こども芸術学科

2015年8月

  • LINEで送る

2015年8月11日  イベント

どろの遊園地2015|INAXライブミュージアムにて

 

夏本番!
いいお天気が続いています。
お盆を前に、実家に里帰りしている方も多いのではないでしょうか?
.
さて、今日は「どろの遊園地2015」についてです。
夏休み特別長編ブログです、長いので覚悟して下さい笑。
.
愛知県常滑市にあるINAXライブミュージアムで8/1(土)と8/8(土)に開催された
「どろの遊園地2015〜子どもは遊びの天才だ〜」に学生有志と指導教員でお手伝いに行ってきました。
この催し、2009年から始まったと聞いていますので今年で7年目になるのでしょうか。
当時学科長だった水野先生が企画段階から関わりながら、これまでは毎年Azemiの学生たちがサポートスタッフとして参加していました。
.
すこしさかのぼりますが、7/31の準備作業では、こども芸術学科の学生スタッフがステンシルを使ってのぼり旗を作成することになりました。
ステンシルとは、穴のあいた版(孔版)のことで、古くは伊勢型紙、よく聞くのはシルクスクリーンもステンシルになります。こども芸術学科の授業で行っているコロジオン版画もステンシルの一種です。
1文字ずつ、16文字をカーボン紙でニス原紙に写し取り、グランドワックスを使って台紙に貼り込みます。このニス原紙の技法は、本学技法材料研究室、青木芳昭先生のご指導によるものです。
IMG_0447
IMG_0446
そして、カットしたらダイヤモンドスクリーンというとてもゴージャスな名前の和紙(笑)をアイロンで貼り込んでステンシルにします。作ったステンシル版は全部で16文字!
IMG_0454
木枠に貼れば完璧なのですが、今回は簡略版です。
IMG_0451
IMG_0459
専用の絵の具と刷毛を使って刷ります。尾藤さん、勝又さんがミシンでの縫いもしっかりやってくれました。
試しをやって工藤さんに技を伝授した後、別日にスタッフ総出で半日で完成してくれました!
作業初日の打ち上げは定食屋で!
IMG_0460
さあ、いよいよ当日本番です。
ぼくも初めて参加した8/8のレポートです。
IMG_5143
常滑駅に到着。
IMG_5149 IMG_5275
そしてINAXライブミュージアムに到着!
IMG_5159
美術工芸学科総合造形コースの神内康年先生は、水野先生と一緒にこれまでも参加されていて、今年は京都造形の総まとめ役です。
.
総合造形コースの学生からは4年次の朝倉くん(学生リーダー)、田形くんが昨年に引き続き参加、2年次の稲本さん、米田さんは初めてです。こども芸術学科からはぼくと、4年次赤木さん、勝又さん、3年次保尾さん、横江さん、横山さんが参加しました。赤木さんと勝又さんは昨年度の経験者です。
出し物は、
「どろ田」「どろ風呂」「どろ化粧」「どろメダル」「どろだんご」「どろつみき」の6つ。

.

午前のセッティングの様子。
みんなの作ったのぼり旗がいい感じです!
IMG_5152
IMG_5155IMG_5163
IMG_5185
IMG_5186
そして、いよいよ本番!

IMG_5189

.
ミュージシャンの鈴木潤さんは、こども芸術学科の非常勤講師として数年前までお世話になっていました。純さん、ピアニカを持ってステキな音楽を演奏してくれました。いい写真がありませんのでお伝えしにくいですが、子ども達も楽器に興味津々。馴染みの曲や即興演奏などを楽しそうに演奏する潤さん。音楽の力ってすごいと思いました。IMG_5224 IMG_5223
どろだんご、盛況です。
 IMG_5191
IMG_5199
IMG_5203 IMG_5208
このあと、保尾さんは子どもの頃の経験を生かしてどろ団子をさらにピカピカにしていきます。
IMG_5238
IMG_5201
IMG_5241
どろつみきの午前のサポートを終えた二人、さわやかです。
どろ化粧も人気。
 IMG_5230 IMG_5231 IMG_5235 IMG_5258 IMG_5285
合間に、スタッフ同士で練習も笑。
IMG_5182
どろメダルは、ビーズや文字押しでオリジナルメダルを作ります。
.
そしてあっという間に午後の部も無事終了。
IMG_5309
IMG_5250
最後に、みんなでどろ田に入りました。赤木さんが口火を切り、勝又さんも続きます。
.
IMG_5311
IMG_5312
IMG_5305
IMG_5315
IMG_5321
IMG_5323
神内先生も子どもに返っています!
IMG_5324
学生リーダーの朝倉くんも!
IMG_5326
そして段々と..
羽目をはずして..
IMG_5329
IMG_5332
IMG_5348
もう誰か解りません笑.. 先生も学生も関係ありません笑
IMG_5351
しかしこうして全身泥まみれになってしまうのは、人生で初めての経験でしたがなんともステキな体験でした。泥の質もクリーミーで、全身泥パックというか、身体に悪いものをすべて吸い出されるようで、もっとこのままでいたいような、不思議な感覚でした。このどろ、瀬戸の土から作ったどろだそうです。

