空間演出デザイン学科

2015年12月

  • LINEで送る

2015年12月22日  授業風景

【ファッションデザイン基礎Ⅱ】現物鋳造

 

 

 

 

こんにちは!

 

今回は1回生の授業をご紹介します。

 

 

 

この授業では二つのクラスに分かれ、

フェルトの授業とジュエリーの授業を交互に受けます。

 

後期の授業期間の前半はフェルト、後半はジュエリーの授業を受ける、

(または前半はジュエリー、後半はフェルト)といったかたちです。

 

今回はジュエリークラスの様子をお届けします。

 

 

 

 

授業内容は現物鋳造です。

 

現物鋳造とは、鋳造機という機械にかけ金属加工を行うことで

対象の素材をシルバーや真鍮に変えることです。

 

その名のとおり、現物がそのまま鋳造されます。

 

植物など、人の手で作ることが難しいものは現物鋳造によって

細部まで作ることが出来る為、リアルな仕上がりになります。

 

 

 

 

 

 

 

まず最初に

鋳造する対象物をワックスにくぐらせ強度を少し固めます。

 

こちらはそのワックスをコーティングしている様子

DSC_9852

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_9871-420x280

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オクラやどんぐり、短くなった鉛筆、バナナチップなど・・・

たくさんのモチーフが集まりました。

 

 

 

これらをいざ工房の鋳造機へ。

 

できあがりがこちら。

 

 

鋳造 (1)

短くなった鉛筆

鋳造 (2)

歯ブラシの先端部分

鋳造 (3)

えびのしっぽ

鋳造 (4)

プチトマトのヘタ

 

 

 

 

以前の状態と雰囲気も変わって面白いですね。

鋳造後は磨きの作業に入ります。

 

 

今後の授業もたのしみです。

  • LINEで送る

2015年12月21日  授業風景

【卒業制作】4回生の最終審査がありました!

 

先日、4回生は卒業制作の最終審査がありました。

空間演出デザイン学科では夏から卒業研究発表や中間審査等を行っていて今回は最終の審査です。

約1年間、先生にアドバイスをもらいながら作り続けてきた作品の最終審査とあって

学生はみんな前日からドタバタと準備をしておりました。

 

空デの先生方は、デザイナー、建築家、現代美術家、陶芸家、宗教人類学者…と、

様々な分野の先生がいらっしゃるので色んな角度からアドバイスをいただけます。

2016年2月27日からの卒業制作展が楽しみですね。

 

DSC_0204 DSC_0058 DSC_0195

 

 

  • LINEで送る

2015年12月18日  ニュース

【受賞者情報】トラックデザインコンペ最優秀賞 西未来さん

 

 

こんにちは。

 

受賞者のうれしいお知らせです!

 

 

 

この度 太陽工業株式会社輸送トラックデザインコンペの最優秀賞として

本学科ファッションデザインコース2回生の西未来さんが選ばれました。

 

おめでとうございます!

 

 

 

今月16日に西さんの原画が塗装されたトラックのお披露目が大学前にて行われました。

 

 

 

 

DSC_0003 - コピー

トラックが大学前に到着!赤色の大きなトラックです

 

 

遠くから見るとグラデーションに見えますが

良く見ると非常に細密な柄が描かれています。

 

 

DSC_0041

 

 

DSC_0040 - コピー

 

DSC_0005

小さなパーツにも印刷が施されています

 

 

 

 

 

このトラックは東京と福岡を往復する予定なので

こんなに間近で見ることは最初で最後の機会だったかもしれませんね。

 

またどこかで見ることが出来ると良いですね!

 

 

西さん おめでとう!

 

DSC_0049

  • LINEで送る

2015年12月14日  授業風景

【空間演出研究】卒業制作展の空間構成を考える

 

 

今年も卒業制作展の空間構成をつめていく時期になりました。

空間演出デザイン学科は毎年作品だけでなく、空間構成、DM、講評会イベント等の

会場作りも4回生が行っています。

 

週に一回の空間演出研究の授業の中でどんな空間構成にするかをリーダーを中心に考えます。

今週は学生が作った模型を元に作品のボリュームをみんなで確認したり、各自作品の展示場所を決めました。

 

DSC_0031 DSC_0033

 

今年も昨年同様、自分達が普段使用している教室で展示を行う為、

模型は空間デザインコースの学生が制作しました。

上手にできていますね!

 

DSC_0013 DSC_0026

 

各教室ごとにチームに分かれて配置を確認中です。

自分の作品の隣にどんな作品が来るのか、どのくらいのスケールなのか確認して行きます。

 

DSC_0019

DSC_0041

 

こちらは先生と展示台の相談中です。

展示台でイメージを揃えるみたいですね!どんな空間になるのでしょう。

楽しみですね。

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。