こども芸術大学

2015年12月

  • LINEで送る

2015年12月22日  授業風景

終業式のあった日

年長さんが登った比叡山に雪が積もった日。

今日で2015年の活動もおしまいです。

 

雪化粧をした比叡山(12月18日)

resize[2] (2)

寒さなんてへっちゃらな畑チームは冬野菜の収穫に行きます。しかも、今回は京都造形芸術大学の生徒の中でも初の試みであろう「竹ぽっくり」で畑に向かいます。

 

竹ぽっくりで瓜生山登り

resize[10]

後ろ歩きにも挑戦

resize[11]

 

蔓(先日の瓜生山探検の時に集めてきた蔓)で編んだ籠に入りきらんばかりの野菜たち。水菜、春菊、壬生菜、からし菜、レタス。名前だけ聞くと子ども向けではないかなと思いますが、そこはこども芸術大学のお母さん達のアレンジが入ります。お昼ご飯の時には、朝どり野菜サラダwithこ芸母オリジナル豆乳ドレッシングとして、子ども達の前に登場しました。このサラダはとても人気で、あっという間にこども達、お母さん達のお腹の中へと入っていきました。自分達が育てたものを食べる事もさることながら、収穫したばかりの新鮮な野菜を食べれる事は自分達の畑があるこども芸術大学ならではですね。

 

こども芸大畑産「冬野菜セット」

resize[12]

 

前後してしまいますが、そのお昼ご飯の前に、2学期もありがとうという感謝の気持ちをこめて大掃除を行いました。自分達のロッカーをはじめ、普段使っている場所をみんなで綺麗にしてきます。木登りが得意な子達は、その特技を活かし、他の子には高くて届かない場所を拭き掃除してくれました。

 

こんなものしまっていたっけ?という、ちょっとした発掘調査になる子もいました

resize[1]

無くしたら困るものは、、と

resize[2]

下駄箱も掃除しておかないとね

resize[3]

窓拭きを一生懸命したせいか、窓にこちらの様子が反射しています

resize[4]

トイレの床もピカピカになりました

resize[5]

 

そして、そんな子ども達の頑張りに今日はちょっとしたサプライズ。先月収穫し、ベランダに吊るしておいた干し柿がちょうど良い頃合いだったので、おやつの時間にみんなで食べました。小粒でしたがとても美味しかった様子。

 

親子で渋柿についての説明

resize

キウイが大きいわけではありません

resize[6]

プール脇にある柿木は背が高いため、先を割った竹を使い収穫しました。この日はお父さんが大活躍。(※先月の様子です)

resize[8]resize[9]

 

その後には、今学期の締めくくりとして「終業式」を行いました。

田中校長から終業式の挨拶があり、今学期も終了です。

 

冬休みの過ごし方についてのお話がありました

resize[7]

 

下校時にはどこからともなく「よいお年を!」という声が聞こえてきました。

3学期は1月7日(木)から始まります。

2016年も良い年になりますように!

 

(村瀬浦人)

  • LINEで送る

2015年12月18日  ニュース

12月17日 しめ縄作り

 

昨日、一足早くサンタさんから頂いたクリスマスプレゼント!

昨日は、大事そうにお家に持ち帰り、今朝、嬉しそうに『今日は、これをするんだ!』と、気持ちを高めて登校した子どもたち。

 

コマを貰った年長さん、昨日は、なかなか上手に回せず苦やし涙する場面や、年中さんのぽっくりを指指して「あっちが欲しかった・・・」なぁんて呟く子もいました。でも、そんな昨日と今朝とではまた表情が違います。帰宅後お母さんやご家族と練習に励んだのでしょうね・・・出来ない悔しさをバネに、そして繰り返し挑戦する中で確かな手応えを感じ、何度もチャレンジ!回せて喜ぶ友だちの成功を横目で見ながら、次こそはと頑張る姿がとても素敵な年長さんたちでした。回った瞬間のキラッと輝く子どもたちの瞳と「見て!見て!」自分の喜びを伝える姿がとても可愛く、その瞬間を一緒に共有できることに幸せを感じます。

 