IMG_5346 IMG_5341 IMG_5337          はしゃいだ後は、みんなで片付け。

そして、どろんこ館スタッフの磯村さん特製シーフードカレーと流行のアヒージョで打ち上げです!
美味しかった!!
IMG_5352
IMG_5354
IMG_5358
こ学からのスタッフ、館長さんと記念撮影です。
IMG_5362
IMG_5390
こども芸術学科と美術工芸学科総合造形コースの交流だけでなく、地元中学校の先生や、全国から手伝いに来たスタッフさんとも話が出来て、どろをとおしてステキな一日を満喫しました。
INAXライブミュージアム館長住宮さん、磯村さん、スタッフの皆さま、どうも有り難うございました。
(森本玄:教員)
  • LINEで送る

2015年8月2日  授業風景

物語の入り口:こども芸術研究IV「ファンタジーをつくる」

 子どもたちの大好きな物語。その物語には必ず入り口がある。子どもたちの活動を組み立てる時には子どもに教えることを探すのではなく、子ども自身の物語を組み立てるきっかけをみつけることだと思っています。

 大人が設定する活動はその日のプログラムで完結することが多い。しかし、子どもの時間は連続しています。その連続の中で出会う楽しい時間が、子どもの心に残る物語の種になるのです。

学生たちが山に設置したポスト(2013年度こども芸術研究での展開による)や子どもたちに届く架空の存在である「お山の住人さん」からの手紙は、それらを介して、子どもの内に点在している様々な出来ごとを物語として、日常へとつなげていけたらと設定しています。

 お山の畑に行く途中にあるポストを覗いてから山を駆け上がっていく子どもたちの心の中に「お山の住人さん」が棲みはじめたようです。

 

今回は夏休み前に行った2つの授業風景をご紹介します。

 

はじめに年中さんとの活動【花火を描こう】です。

 

今日も「お山のポストにお手紙が入っていたよ!」と年中のH君がお山から帰ってきました。

それは前日に学生がポストに入れておいたのです。し−っ!子どもたちには内緒でしすよ。

IMG_0001_2

早速、H君はみんなの前でお手紙を一生懸命に一文字一文字丁寧に読んでくれました。

傍にいるのはこども芸術学科3年次生の日浅さんです。

IMG_0004_2IMG_0008_2

 

IMG_0008_2

お山の住人さんが花火を見たいんだってね。

「みんなは花火を見たことある?」

「見たことあるよ!お空にどーんって上がるの。」

「しゅるしゅるって上がるの。」

「ぱっ−て、ひろがるよ。」

「いろんな色でお空にお花が咲いたみたいだよ。」

IMG_0010_2

それじゃ、みんなで花火を描いてお山の住人さんに見せて上げようね。

学生たちが用意したのはコーヒーフィルターと水性サインペンとスポイドです。

どんな花火ができるか楽しみです。

コーヒーフィルターに絵を描きましょう。

IMG_0012_2

「絵、描けたよ。どうしてお姉さんのはじわっ〜てなってるの。」

IMG_0017_2

 

スポイドのお水で ぽたっ! ぽたっ!「じわ〜ってなってきた!」

IMG_0019_2

どんどん花火をつくりましょう。

IMG_0013_2

きれいな花火がたくさんできたね。

IMG_0015_2

さぁ!花火が上がりますよ。

IMG_0020_2

「お山の住人さん、喜んでくれるかな。」「きれいなのができた〜。」

IMG_0021_2

年中の仲良し3人娘たち、花火をバックにテンションMAX!です。「はい!ポーズ。」

IMG_0028_2

お母さんやみんなに見せるために花火の夜空を運びます。長〜いよ。

IMG_0029_2IMG_0032_2

IMG_0033_2

 

IMG_0031_2

IMG_0030_2

夏ですね。いろんなところで花火が上がる季節になりました。

子どもたちの描いた花火も大きく夜空に上がりました。

お山の住人さん、見にきてくれるかな。

 

「きれいな花火を描いたから見に来てって、お山の住人さんにお手紙を書いたよ。」と子どもたちはポストに向か

って駆け上がって行きました。

 

次に年少さんとの活動【帽子をつろう】です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年少さんはお母さんと離れて子どもたちだけで学生との活動をするのははじめての経験です。

