空間演出デザイン学科

2015年8月

  • LINEで送る

2015年8月27日  授業風景

【空間デザインⅢ】自分の目で観察/実験しプロダクトにする

 

こんにちは。空間デザインコース3回生の授業紹介です。

この授業の担当教員はデザイナーの吉行良平先生です。

 

ーーーーーーーーーーー

【吉行良平】デザイナー

オランダへわたり、Arnout Visserのもとで研修をつむ。

Design Academy Eindhoven 卒業後「吉行良平と仕事」設立。

droog design やArnout Visser のプロジェクトの参加を経て、日本へ拠点を移し活動中。
国内外さまざまなクライアントとの商品開発やプロジェクトを行いながら自身のコレクションも発表、販売を行う。

吉行良平と仕事 / http://www.ry-to-job.com/

ーーーーーーーーーーー

 

毎週先生から小さな課題が出され実際に自分の手を動かして考えながらデザインする力を身につけていきます。

吉行先生の出される課題は

・自分がいいなと感じた ふつう を探してきてください

・水のすがた、かたちを確認できる装置を考えて下さい

などなど、おもしろいものばかりです。

みんなは頭と手を使ってアイデアを考えます。

 

そして前期の最終課題は

【自分の目で生活の「もの」「こと」を観察/実験しプロダクトにする】
という課題が出されました。
「プロダクトにする」とは言っていますが、この授業では「プロダクト」を
吉行先生が勤めていた事務所の社長であるデザイナーがいつも言っていた、
「プロダクトは、仮定をたてて実験/検証してでたその結果」と位置づけています。
学生それぞれがプロジェクト自体を自分の考えをもとに見つけて
手を動かし作って行く事で自分で実験方法と結果をつくる事を目標に進めています。
まずは生活のなかで授業を通して考えた、自分の気になるもの、ことを持ち寄り、
どの部分に自分が惹かれたのか詳細を見たり、はたまたひいてみたりしながら観察し
自分のひく線にどう繋げられるかを考えてそれぞれが素材を見つけ実験して合評へつなげていきました。
4週にわたり、それぞれ小さなグループでいくどとなく「打ち合わせ」を行い
考えや実験方法を更新、改良しながら授業は進みました。

 

DSC_8970

みんなの作品を見る吉行先生

DSC_8980

合評の様子

合評はゲストにデザイナーの佐藤延弘氏を迎えいつもと違った雰囲気の中行いました。

 

ーーーーーーーーーーー

【佐藤延弘】デザイナー

1999年京都精華大学美術学部デザイン学科建築分野卒業。

1999年造形製作会社勤務。イベント用オブジェ、アミューズメント装飾等の製作・設計を担当。

2002年PULL+PUSH PRODUCTS.設立。

「素材」と「ストーリー」をモノ作りのコンセプトとし、
使うときの楽しさ、触れたときの質感を大切にしたアイテムを発表しています。

特徴はデザインから製品製作、梱包、発送までを、自らの手で行っていること。

大量生産や高度な機械を必要とする精密なモノ作りはできませんが、

手仕事の中で生まれる繊細さや緩やかさを大切に考え、
作り手の温度が伝わる製品をゆっくりとしたペースで提案しています。

代表的な作品は建材として使われる「モルタル」を主素材としたプロダクトシリーズ「MORTAR / モルタル」。

工業的な素材にクラフトの手法でアプローチすることをコンセプトにしたポリエチレン素材のプロダクトシリーズ「PE / ペ」。
PULL+PUSH PRODUCTS. /http://www.pull-push.com/
ーーーーーーーーーーー

 

学生のみんなもいつも教えて頂いている先生とは違う視点で佐藤さんに作品を見て頂き

良い経験になったのではないでしょうか。

佐藤さんありがとうございました!

 

DSC_8972

向かって左から順に佐藤氏、吉行先生

 

  • LINEで送る

2015年8月25日  イベント

young&yankii @LUCUA1100

 

3回生の空間演出の授業で作った作品が並ぶ期間限定ショップ、

“young&yankii”が

大阪LUCUA1100の地下1階にて只今開催中です!

 

授業風景の記事はこちら

 

 

 

 

3image

 

 

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

 

image4

 

 

image5

 

 

↑商品お買い上げのお客さまには先着で

こちらのノベルティをプレゼントしています!

 

お近くにお立ち寄りの際はぜひお越しください◎

 

期間:8/19(水)~9/1(火) 10:00~21:00

場所:LUCUA110 地下1階

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年8月11日  ニュース

【空間演出②】young&yankii Limitedshopのおしらせ

こんにちは。

 

3回生の2コース合同の授業で

大阪・LUCUA1100にて期間限定ショップを開催します!

 

商品制作からディスプレイ、販売までを学生が行う3回生の2コース合同ゼミで

LUCUA1100(ルクアイーレ)内の『DMO ARTS』の壁面にディスプレイを施し、

学生自らが制作した商品が店頭に並びます。

 

ーーー

 

学生達が作った作品はDMOARTSさんへのプレゼンを経て

試作を繰り返し、完成した作品が売り出されます。

DSC_8924

 

商品を並べる什器やディスプレイも自分達で制作します。

今年度はコンクリートに転写をしたり、椅子と椅子を組み合わせたり…

どんなディスプレイになるか楽しみです!
DSC_9075 DSC_9015DSC_9064

 

開催期間はお盆明けの19日〜約2週間です。

ぜひ足をお運びください!

 

開催日時:8月19日〜9月1日

10:00〜21:00

場所:DMO ARTS

大阪市北区梅田3-1-3

LUCUA1100 B1F

TEL:06-6450-8187

 

ホームページはこちら

 

 

K1 K2

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。