IMG_1060IMG_1057

 ぽっくりを頂いた年中さんたち、初めて見た子も直ぐに遊び方がわかり、昨日から乗りこなしている子も多数。ぽっくりの紐を斜めがけして登下校する子、ぽっくり専用バックをつくった子、ロッカーに大事に片付けている子と様々です。「ぽっくりやる!」「一緒にしよう!」「競争しよう!」と、やる気満々。そして、即席のぽっくりロードで、横歩きや、ぎざぎざ道、くねくね道と、色んな歩き方にもチャレンジ。畳コーナーの階段に挑戦する姿もありました。年少さんや年中さんがやってきて「貸して」と言われると、「今、やってるところだからダメ。」、「いいよ~!」それぞれの返答。そんな、子どもたちのやり取りからも成長が窺えます。(ぽっくりは、竹馬の前段階で、幼児さんでも短期間に乗れるようになり、様々な技を駆使することで運動量を増やすことができます。スチール缶や竹などでも手作りできますので、興味のある方はぜひ気軽に日々の遊びに取り入れてみてください。)

IMG_1072IMG_1078

 そして、本日は『しめ縄作り』。卒業生のおじいちゃんを迎えて、年末の恒例行事となっております。こども芸大の子どもたちが静原の田んぼで収穫した稲から採れた藁を使い編みました。初めて取り組む年少の子どもたちは、真剣な面持ちで一生懸命編んでいました。 

 

IMG_1050IMG_1064IMG_1063IMG_1090

 

そして、今年最後のからだの時間!みんなで思いっきり体を動かしました。〆は、みんなで手を繋いでの「なべなべ底抜け~♪」。思いっきり笑って楽しい時間を共有しました。

IMG_1161 IMG_1132 IMG_1137 IMG_1126 IMG_1113 IMG_1118

IMG_1105 IMG_1108

(千葉)

  • LINEで送る

2015年12月17日  授業風景

12月誕生会とクリスマスお楽しみ会

さぁ、今日は子どもたちが楽しみにしていた12月誕生会とクリスマスお楽しみ会です。

登校した子どもたちは手作りのクリスマスブーツをウッドデッキに吊り下げます。

IMG_0739

「サンタさん来るかなぁ」

そんなことを話しながら楽しい1日が始まりました。

IMG_0741

部屋の中では昨日みんなで作ったジンジャークッキーの袋詰めを子どもたちが手伝っていました。

今にも食べ出しそうな勢いで手伝ってくれる子どもたちにお母さんたちもタジタジです。

IMG_0744

楽しい朝の時間を過ごしたあとは、12月の誕生会とクリスマスお楽しみ会の始まりです。

誕生月のみんながツリーの帽子をかぶって登場しました。

IMG_0775

今回はお誕生月の子どもはお兄ちゃんについて通ってきている2歳の下の子ちゃんだけでした。

前日まですごくはりきって発表もすると言っていたのですが、前に出るとドキドキしたようです。

 

でも、みんなに「おめでとう」と言ってもらえ、お祝いしてもらえたことをとても喜んでいました。

IMG_0781

 手作りのプレゼントを渡し終えたら12月誕生会はおしまいです。

IMG_0796 

誕生会の後はクリスマスお楽しみ会の始まりです。

お母さんたちによる創作劇をみんなで観ました。

 

山に住んでるキノコさんやドングリさんたちがみんなで新しい命の誕生を祝って歌を歌おうとしています。

IMG_0818

でも、みんなバラバラの声で歌うので困っていました。

IMG_0834

そこへ荒くれ者のオオカミさんの登場です。

IMG_0844

 一匹狼で仲間なんかいらないと言っていたオオカミさんですが、みんなから一緒に歌おうと誘われ、頑なだった心がほぐれていきました。

IMG_0845

そこへ森の女王さまの登場です。

女王さまが現れると、観ていた子どもたちから「神さま・・・!」というため息が聞こえておもしろかったです。

女王さまは、みんな一人ひとり違っていて一人ひとりが輝いていることを伝えてくれました。

一人ひとり違った個性を持つ仲間が集まって心を合わせたとき、美しいハーモニーが奏でられました。IMG_0863

子どもたちも前に出て、一緒に「Oh Happy Day」を歌います。

IMG_0873

先ほどの女王さまの話にあったように、子どもたち一人ひとりが順番に「Oh Happy Day」を口ずさみ、その歌に合わせてお母さんたちが「Oh Happy Day」とコーラスをしてくれました。

IMG_0878

子どもの一人ひとりの歌声を聞き、大人がそこに乗っかって歌うという発想が、子どもを真ん中にみんなで集うというこども芸大で大切にしていることを体現しているように感じ、とても素敵でした。

IMG_0880 IMG_0897

その後に「赤鼻のトナカイ」を歌っていると・・・

IMG_0921

 なんと!窓の外にサンタさんが!!

