 

ここで学生の作った貫頭衣の一部を写真でご紹介。

れんこんをスタンプにして作られた可愛らしいテキスタイル。 連続してパターン化されることで一体感がでていますね。

れんこんをスタンプにして作られた可愛らしいテキスタイル。
連続してパターン化されることで一体感がでていますね。

 

 

こちらはビビッドに染められた生地の上に点線のようなストライプの柄が。 よく見ると一部だけ刺繍が施してあります!素敵ですね。

こちらはビビッドに染められた生地の上に点線のようなストライプの柄が。
よく見ると一部だけ刺繍が施してあります!素敵です。

 

 

 

こちらは青と白の組み合わせが涼しげで夏らしいテキスタイル。

こちらは青と白の組み合わせが涼しげで夏らしい柄のアイテム。

 

 

 

展示まであとすこし。

どんな期間限定ショップになるか楽しみですね。

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。