美術工芸学科

2015年12月

  • LINEで送る

2015年12月18日  イベント

【日本画】第9回『放課後の日本画研究会』

こんにちは。

日本画研究室です。

 

久しぶりになりますが、放課後の日本画研究会が行われました。

第9回のテーマは「日本画しながら海外いってもいいじゃないか」でした!

 

スイス・ジュネーブに交換留学した3年生の丹羽君と、

吉川先生、菅原先生、奥村先生、中神先生、長谷川先生、佐竹先生に

海外で発見したテーマ、海外から見た日本、体験談などをお話いただきました。

 

まずは吉川先生の毎年必ず行かれているインドでのお話。

 

吉川先生が持ってきてくださったインド旅行中の動画を鑑賞。

毎日がお祭り騒ぎで熱気につつまれている様子が映されていました…!

そんなインドでのスケッチ生活、日本で生活しているありがたみなどなど、お話されていました。

 

 

次は3年生の丹羽君のスイスでの留学生活のお話。

 

スイスでの留学生活、大学の雰囲気や、日本の大学の授業との対比などなど、

たくさんの写真とともにプレゼンしていました。

また、スイス以外にもイタリア・フランスのお話も。

日本では古い建物を壊して新しい建物を建てる事が多いですが、

ヨーロッパの方では古い建物(パン工場や修道院跡など)をそのまま使って

美術館などにしたりしている事が多いというお話が印象的でした。

泊まっていたホテルの壁に普通にフレスコ画があったりと、芸術と生活が結びついている様子が伝わってきました。

 

 

次は奥村先生のフランスのお話。

 

奥村先生は大学博士課程での研究テーマで、フランスの田舎にある教会の像を研究されていました。

国も文化も宗教も違う土地で出会った像に感じた日本との共通点についてや、

フランスからスペインへの聖地巡礼についてなど、とても興味深いお話でした。

 

 

そして菅原先生もフランスでのエピソード。

 

菅原先生はヨーロッパの方でも個展をされているのですが、

そのときに巡った美術館でやはり作品は「生」でみないといけないという事を学んだとお話されていました。

いままで嫌いだった作家の絵を実際に見たら好きになった事や、

「貴婦人と一角獣」のタペストリー作品の前でいろんな人が立ち止まったり座り込んだりして、

見入ってしまって動けなくなっているエピソードなど。

本などを見ていろんな作品を知った風でいるけど「生」で見る事がいかに大切かを力説されていました。

また機会があれば菅原先生にはニュージーランドのお話もお聞きしてみたいです…!

 

 

次は長谷川先生のイギリスでのアーティスト・イン・レジデンスのお話。

 

今年の夏にイギリスに滞在して作品制作(木版画)をされてきた長谷川先生。

イギリスでは木版は珍しいらしく、他のアーティストの方からも色々な質問をされたそうです。

歌川広重などの日本の版画作品は知っているけど、

それがどうやって刷られたものとかは知らない…というエピソードが印象的でした。

また、イギリスの人々は作品をどんどん買い、それを自宅の壁にしきつめるように飾っている方が多いそうで

投資目的というよりは本当に飾って楽しむためにどんどん購入していくというお話も驚きでした。

アートと生活が自然に結びついている国民性って素敵ですね。

(ただやはりレストランの料理は不味かったそうです…笑)

 

 

次は佐竹先生の台湾のアートフェアでのお話。

 

2014年、2015年とアート台北に出品されている佐竹先生は、その会場でのお話をされていました。

アートフェアというのは作品を実際に販売する場。

もちろん見て楽しむ事もできるのですが、その作品がどんどん売買されていく様子は圧巻ですね。

日本画コースの卒業生も数名出品しておりかなり売れていたようです。

菅原先生もギャラリーから出品されており、その様子も佐竹先生がレポートしてくださいました!

 

 

最後は中神先生のバックパッカー旅行記。

 

なんとなんとアフリカ大陸です!

飛行機から降り立った瞬間から一面赤い大地で、そこに住む人も肌は黒光りしていて美しいというお話で

普段の日本の生活とは全く違う世界が伝わってきました。

現地でのバックパッカー生活、土器について・・・などなどとても濃いエピソードがもりだくさんでした。

 

 

海外にも興味がある日本画コースの学生は、先生方のいろいろな話を聞いて更に興味がでてきたのではないでしょうか。

海外に行って学ぶ事、日本にいるときに学ぶ事、どちらもすぐに結果がでるものは少ないとは思いますが、

学生のうちにいろいろチャレンジしてほしいと思います!

