アートプロデュース学科

2015年9月

  • LINEで送る

2015年9月25日  授業風景

夏だ!美調だ!合宿だ!!

9月13〜15日に「美術館調査」の授業の合宿がありました!

 

京都の京北町という場所にある宿泊施設で、朝から晩までアンケートとパソコンとひたすらにらめっこをした3日間。

この合宿で、夏休み中に全国各地の美術館から続々と集まったアンケートの膨大なデータ集計を行いました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

エクセルを使った集計の方法についてのレクチャーの様子。

美術館調査の出来は、このエクセルをいかにうまく使いこなせるかどうかにかかっているといっても過言ではない!?

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

グループで作業を分担しながら進めていきます。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

合間に休憩もいれつつ・・・zzZ

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピースサインの上地くんはじめ昨年の履修生もサポーターとして参加してくれたおかげもあり、

後期の授業開始前に作業がググンっと進みました!

 

 

この調査をまとめた報告書は来年3月頃に出版予定。

これから4ヶ月、完成を目指してがんばりましょーう!

 

—-

 

◎学科運営のHPでも、ASPの様子をご覧いただけます。

asp

 

 

  • LINEで送る

2015年9月20日  ニュース

ASPは「しるこせーき」と「サバイバル学科展」

IMG_9978

おしるこは冬だけのものではない!​シャリシャリの氷とあんこ、白玉のもちもちとした食感。

おしるこなのに冷たい!?これぞまさに食材革命!

学園祭、盛り上がっています!!

今日のような秋晴れの暑さにぴったりの「新感覚和風スイーツ」です。

IMG_9986

IMG_9970

浴衣姿のASP学科生が、みなさんのお越しをお待ちしています。

 

 

そして、アートプロデュース学科の学生作品展@NA409!

IMG_9945

こちらも、手作りお菓子でおもてなししています~。

今回私たちは、アートプロデュース学科の取り組みを学生個人の視点や体験を通して紹介できないかと考えました。

 

本展は、学科紹介の場であると同時に、学生自らが自身のこれまでの作品を展示する成果展でもあります。

他の学科とは少し「作品」の形は異なりますが、私たちがこのサバイバル学科で学び、得た「成果」が作品となっています。

IMG_9887

IMG_9905

展示壁の後ろにまわると「裏ASP情報」の展示も!!

高校生のみなさん、これは必見ですよ!

本展をきっかけに、少しでもアートプロデュース学科、そして学生に関心を持っていただけたら幸いです。

 

 

◎学科運営のHPでも、ASPの様子をご覧いただけます。

asp

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年9月17日  ニュース

卒業生の現在

dan
 
——————————————

美術館で働く

 

13年度卒業生 佐藤暖さん

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 勤務(14年度4月〜)

——————————————

 
 
―現在の職業・活動について―
 
今は主に、スクールプログラムとワークショップの二つの教育普及事業を担当しています。
スクールプログラムでは、幼稚園、保育園、小・中・高の学校団体が来館した時、一緒に展覧会をまわって作品鑑賞をしたり、子ども向けチラシの制作といった仕事をはじめ、先生や一般の方と、どうしたら子どもたちが美術館を有意義に利用できるかを話し合い、鑑賞教材の制作や研究、研修会などを行っています。
ワークショップでは、家にあるような素材を使った工作教室の企画や、展覧会の作品の制作過程を追体験し、展覧会や作品の理解を深める内容の企画、開館記念日といった行事に合わせて美術館全体をフィールドワークする企画など、様々な対象、内容、規模で行っています。
この他にも、美術館や展覧会の広報活動、展覧会やイベントの設営・撤収といった仕事も徐々に任せてもらっています。 

 
 

―アートプロデュース学科で学んだこと―

 

ACOPやARTZONE、インターンシップ、研修会の手伝い、地域プロジェクトへの参加、論文執筆などたくさんの経験をさせてもらいましたが、共通して大切だと思ったことは、「粘り強くやること」と「真摯に応えること」です。