きっと、年少さんは緊張しているだろうなと、アトリエで待っていたのですが予想に反してワクワクした様子で来

てくれました。

学生の方はと言えば、朝からメンバーの一人の体調不良で4人で活動を回して行かなくてはなりませんでした。

急遽段取りを組み直しです。バタバタとしましたが、そこはチームワークです。咄嗟の対応や判断も必要とされる

保育現場です。学生たちは大変でしたが思わぬいい経験ができたと思っています。

 

さて、活動ですが年少さんにもお手紙が届いていました。

IMG_0011_2

 

年少さんとのワークショップのリーダーは横山さんです。何をするんだろうと、子どもたちは待ちわびています。

お山の住人さんから白い画用紙と何やら年少さんへプレゼントです、と書かれたビニールの袋が机の上に置かれ

ています。

IMG_6294

袋の中にはいろんな形の葉っぱが入っていました。

IMG_0008_2

それを画用紙に貼付けます。こんな感じでね。(子どもたち、横の何に興味があるんでしょう。)こんな時でも

横山さんは落ち着いて説明しています。

IMG_6298

それを、ぐるり!ほら帽子です。U君嬉しそうです。

IMG_6297

材料は絵の具の入ったスプレーボトルが用意されています。

IMG_0034_2

 

 

葉っぱの裏には画用紙に貼るために学生たちがテープを付けてくれていました。これでどこにでも簡単に貼れるね。

IMG_0035_2

 

スプレーの使い方を横山さんから説明してもらいました。

いつもは道具があっても年少さんはなかなか使わせてもらえません。

今日は自分たちにためだけに用意されたスプレーです。興味津々です。

IMG_6299

IMG_6301

「あっ!きれい!  」

IMG_6304

葉っぱを取るとー。葉っぱの形が…。
IMG_0010_2

みんなもやってみましょう!

IMG_6310 IMG_6309

IMG_6312

IMG_6314

IMG_0016_2

お姉さんのようにふわーって出ないな。

学生たちもこの時にはじめて、子どもたちの握力がないことや、画面とスプレーの距離が近いことに気づきました。

大人はスプレーのハンドルを力を調整することができるけれど、子どもには難しいようです。

また、画面と身体が近いせいで霧にならずに画面の上で絵の具が溜まってしまうのです。

IMG_6316

これも大人は完成する作品を美しく、とついつい思ってしまうのですが、子どもたちはそんなことよりも道具で

遊びながら、大胆に徐々にいろんな表現や工夫をはじめています。

IMG_0017_2

IMG_0018_2   IMG_0019_2

IMG_0020_2

IMG_0021_2

IMG_0022_2

素敵な帽子ができ上がりました。お山の住人さんもこれでぼくたち、私たちだってわかってくれるね。

IMG_0031_2

今回のワークショップはこども芸術学科3年次生の日浅さんと西脇さん、横山さん、横江さん、保尾さんの5人が

担当しました。彼女たちはこの夏、保育実習に行きます。子どもと向き合うことはまだまだ、緊張すると言っている

彼女たちですが、子どもの気持ちに寄り添うこと、子どもの言葉に耳を傾けることが大切だということ。大人が思っ

ている以上に子どもたちはいろんなことを理解していること。挑戦する力を持っていること。そして、遊びのなかで

たくさん学んでいること。などたくさんの気づきがあったようです。

保育実習でもこの気づきと経験を活かして、がんばってきてください。

 

梅田美代子(教員)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年8月1日  ニュース

自然豊かな西会津研究旅行(Aゼミ)の報告です!

2015年7月25日から30日まで、Aゼミの学生と教員で福島県の山間部の西会津に研究旅行で行って来ました。(Aゼミとは、こども芸術学科で3・4回生になると、A・B・Cのゼミに分かれて研究を深めて行きます。各ゼミには2名の教員がいます。Aゼミは、美術家の村山と臨床心理士の浦田が担当しています。)今回の研究旅行は、森のはこ舟アートプロジェクトの西会津エリアに村山が昨年から参加していたことを切っ掛けに、学生(3名)に西会津や芸術村の良さを体感してもらいたいと考え、京都から遠い東北の地に行くことになりました。kogakuDSC_0006

西会津の奥川地区のかなり奥深い所で撮影しました。人があまり入っていない山が、自然な形として見えてとても素晴らしいです。ただ、この周辺にはいわゆる限界集落があり、何軒か残っていたお家も山を下りるとのことです。自然は豊かですが、若い人もいなくなり、年配の方だけと病院などに出るのに時間がかかり現代の社会状況の中では厳しい環境であることは確かです。

 

