美術工芸学科

2015年8月

  • LINEで送る

2015年8月20日  ニュース

【染テキ】赤か白か…

染織テキスタイルコース 3年生のSOUSOUゼミでは、

手ぬぐいの生地に三重県の伊勢木綿を使用しています。

伊勢木綿は江戸時代から今も続いている伝統的な布です。

 

51eb900b15eb17c3a5dd0a4370bf5f2725da199d

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、3年生の地下さんからお電話があり、伊勢木綿の追加注文の相談を受けました。

実は、湘南蔦屋さんで京都フェアが開催されるそうで、SOUSOUゼミみんなの手ぬぐい販売が決定したのです。嬉しいことですね!

 

shonan_t-site_1 102398

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、急いで注文。

 

布や糸を電話で頼む時、とても緊張します。

それは、専門の言葉が多すぎて、漢字も難しいので、なんて読んでいいかわからないし、なんのことを言っているかわからないことが多いのです。

昨日は…。

 

 

n-IRRITATING-TELEPHONE-large570

 

 

 

 

 

副「いつも、お世話になっております。すみません。SOUSOUゼミでいつも使っている手ぬぐい生地が欲しいのですが…。」

 

臼「どうも。あ。晒ね。」

 

副「はい。4疋ほど。お願いします。」

 

臼「白?」

 

副「白?あの、端のところに赤の糸が入っているやつなんですけど…。」

 

臼「赤ね。つづき?それとも切る?」

 

副「え?えっと…じゃあ、つづきで」

 

と答えたのですが、後から不安がどんどん押し寄せてきます。

 

赤って言っちゃったけど、もしかして、真っ赤な布が来るのかな?

白生地を頼みたかったんだけどな〜。赤って言っちゃったなぁ〜。

 

つづきってなんだ?え。まさか、全部繋がっているってことかな?

どのくらい、大きい布がくるんだろう…とか、電話を切ったあと、いろいろ、めぐるのであります。

 

怖くなり、確認の電話をしますが、18時。もう工場には誰もいません…。

とにかく、荷物を開けるまではわからないようです…。

 

明日まで、待ちます。

 

IMG_0995

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みの制作が続きます!

がんばれええええ!!!!

 

  • LINEで送る

2015年8月12日  授業風景

【染テキ】3年生暖簾の授業

染織テキスタイル 前期振り返り

 

今日は3年生の暖簾ゼミです。

京都祇園にある、有機野菜のお料理を出して下さる阿吽坊さんの暖簾を手がけました。

http://blog.aunbo.com/

 

P1010946

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなのこの並び方がなんだかおかしいですね。

 

P1010949

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真剣な表情の箕浦さん。型彫りが一番大変だけど、楽しい作業。

 

P1010951

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大濱さんも並んで頑張っています。

 

 

P1010982

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がった型は何度も使えるように、加工していきます。

 

 

P1010980

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大濱さんおふざけ中

 

 

P1010975

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本間先生、ご指導中

 

P1010970

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この糊、真っ黒ですね。何から出来ているのでしょう?

P1010969

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり塗っていきます。

P1020180

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はいよいよ染織です。糊と染料を混ぜて色糊を作って行きます。

 

P1020170

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色のバランスを考えて、刷毛で染めていきます。

P1020172

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔が真剣ですね。

 

 

この後蒸しをして、色を定着させ、完成します。

お店では、全員分の暖簾が展示されていますので、とても華やかになったのではないでしょうか?

 

是非、一度、阿吽坊さんへお出かけ下さい!

 

http://blog.aunbo.com/

 

 

  • LINEで送る

2015年8月11日  授業風景

【染テキ】1日1枚

染織テキスタイルコース、授業振り返り〜☆

 

1年生の金曜日の授業の中に1日1枚という課題があります!

SOUSOUのテキスタイルデザイナー脇坂さんも、1日1枚はがきを描き、奥様宛に投函されているという話はとても有名な話ですね。もう、20年も続けられているそうです。本当に素晴らしい。

 

この課題の意図が伝わりやすいかな〜と思い、脇坂さんの対談を載せたいと思います。

http://www.1101.com/wakisaka/2012-12-19.html

 

夏休みもこの課題続きます。

みんな、楽しんで!

 

P1020473 P1020472 P1020471 P1020470 P1020469 P1020467 P1020466 P1020465 P1020462 P1020461 P1020459 P1020458 P1020457 P1020456 P1020452 P1020451 P1020450 P1020449 P1020448 P1020445 P1020443 P1020442 P1020441

  • LINEで送る

2015年8月7日  授業風景

【染テキ】前期振り返り編 夏のお嬢さんたちとマサイの男?

前期が修了しました。

少しずつ、紹介出来なかった授業をブログにアップしていきたいと思います。

まずは一年生の染め、3つ目の課題です。

蝋染め

 

P1020030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い道のりでした。蝋を置いて、描いていきます。

1つのポットをシェアするするのは、インドネシア式

 

P1020033

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生ご指導中

 

P1020036

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

描いて描いて描いて描いて

 

P1020038

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

描いて描いて描いて描いて描いて描いて描いて描いて

 

そして、次の日もそのまた、次の日も描いて地道な大変な作業でした。

 

そして、そして、ついに完成!出来上がりました!!!!

 

P1020496P1020502P1020505

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020507 P1020511 P1020513

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020532 P1020534 P1020538

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020542

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなすごく良い感じ!夏を感じさせる作品です!

 

P1020530

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか…マサイの人みたいですね!

 

この布はサロンと呼ばれるインドネシアの民族衣装。腰布の一種です。

熱帯の気候に合った、機能的で涼しい服装なので、京都の暑いこの夏にぴったりかもしれませんね!

 

みなさん、夏バテしないように!!!

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年8月6日  授業風景

【染テキ】4年生合評☆

前期が修了し、明日からいよいよ夏休みに入ります。

今年の4年生の合評!

 

今年は、浴衣、着物がたくさん発表されました。

 

P1020297

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリントの技術で表現。

どこか北欧デザインのようで、日本的なモチーフなところがオモシロいですね。

 

 

P1020259

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

型染め技法で表現。大胆な花の構図がいいですね。

どこか、水彩絵具で描いたような感じもオモシロいと思います。

 

P1020257

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

板締め絞りで表現しました。万華鏡のようです。

 

P1020268 P1020267

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土岐さんのセンスが光るデザインです。黄色と黒の配色はなかなかありませんね。
隣は、大塚さんの作品、テーマはかき氷です。涼しげですね。

 

P1020291

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インクジェットの作品。最後はどんな形で発表するのでしょうか?

 

P1020285

P1020288

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親子三代がテーマ。変わりゆく町の風景などをデザインにしています。

 

P1020274

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな素材を使い、触感を表現。まるで、木の皮のよう。

 

P1020282 P1020280 P1020277 P1020276

P1020294

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モビール くるくる うごく布

 

 

P1020271

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てぐすで織る アート

 

P1020272

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

染めで表現する絵画。モチーフは金魚

 

P1020301

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植物染織で表現。自分の身の回りにある色

 

P1020307

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュエリーへ表現

 

さて、残り半年です!

就職活動、卒業研究、気が抜けない1年ですが、4年最後の集大成頑張って!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。