映画学科

2015年7月

  • LINEで送る

2015年7月31日  ニュース

「神聖かまってちゃん」ライブ撮影に参加

映画学科の非常勤講師である竹内道宏監督が撮影した「神聖かまってちゃん」のライブ映像の撮影に製作コースの学生たちがスタッフとして参加しました。

 

1

 

以下のYouTubeのURLで見ることが出来ますのでぜひご覧下さい。

 

https://www.youtube.com/watch?v=sxLMxZXwU9Q
https://www.youtube.com/watch?v=39QXLLJDbRg

 

神聖かまってちゃん 対バンツアー『Athena最前線』ゲスト:きのこ帝国
撮影・編集:竹内道宏
撮影:松田亘、米倉伸、馬渕修、垣内美咲、吉川鮎太、中田拳太、中西晶子、喜多美織

  • LINEで送る

2015年7月29日  ニュース

卒業生上川周作がテレビ出演

2015年卒業生の上川周作(5期生・「大人計画」所属)がテレビ朝日のドラマに出演します。

 

400e06a049c7ed1c1b593b577a43d9041

 

『妻と飛んだ特攻兵』
8月16日(日) 21:00~(TV asahi)

番組HP

 

ぜひご覧下さい。

 

「大人計画」上川周作

 

 

 

  • LINEで送る

2015年7月27日  ニュース

真夏のオープンキャンパス&ワークショップ

7月25日(土)、26日(日)に「入試対策オープンキャンパス」が開催されました。

 

1

 

映画学科では講師、学生スタッフによるブースでの相談コーナーの他に、高原校舎のスタジオで俳優コース、製作コースのワークショップが行われました。

 

2

 

製作コースのワークショップはスタジオ内にセットを組んだ「美術」と、それを実際に撮影する「撮影」のふたつのワークショップが行われ、参加された高校生たちも熱心に耳を傾けていました。

 

4

 

炎天下の中参加してくださった高校生、保護者の方々ありがとうございました。

 

次回は8月4日(火)から始まる「夏期コミュニケーション入学」でお会いしましょう!!

  • LINEで送る

2015年7月21日  イベント

第1回映画学科東京同窓会開催!!

去る7月19日(日)東京新宿歌舞伎町で「第1回映画学科東京同窓会」を開催しました。

 

IMG_5647

 

東京で働いている映画学科の第1期生から、今年卒業した第5期生たちまでが集まりとても熱い一夜となりました。

2次会からの参加も含めて80人ほどが出席しました。

 

IMG_5083

 

学科長の高橋伴明監督の乾杯の後は、皆さん3時間場所移動を繰り返し、しばらく振りに会う同級生や先輩、後輩たちと近況など積もる話を交換し続けていました。

 

IMG_5148

 

現役の先生たち以外にも既に辞められた先生たちもご出席下さいました。

 

2次会は朝まで続き、とても愉しい一夜となりました。

 

IMG_5156

 

この夜の様子は下記サイトに順に写真をアップして行きますのでよろしければごらん下さい。

 

映画学科東京同窓会

 

IMG_5180

 

IMG_5471

  • LINEで送る

2015年7月15日  イベント

7月18日(土)2回生殺陣公演『黒鬼』

2回生たちの力を総結集した殺陣公演『黒鬼』を今週末上演いたします。

 

1

 

殺陣公演「黒鬼」

 

日時 7月18日(土) 13時/15時

場所 京都造形芸術大学 高原校舎 Aスタジオ

料金 無料

予約 お名前、ふりがな、人数、日時を 2015eigaengi5@gmail.comまで!

 

公式ツイッター 殺陣公演2015

 

2

 

この公演では『俳優コース』の役者のみならず、『製作コース』の学生たちもスタッフとしてだけではなく舞台で立ち回りをします。

意外な顔が殺陣をするのを見るのも愉しみのひとつです。

ぜひ2回生たちの勇姿をご覧下さい!!

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。