大学にいる時も、働きはじめてからも、自分が考えてもいなかったことを突きつけられたり、それまでの姿勢や考え方では通用しなかったりして、工夫や変化を求められる場面にたびたび遭遇します。しかし、たとえ失敗したとしても、投げ出さず粘り強く続けていくと、次の手がみえてきて、周囲の人からの応援も後押しし、前進することができると実感しています。それには、ただ続けていくということではなく、相手からの要求、投げかけに対して、考え、工夫して、真摯に応えていこうとする姿勢が大切だと思います。

偉そうに書いていますが、私も怠惰な態度で失敗することがたくさんあります。だからこそ、投げ出そうとしていないか、真摯に向き合えているのか、自分に問うていきたいと感じています。

 

 

―アートプロデュース学科の在校生・これから入学されるみなさんへ―

 

ASP学科は、やったらやった分だけ返ってくる環境です。後輩の皆さん。逃げることがあっても、時間がかかっても、真摯に向き合ってみることで、何かしら返ってくるはずです。反対に、過去にうまくいっても、トライし続けていく姿勢がないと退化します。
これから入学する皆さん。多かれ少なかれ、同級生、先輩、後輩、先生、事務の職員さんといった周囲の人と関わらずにASP学科は卒業できません。一生関わることがないだろうと思っていたような人とも苦楽を共にし、情けないところをみられもがきながら、自分も周囲も変化していく場面に立ち会えるのは、味わい深い経験です。きっと、楽しいはずです。
 
 
(2015/4 更新)

 

 

◎学科運営のHPでは、卒業生のインタビューを掲載しています。

asp

 

 

  • LINEで送る

2015年9月16日  ニュース

卒業生の現在

matushima

——————————————

政治家になる

 

08年度卒業生 松嶋祐一郎さん

目黒区議会議員(15年度4月〜)

——————————————

 
 
―現在の職業・活動について―
 
卒業後、東京にある編集プロダクションに勤務していましたが、長時間労働やサービス残業で悩みました。昨今、「ブラック企業」という言葉が誕生し、人間 をもののように使い捨てにする働かせ方が社会的な問題になる中で、会社時代の自分の苦しい経験は、いま自分一人の問題ではなく、多くの若い人たちが抱えている問題なのだということを知り、社会を変えたいという思いから政治活動を始めました。
2015年4月の統一地方選挙で目黒区から立候補し、初当選しました。政治の仕事はわたしたちの生活全般にわたるもので、わたしたちのくらしと政治は切り離せない関係にあります。たとえば、芸術の問題でいえば、目黒区にも区立美術館がありますが、その運営をチェックするのも区議会議員の仕事です。社会教育やスポーツ、文化行事について、行政として質の高いものを提供するように区に提案し意見を出すこともできます。くらしの問題では、子どもには保育園の整備から学校の運営、現役世代へは区内業者の仕事づくりや融資の相談、若い世代への就労相談、高齢者へは介護の充実など、あらゆる世代の行政サービスを区民の立場でチェックし、実現させる仕事です。住民の住環境を守るために、区とゼネコンがともに進めている高層ビル建設や乱開発をチェックするのもわたしの重要な仕事のひとつです。

 

 

―アートプロデュース学科で学んだこと―

 

わたしは、政治活動と芸術表現活動は同義だと考えています。生きることは表現することです。自分の考え、思い、理想を声にし、人に伝えることは政治も芸術も同じだと思います。
わたしはわたしの生き方として政治を選択しましたが、本学で学んだ、表現すること、それを共有し、人に伝えるという活動は、まさにわたしの活動の原点になっています。とりわけアートプロデュース学科で行った政治と芸術についてのわたし自身の研究は、現在の自分の政治活動の大きな糧になっています。学科の先生方が、自分の問題意識に真摯に向き合ってくれ、たくさんの助言をいただいたことに感謝しています。

 

 

―アートプロデュース学科の在校生・これから入学されるみなさんへ―

 