IMG_0929

子どもたちは大興奮でサンタさんを追いかけます。

IMG_0935 

山に帰っていくサンタさんを子どもたちと見送りました。

IMG_0937

「サンタさんバイバーイ」

みんなで手を振りました。

IMG_0947 

IMG_0954 

朝吊るしておいたブーツに目をやると、なんとプレゼントが入っていました。IMG_0956

「何が入っているかな」

IMG_0962 IMG_0970

子どもたちは早速プレゼントを開いて遊び始めました。

IMG_0980

年長の女の子は、自分がもらったコマを年少の女の子に貸してあげて一緒に遊んでいました。

IMG_0992

お昼ごはんを食べた後は、クリスマスお楽しみ会のもうひとつの出し物「影絵」です。

IMG_1014

クリスマスの由来を素敵な影絵にしてお母さんたちが見せてくれました。

IMG_1017

物語に使っている影絵は子どもたちが描いた絵です。すごくかわいいですね。IMG_1021 IMG_1029

幻想的な影絵のあと、みんなでお母さん手作りのおいしいカップケーキを食べました。IMG_1041

明日もクリスマスプレゼントを使っていっぱい遊ぼうね。

IMG_1042

(村井)

  • LINEで送る

2015年12月15日  ニュース

秋のおわり 学年別あそび

IMG_0557 - コピー IMG_0647 - コピー 

 

 

こども芸術大学のウッドデッキも瓜生山も落ち葉のじゅうたんできれいな朝でした。

もう、秋も終わりですね。

 

今日は学年別であそびました。

 

IMG_0642 - コピー IMG_0644 - コピー

年少さんは冬野菜の様子を見て、少し収穫をしました。

外の方が暖かな日でした。

 

IMG_0648 - コピー IMG_0649 - コピー

 

年中さんは大きな紙に絵の具で絵をかきました。

みんなでドロッピングしたのが楽しかったね。

 

IMG_0638 - コピー IMG_0639 - コピー

 

年長さんはホールでドミノ倒し」に挑戦です。

立てては倒れて「あ—!!」

また、みんなで黙々と立てます。

「ゆっくり、あるいて」

「しずかに!」

「間に、積み木を入れたら全部倒れないよ」

いろいろな意見が出て、工夫をします。

「出来たから、みんなにみてもらおう!」

お母さんと年少さんと年中さんをドミノ倒しに招待

しました。

IMG_0660 - コピー

みんな、楽しみでホールの前に並びます。

 

IMG_0661 - コピー IMG_0657 - コピー IMG_0663 - コピー

さて、みんなで作ったドミノを倒します。

みんなで一緒になって坂本先生の指が

最終的に倒すことになりました。

「せいのっ!」

わああ————

歓声があがります。

途中、止まったりしたけれど大成功しました。

 

IMG_0669

年長さんはみんなでハイタッチをしました。

年長さん、みんなで作って

こども芸大のみんなで見れて嬉しかったね。

 

(村瀬尚美)

 

 

  • LINEで送る

2015年12月10日  イベント

こども芸術大学に行ってきました

日々そうしているように、今日もこども芸術大学に向かう親子。

 

「こども芸術大学に行くのに、なんで僕らは京都駅にいるの?」と考える間もなく、のぞみ226号に乗り、つばさ145号に乗り、5時間37分の電車の旅。着いたのは東北の地。我々は山形に着いたのでした。

 

お母さんによる手作りのしおりを持って旅のはじまり

resize (2) 

あいにくの天気で、雲に囲まれた富士山

resize[6]

山形駅に着きました!

