歴史遺産学科

2015年8月

  • LINEで送る

2015年8月25日  イベント

8/22(土)ものづくりワークショップ!

みなさん、こんにちは。歴史遺産学科の事務担当Jです。

気がつけば五山の送り火も終わり、少しずつ秋に近づいてきていますね。

 

さて、8月22日(土)に「はじめての学校見学会」が開催されました。

その一環として、歴史遺産学科では「ものづくりワークショップ」を行いました。

 

テーマはこちら↓↓

”MYアクセサリーを作ろう!~ヤコウガイを用いて装飾品を作ってみよう~”

 

今回は岡田文男先生と一緒に、螺鈿の素材であるヤコウガイを使って、

みなさんのオリジナルデザインのアクセサリーを作りました。

まずは螺鈿とは何か、いつの時代から装飾品として使われているのか、などの

歴史的な流れを岡田先生が参加者のみなさんにレクチャーをしました。

IMG_4975

 

 

そして、その螺鈿の素材となるヤコウガイを並べ、参加されたみなさんに

好きな大きさのヤコウガイを選んでいただき、デザインを考えていただきました。

みなさんそれぞれ素敵なデザインでしたよ~。

IMG_4992

 

 

デザインが決まると、岡田先生がヤコウガイをデザイン通りにカット!

その後、紙やすりで磨き続けると、少しずつ独特の美しい輝きが出てきました。

IMG_5004

 

 

2時間という限られた時間でしたので、残念ながら未完成のまま

お持ち帰りいただいた方もいらっしゃいましたが、

ヤコウガイは磨けば磨くほど美しさが増しますので、

おうちでもぜひ磨き続けていただければと思います。

そして、完成したら身につけていただければ嬉しいですね。

 

作業をしているとあっという間の2時間でしたが、

みなさん楽しんでいただけたのではないでしょうか。

歴史遺産学科では、座学だけではなく、ものづくりからも多くの事を学びます。

今回のワークショップでは、その一端をみなさんと共有させていただきました。

 

さて、次回のワークショップは10月11日(日)開催予定です。

興味をもたれた方はぜひ、ご参加くださいね~!

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。