学生のときは、自由気ままにやらせてもらいました。自分が疑問に思ったり、知りたいと思ったことを、自由にとことん勉強できる環境が整っています。京都は大学が密集しているので、他大学に珍しい講義を聞きに行ったり、うちの大学にはない本を借りたりもできます。好奇心さえあればこんな楽しいところはない です。ARTZONEというギャラリーを使って自分で展覧会を企画し、オープニングパーティに俳優の井浦新さんを呼んでトークイベントをやったりしました。その気さえあればなんでもできるし、自由にのびのびと学べる環境が整っています。自分で関心のあることをとことんまで追及して、そのために大学や先生を利用して、これからの人生の糧にしてもらえればと思います。

 

 

(2015/9 更新)

 

 

◎学科運営のHPでは、卒業生のインタビューを掲載しています。

asp

 

 

  • LINEで送る

2015年9月1日  授業風景

【授業紹介】ACOP

名称未設定-5

人が人との間で生きて行く為に重要なコミュニケーション。

アートプロデュース(ASP)学科では、鑑賞者とアート作品との間に立ち上がるコミュニケーションの大切さを学ぶため、福のり子教授のもと、2004年度よりACOP / エイコップ(アート・コミュニケーション・プロジェクト)を立ち上げました。

大学としては世界で初めて、「みる・考える・聞く・話す」というコミュニケーションを基本とした鑑賞教育に取り組み、学生たちを優れた鑑賞者、そして作品と鑑賞者を結ぶ「ナビゲイター(ファシリテイター)」として育てるために、必修科目としてACOPを開講しています。

春から夏にかけて、自らが「良い鑑賞者」になることを目指すとともに、ナビゲイターとしての訓練を積み、秋には一般の方々を対象とした「鑑賞会」を実施。これまでに日本全国からのべ1,300名以上の方にACOPを体験していただきました。

さらに、ナビゲイターとして成長した2回生以上の学生は、全国の美術館や小・ 中学校に出向き、ACOPを活かした鑑賞授業やワークショップの担い手として実践を積んでいます。そして、卒業後も学校教員や美術館の教育普及担当者とし て、全国の様々な現場でコミュニケーションの大切さを伝え、実践しています。

 

IMG_0175

ACOPの前期最終授業は、恒例の「仮装行列」が行われました!

今年の仮装テーマは『昭和』。

昭和から連想される人物、流行、カルチャーをもとに、イメージした思い思いのコスチュームで

普段と違う姿になって自分の殻を破ろう!を目的とした仮装イベントですが、回数を増すごとに、

寧ろみんながノリノリになっていってる気がします(笑)

1回生たちは、大学内を順々にねり歩きました。

IMG_0084

IMG_0075

IMG_0104

IMG_0120

IMG_0160

 

IMG_0194

 

IMG_0316

さあ、いよいよ9月。後期の授業もみんなで盛り上げていきましょう!

ACOPなどアートプロデュース学科の授業や学科の様子を知りたい方は、以下【おしらせ】必見です!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

【おしらせ】

 

学生作品展開催!

9月19日(土)、20日(日)

 

「アートプロデュース学科ってなにしてるん?」そんな声を学内でも耳にします。

何をしているのか、どんな人がいるのかすぐにはよくわからない学科、それがアートプロデュース学科です。「よくわからない」には理由があります。その理由の一つは、形容しがたい多種多様な人間がさまざまな事柄に自主的に挑戦し、生きるための知恵とコミュニケーション能力を身につけているサバイバル学科だからです。

本展は、そんなサバイバル集団の「人間」を展示する展覧会になっています。美術鑑賞教育プログラム「ACOP」、全国の美術館の現状を研究する「美術館調査」、学生自らが企画・運営を行うギャラリー「ARTZONE」、実際に社会に出る「インターンシップ」など学科の主たる授業を一通り経験した3回生にスポットを当て、各々が学んできたことを個性あふれるエピソードを交えて展示します。加えて必見のパフォーマンスも演じられる魅力満載の空間にぜひ遊びに来てください。

 

 

asp

 

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。