IMG_6762

 

今回の行き先は、東北芸術工科大学にあるこども芸術大学(以下、山形こ芸)です。

 

山形駅からバスに乗る事20分弱。京都よりも紅葉の進んだ風景の中に現れた立派な建物。ここが今回の目的地である東北芸術工科大学です。

 

「山形」こども芸術大学前にて

IMG_6773

さすが山形県です

20151118_093258_019[4]

 

山形こ芸と京都こ芸の違いのひとつは、親と子どもが関わる時間です。京都では親も毎日通学していますが、山形では毎日ではありません。京都こ芸の子ども達が親と離れてどんな姿を見せてくれるのだろうと楽しみに来たのですが、1日目から自分なりの関わり方で活動に入っていきます。いつもと違う環境の中、尚且つお母さん(お父さん)と離れても、遊びを通して互いにコミュニケーションを取っていく姿は頼もしくもありました。

 

 

お手製の京都すごろくを使い京都の説明

IMG_3613

注文が入りましたよ!

resize[2]

積み木のロケットはどこへ飛んでいくのでしょう

IMG_3539

ビブスをつけてのサッカー(日本代表対仙台代表)

IMG_3590

小麦粉を使ったクッキー作り

IMG_3811

 

自己紹介の時間を設けてもらったのですが、その様子がこちら。

 

お囃子に合わせて登場です

IMG_3672

 

祇園祭のお囃子が鳴り響く中、お母さん達がダンボールなどで岩戸山の鉾とともに登場です。「京都からやってきた!」という印象が強く伝わったのではないでしょうか。京都の親子が登場した後に出てきたのは大きなお鍋。覗いてみると、中には大きな「たまこん」が姿を現しました。山形のお母さん達が山形名物玉こんにゃくを作ってくださったのです。もちろんみんなでおいしく頂きました。

 

こんなに大きいのです

IMG_1991

京都の親子から大好評だった「たまこん」

IMG_6797

 

交流中は給食も頂きました。これも京都では経験できない事です。とても美味しかったようで、京都の子ども達は何度もおかわりをしていました。

 

みんなで一緒に食べるご飯は美味しいね

IMG_6957

いただきますのごあいさつ

IMG_6955

また、大学内の丘を使い、そり滑りや追いかけっこなど、瓜生山で体験するものとはまた別の自然との関わりを持つ事ができました。

 

落ち葉集め

IMG_3654

芝生の丘でそり遊び

IMG_3634

みんなで丘を遊び回ります

IMG_6826

 

京都同様、学生さんとの関わりもありました。各ブースで展開される遊びのクオリティの高さに親は驚き、子ども達は時間を忘れて遊びこんでいました。

 

船長になって海を渡りきろう!

resize[9]

ひとつひとつの素材がとてもリアルでした

resize

自分達で名前を付けたケーキはちゃんと飾ってもらえます

resize[8]

全部玉を入れるとカラフルな麒麟が現れます

resize[1]

 

学年別での活動では年長さんが和太鼓、年少さんがカラフルなてるてる坊主作りです。

 

構えも様になっています

resize[3]

なんとこの後、雨が止みました

IMG_6967

 

 

活動の中にはお互いで共通しているものもありました。

京都こ芸では「からだの時間」と呼んでいるリトミックの時間などもその1つです。京都でやっている曲もあったのですが、表現の仕方が違いました。山形のスタッフや子ども達に教わりながら、見よう見まねで身体を動かしていく京都の子ども達。戸惑いながらもピアノの音に耳を澄まして、次の動きを待ちます。

 

IMG_4125

IMG_3891

IMG_3854

 

交流中はお母さんも積極的に子ども達と関わりをもちました。今回は関西弁で描かれた絵本を読み聞かせしてくれました。本物の京都弁で読んでもらい絵本に描かれた世界がより伝わったと思います。聞いている子ども達も真剣な眼差しをしていました。

 

IMG_3014[2]

今回の交流後、京都に戻ってきた子ども達は、山形こ芸の挨拶の仕方を真似てみたり、「山形ではこうやってるよ!」とお掃除の仕方をスタッフに教えてくれたりと、しっかりと山形での経験を京都へと持ち帰ってきてくれました。

 

そして、今回参加できなかった親子のために山形交流報告会を行い、子ども達はいかに山形が楽しかったのかを、親は山形にあるもう1つのこども芸術大学とはどういうものだったのかを報告してくれました。

 

子ども達から説明が入ります

IMG_0175

おぉという歓声がありました

IMG_0173

お母さんによるお母さんのための報告会

IMG_0200

 

今回の交流を通して、こども芸術大学が掲げる「こどもこそ未来」という理念の一致を確かめる事ができたのではないでしょうか。

これからも子も親もスタッフも、遠くて近いもう1つのこども芸術大学と互いに学び合っていきたいと思います。

 

 

resize[7]

 

(村瀬浦人)

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。