 

 

  • LINEで送る

2015年12月16日  授業風景

【現代美術・写真】授業紹介 「鶏卵紙に挑戦」

こんにちは!

現代美術・写真コースです。

以前、このブログでもご紹介した、現代アートワークショップという授業内で、

「鶏卵紙」という写真技法を使った実習が行われました。

「鶏卵紙(albumen print)」は、紙を卵白でコーティングし、その上に硝酸銀溶液を塗布することでできる印画紙とそれを使った写真技法です。1850年に発明され、19世紀後半にかけて世界中に広まりました。

IMG_50611

 

紙に卵白を塗っています。

IMG_50631

 

ドライヤーで乾かします。

IMG_50681

 

硝酸銀を軽量し水に溶き、硝酸銀溶液を作ります。

IMG_50691

 

硝酸銀溶液を紙に塗ります。

IMG_50811

 

出来上がった印画紙の上にモチーフやフィルムを乗せて、露光します。

IMG_49821

IMG_50901

 

暗室に戻り、現像するとセピア調の画像が出てきました。

IMG_51031

IMG_50301

 

現像した印画紙を乾燥させて完成です。

IMG_51141

IMG_51151

 

これらの作品は学期末に学内展示にて公開予定です。

この授業ではこれまで、3D写真やサイアノタイプなど様々な技法に挑戦してきました。どのような展示になるのか楽しみですね。

撮影:高橋保世、竹浦曽爾

  • LINEで送る

2015年12月16日  授業風景

【染テキ】2年生の型染め

2年生の2つ目の課題の型染め!

植物をテーマに風呂敷制作です。

 

花の部分の糊も置き。縁柄の糊も置き、最後、地の色色を染め上げる作業。

 

P1030009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人では、バランスがとれなくなって来たので、友達にHELP!

 

P1030014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも最後の仕上げ中。

 

P1030017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

染料を溶かしているところ。

 

P1030022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西尾くん、丁寧にはしから。

 

P1030025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に糊置けました〜。

 

P1030027

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

染めきった後のドヤ顔。よしよし。

 

P1030028

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、みんなの完成作品をずらずら〜っと並べてみます。

 

 

P1030075 P1030074 P1030073 P1030072 P1030071 P1030070 P1030069 P1030068 P1030067 P1030066 P1030065 P1030064 P1030063 P1030062

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年12月15日  授業風景

【染テキ】4年生合評会

先週末は4年生の合評会でした。

 

評価が決まる緊張の時。

出来てませんなんて、絶対言えない時。

とにかく、心臓が飛び出しそうになる時間

 

慌てる4年生

P1030139

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合評始まり。

P1030113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の作品はどこか日本を感じる作品が多い印象を受けました。

完成の形が着物や浴衣、幔幕、技法も植物染織、型染め、板締めなどの作品が多い

ことが理由の1つかもしれません。

 

P1030119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮本さんの作品

コツコツとまじめに、型染めと向き合う宮本さん。

卒業制作に取り組むことで、ぐっと技術力もあがりました。

手で作る仕事が好きだから。本当に純粋な作品だと思います。

 

P1030128

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片山さんの浴衣作品

大胆な大柄。盆栽や団扇、金魚鉢など日本を感じるモチーフをデザインがオモシロい。

オリンピックに向けて日本は元気になる!良き日本を再確認しよう!をコンセプトに制作しています。着た時の姿が早くみたいですね。

 

 

P1030111 P1030108 P1030107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大淵さんの作品

自分が着ているテキスタイルをモチーフに染める。

その着眼点がとてもおもしろい作品です。

 

 

P1030130

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉村さんの作品

杉村さんには独特な彼女の世界があります。

それは、なんかきっちりしていると言うより、ゆるい。

何が飛び出してくるかわからくて、ちょっとわくわく。

シンプルな世界というより、ごちゃごちゃした世界。

引き込まれて下さい。

 

 

P1030116

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西薗さんの作品

 

