アートプロデュース学科

2015年8月

  • LINEで送る

2015年8月21日  授業風景

【2回生】東京研修へいってきました!

8/18.19の1泊2日で、『東京研修』へ行ってきました。この研修は、毎年2回生を対象に夏休みに実施しています。中には「東京に行くのが初めて!」という学生も毎年結構いるので、こちらの予想を超えてとても充実した研修となります。

 

 

東京研修2015

 

【1日目】

 

〇東京都美術館でワークショップを体験。

DSC02164

DSC02190

IMG_7377

ご案内くださった学芸員の方が、福先生のACOP研修を受けた経験者であったため、学生たちは大いに刺激を受けていました。

 

 

〇東京藝術大学美術館の「うらめしや~」展。

img-820152904-0001

この展覧会は、ASP学科の田中圭子先生がキュレーションしたものです。キュレーターの解説付きで、とても贅沢な時間となりました。

 

夜は、東京で明和電機のマネージャーとして活躍している2014年度卒業生大西未紗さんを囲んでの食事会でした。

 

大西さんは、在学中にARTZONEでの「ULTRA AWARD」 展の展覧会企画をきっかけに明和電機への就職が決定しました。ARTZONEでの経験で、裏方で支える仕事の楽しさとやりがいを知ったといいます。また、ARTZONEで企画やイベント運営を経験していたことが、今の仕事でも役立っているとのこと。

 

ASP学科での学びが卒業後に活かされているとは、うれしい限りです。

 

onishi

↑卒業生の大西さん

 

 

 

【2日目】

 

○森美術館で開催中の『ディン・Q・レ展:明日への記憶』を鑑賞しました。

flyer_fin

IMG_7432

はじめに担当キュレイターの荒木さんに20分ほど本展についてレクチャーしていただきました。

展覧会が開催されるまでの経緯などについてお話しいただき、めったにできない経験に皆真剣に耳を傾けていました。

 

ベトナム戦争をテーマにしていたりと、1日目に訪れた展覧会とはガラッと雰囲気が変わりましたが、とても興味深げに鑑賞していました。

 

 

研修自体は2日目の午前中に終了しましたが、午後からそれぞれ個別で色々な美術館へ行っていたようです。

2回生には、この研修中で得た知識や経験を、今後の展覧会企画や研究に役立てもらえればと思います。

 

 

最後になりましたが、この度、お世話になりました関係者の皆様には心よりお礼申し上げます。

 

 

asp

 

  • LINEで送る

2015年8月3日  イベント

【ASPer】第5回『展覧会の裏側ってどうなってるの?』レポート

高校生アート・サポーター・プロジェクト(通称:ASPer)の最終回が8/1(土)にARTZONEで行われました。

顔なじみの高校生や初めて参加の高校生など、毎回たくさんのみなさんとの出会いがありASP学科スタッフはうれしい限りです。

 

さあ、いよいよASPer最終回スタートです。

IMGP3424a

まずは、“「見せる」を「つくる」”というお話から。

展覧会は作品だけあればいいというわけではなく、作品情報収集、運搬、空間演出や広報に至るまで長い時間をかけて準備を進めるんだよ!!と田中圭子先生からレクチャー。

 

田中先生は現在開催中の東京藝術大学美術館で開催中の『うらめしや~、冥途のみやげ』展の企画に関わっています。

その展示の工夫や広報、グッズのこだわりまで、展覧会の裏側を教えていただきました。

展覧会開催までの裏話に高校生のみなさんはすっかり引き込まれていました。

IMGP3436

▲DMデザインもインパクトありますね。

 

IMGP3401a

▲展覧会のグッズ「冥途のみやげ 一口まんじゅう」

こだわりグッズ、みんなで頂きました。美味なり~。

 

 

そして、この日は、ASP学科3回生の加藤夏帆さんがキュレーションした『魅せる和紙』の最終日。

加藤さん本人が、展覧会に至るまでの苦労話などプレゼンしました。

白い和紙を、白い壁面のARTZONEの空間にどう展示するか悩んだり、共催のお願いや協賛金をとるために走り回った話など、とてもリアルな話でした。

a

▲高校生を前に、ガチガチな加藤夏帆(通称:かとなつ)

 

その後、いろいろな情報収集が完了した高校生たちは、いよいよ『魅せる和紙』の世界へ。

一度、この展覧会を見たことのあった高校生も、解説を聞いた後に見てみると、全く違った空間に見えてきたようで、じっくり見学していました。

 

IMGP3459

 

IMGP3477a

グループでの意見交換では、展示空間にゆっくり腰を下ろし話合いました。この空間がゆったりした気落ちになる居心地のよい空間だったんだということも、座って気が付いた高校生が多かったようです。

 

最後に、会場が展覧会の照明でなく普段の電気のみだったらどう印象が異なるか、照明で展示空間が変わるのを体感していただきました。

 

IMGP3514

▲展覧会の照明での空間

 

IMGP3523

▲普段の電気での空間

 

作品の見え方が全く異なる様子に、驚きの声があがりました。

和紙に魅せられたASPer最終回はいかがだったでしょうか?

 

みなさんの感想は・・・

 

「和紙のにおいを感じた」

「作品は目でなく、五感で楽しめるということを知った」

「和紙が固く感じたり、やわらかく感じたり変化してみえるのがおもしろい」

「空間をうまく使うことで作品の見え方が変わる」

「作品をみるのではなく、作品に魅せられることに気付いた。」

 

 

これまでASPer企画に参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

今後も「アート・サポーター」として、ぜひARTZONEのイベントなどご参加くださいね。

その時はASPerバッチ必ず持参ですよ!!

IMG_0417
asp

 

 

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。