今回の研究旅行の第一の目的は、東北の自然豊かな環境に抱かれながら様々な活動を介して感性を磨くことです。滞在中は、西会津の保育所で学生が主導してワークショップを行い、国際芸術村主催のワークショップのお手伝いと地元の方との交流、西会津町のフィールドワークなども行いました。

kogakuDSC_0076

滞在の拠点は、西会津国際芸術村です。ここは、雰囲気のある木造の中学校の校舎です。中学校が廃校になりその校舎を生かす形で、芸術村として生まれかわり海外からアーティストが滞在制作を行ったり、様々な企画展やワークショップなど展開しながら地元の方とアーティストが交流する、コミュニティアートセンターです。

企業がつくった箱ものスペースではなく、元々あるものを使い、地域の方々に寄り添いながら芸術を介し、新たな価値を生み出そうとしているとても素敵な場所です。近代的で十分な設備があるわけではありませんが、芸術村こそ、それを凌駕する根源的で社会と人と芸術と自然を結び、多くの本質的なことを学べ感じることが出来る、現代社会のこれからのトレンドとなる場なのです。kogakuDSC_2223

 

今回、参加した学生はまず、地元の親子が参加する芸術村主催のワークショップのお手伝いをしました。内容は、ドラム缶窯でピザをつくったり、陶器の笛をつくり、籐細工でえんぴつ立てづくりなどをサポートしました。盛りだくさんな内容で、地元の方々との交流も出来、有意義な時間を過ごしました。

kogaku.geijyutsumura

 

二日目は、地元の群岡保育所で14名(全員で16名ですが、今回来ていたのは14名でした。)のこども達に、学生が先生となり自然物で絵を描くワークショップを行いました。まず、筆代わりにする葉や枝をこども達が園庭で集めました。

kogakuDSC_4690

kogakuDSC_4692

上の子が下の子を助ける場面や、気にかけているところを何度も見ました。とてもいい雰囲気でした。

kogakuDSC_4749

絵具は、手で触れても安全な天然塗料の柿渋と墨渋を使い、布に自由に描いてもらいました。はじめは恐る恐る描きはじめましたが、時間が経つにつれてダイナミックに葉を使いはじめ、自然に工夫しながら、とても素晴らしい作品になりました。作品は、芸術村に展示しています。柿渋は、時間と日光に照らされると色が濃くなるため、展示期間中絵の色彩が変化して行くことになります。

 

このワークショップの様子は、地元のローカルTVで放映され、新聞(福島民報)にも掲載いただきました。kogaku群岡保育所新聞掲載

ワークショップ前日は、遅くまで準備をしたようで、手遊び歌でこどもの心をつかむところから、制作につなげてとても手際がよく、こども達の純粋でのびのびした制作を引き出せている様子を見て、いいワークショップになりました。こども芸術学科では、京都の地で子どもや社会と関わることを行って来ているので、堂々と自然に、子ども達と触れ合うことが出来ていて、さすがこども芸術学科の学生だと誇らしく思いました。

kogakuDSC_4776

群岡保育所の出入り口から見える風景です。冬は、雪も多く厳しい環境もありますが、東北の豊かな自然は日本の原風景を見るようです。

ワークショップ後のお昼に、地元の美味しいお蕎麦屋さんに芸術村のスタッフさんに連れて行ってもらい、ツヤツヤのおそばを頂きました。地元の食材を現地でいただくと、その地域をより理解出来ます。

kogakuDSC_4837

作品は、芸術村で展示しています。素晴らしい作品です。(福島に来られる際は、是非見に来てください。)

kogakuDSC_4828西会津の街を、時間があいた時にフィールドワークしました。学生は、京都より空が大きいと感動していました。また、地元の方とよくお話をしたようで、皆人が優しく話し好きな方が多いようで地元の方との交流を深めました。

 

※実は、ちょうど研究旅行中芸術村では、京都造形芸術大の工芸科などの大学院の卒業生が、「C塾」として西会津での活動を数年かけて展開する一つのプロジェクトで、滞在制作をしていました。昨年まで、芸術村に京都に関係する人はほとんどいなかったのに、今回は西会津にて社会に出ている先輩とこども芸術学科の在学生で交流も出来ました、これも何かの縁と思います。こども芸術学科の学科長の森本先生が、以前工芸科にいる時に教わっていたアーティストも2人いて、とても親近感が沸き、またどこかでつながるといいですね。

 

限界集落のある地域の中、こどもの存在はとてもとても貴重であって、自然豊かな環境下で生きているこども達の顔や目の純粋性を、学生も見て感じるものが 多々あったのではと考えます。また、芸術村ではたらくスタッフの皆さんが、力を合わせて切実にたくましく生きている姿勢を見て、こちらも感じるものがあったと思います。とても充実した、研究旅行になりました。

 

村山修二郎(教員)

 

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。