コンセプトがとても綺麗な作品です。

是非、卒展の時に読んでみて頂きたいです。

テグスを使った作品。よく見るととても細かい織柄が出ています。

透明感のある色が、素敵だと思います。

 

P1030089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市川さんの作品

誰もが通って来た学生時代の記憶を蘇らされる作品。

ランドセル、マンガ、ギョウ虫検査のあの青いシート。

作品を前にすると、「あ〜。わかるわかる」「あの時さ〜。」など、おもわず、それぞれの思い出話を口にしてしまいます。今回はインスタレーションで表現。

 

 

P1030104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

澤田さんの作品

おばあちゃん、お母さん、自分。

三世代で着れるテキスタイルの追求が彼女のテーマ。

老いや年代、流行を超えて楽しめることを目標に制作しています。

この背景にある、写真もまたとても良いので、是非注目してもらいたいです。

 

 

これから1週間はゼミの先生と最終ミーティング。

それぞれ、合評で気がついたところを少し手直していて、完成度を上げていきます。

 

 

2月28日から卒業展覧会始まります。

多くの人に見てもらいたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年12月10日  授業風景

【染テキ】よしおか工房に行ってきました!紅花体験

よしおか工房に行ってきました!紅花体験

 

今日は博士の野村がレポートします!

 

12月4日(金曜日)

染色家の吉岡幸雄先生の工房「染司よしおか」へ、野田先生と3年生と留学生のノーラさんと一緒に行ってきました。紅花染めを体験できるということで、長靴にゴム手袋持参でわくわくしながら向かいました。

 

DSC00491

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よしおか工房は、京都で江戸時代から200年続く染屋さんです。よしおか工房では植物の実や樹皮、根などに含まれる色素で、布や糸、紙などをさまざまな色に染める伝統的な植物染めを行っています。閑静な住宅街にひっそりと佇む工房は、緑に囲まれ、ところどころに染料として使う植物が置かれていたり、庭には作業で使う「灰汁」を採るため藁を燃やす焼却炉がありました。

 

DSC00389

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめに、紅花についてのレクチャーを聞きました。紅花は、エジプトからシルクロードを渡ってきた花です。日本では、山形県や三重県伊賀で盛んに栽培されてきました。7月に咲く、黄色の花を摘み取って乾燥させたものが染料になります。花びらには、黄色の色素と紅色の色素があり、黄色の色素を取り除いて鮮やかな紅色を染め上げます。冷たい水の中で揉み込まないと鮮やかな紅色が出ない為、よしおか工房では、12月から2月中頃までの真冬の時期に、毎日紅花染めの作業をしているそうです。

 

DSC00394

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅花を揉みだし、黄色を取り出す作業。吉岡先生の娘さんの更紗さんが、作業を見せてくださいました。紅花から出た黄色の水は捨ててしまいます。なんだかもったいない気もしてしまうけれど、美しい紅色を取り出す為には必要な作業です。

 

DSC00416

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、庭の焼却炉で燃やしていた藁の灰汁を加えて、色素を揉み出す作業を体験しました。30分間の揉み出しを、4回繰り返しました。

もみもみ、みなさんとても楽しそう!

DSC00445

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00429

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

留学生のノーラさんもにっこり!

DSC00442

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、同じ体勢での作業は思っていたより大変で、だんだんとみんな無口になっていきました(笑)。根気のいる作業でした。

DSC00428

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなのチームワークで揉み出した紅花液。この段階では、茶色に近い色味ですが、酢を加えると、一気に赤味がさします。まるで魔法のような現象!!

DSC00462

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回1kgの紅花を使いましたが、染められるのはなんとストール2枚!!!

紅色は、本当に贅沢な色だなとしみじみ感じました。このストールは、商品としてお店に並ぶそう。自分たちの手を介したものが、誰かの手に渡るなんてとても嬉しいです。

 

DSC00469

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よしおか工房では、東大寺のお水取りの椿の造り花を奉納されています。毎年、東大寺の紅花和紙を作るために最低60キロの紅花を使うそうです。60キロもの紅花の紅色を、人の手で取り出しているのだと思うと感動して鳥肌が立ちます。技術と手間と時間によって、美しい色が生まれているのだなとわかり、何百年も続く色を今みることができる幸せを感じました。

 

DSC00487

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。