こども芸術学科

2016年1月

  • LINEで送る

2016年1月16日  授業風景

子どもであり続ける為に/池宮中夫先生による特別講義

こども芸術学科1回生の造形基礎Ⅰの授業に特別講義講師として、舞踊家でありアーティストの池宮中夫先生に来ていただきました。

 

1月13日(水)に、大学内の一番高い場所にある千秋堂にて3、4講時の授業を様子をご紹介いたします。

■授業テーマは、

「子どもであり続ける為に 芸術の価値と働きかける力を問う」です。

芸術の役割、意義、必然を体験し学生自身の秘めた、眠っているポテンシャルを引き出すことを狙いにしています。

 

−呼吸で身体を動かし、既成概念や観念に囚われた自身を解き放つ−

演習1:意識した呼吸で動きの効果を実感、応用、表現へ繋げる。

演習2:場所やモノ、ひとにより呼吸が変わることを体験 発想や魅力を個別やグループで掘り下げる。

bIMG_1983

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが、大学の一番高い場所にある千秋堂です。木つくりで、周りは木々に囲まれて素晴らしい環境です。

 

まず、先生からお話を聞いて、身体をつかうダンス、舞踊、パフォーマンスなど様々な手法により実践的に演じ発表をしてきているので、呼吸や体の機能に関する知識は、私たちにはとても新鮮でためになるお話ばかりです。

最初は、固くなった現代人の私たちの体をほぐしながら体や精神を解き放って行きます。布団の片付けイメージで、下から放り投げるように体と腰、手を大きく動かします。先生は、はやく布団を片付けなさーいと言葉で発しながら大きく体を使う行為は、まさに遊びを入れながらのストレッチで楽しく授業がはじまりました。

bDSC_9665

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも、2人一組になって、足を脱力し立っている人が足を縦横に揺すり足の力を抜くことをします。寝ている人の体の力が脱力したら、足を持って引っ張って動かします。寝ている人がいかに体の力を抜けるかが大切な要素で目をつむり、ゆだねる行為は究極なリラックスを体感出来るようでした。常勤の教員2人も体験しまして、とても心地のよい宙に浮いているような感覚はとても新たな発見でした。

その他、数名での動き、グループでのスナップショットでポーズを取るなど子どものような楽しげでそれでいて、身体を豊かに使う授業が続いて行きます。

 

bDSC_9738

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、室内の授業のあとは、千秋堂から歩いて30秒に位置する楽心荘で授業が行われました。ここも京都市内が一望出来る素晴らしい環境です。デッキがあり、このデッキで数名での鬼ごっこがスタートしました。とても俊敏に動きまわり、子どもにほんとかえっている感じでした。普段忘れている体の動き、感性、歓声を呼び覚まされていくようです。

bDSC_9749

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bDSC_9816

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら楽心荘と隣合わせる山の斜面にて、一人一人ポーズを決めて全員でパフォーマンスをしました。決まってますね。

最後は、千秋堂に戻り、4名で背景に音楽を流し短時間のパフォーマンスをして発表をしました。

 

 

「子どもであり続ける為に 芸術の価値と働きかける力を問う」として、授業を行っていただきまして大変有意義で体に眠っていっるポテンシャルや感情などを発見出来たのではないでしょうか。とにかく、授業の間笑い声と真剣な瞬間、ゆっくり動くこと瞬発的に動くことなど、規則正しい大学生活の在り方に一石を投じるような授業の在り方であり、こども芸術学科の学生達には特に貴重な授業を受けられた感じます。

 

池宮先生は、授業の冒頭で、芸術とは何だろうと考える前に、また教わるとか、資格を取るとか決められたことを消化していくカリキュラムはとっととやってしまい、勉強する時間の「それ以外のものがあり大切で」、今まさに直面しているはずだと。自分の時間であり、自分の環境を大事にして欲しいと。頭、体、感覚を資源として持ち歩いていって、大学と言う場と瓜生山と言う環境の資源を出会わせて、仲間と意見を語らい、潜在しているものを引き出し合うことが出来るのであれば、生きていること、生活していること、大学で活動している中でこれって「芸術」じゃないかと言う気づきを見出せるのではないかと。

「子どもであり続ける為に」は、混沌とした現代社会の中で頭と体が凝り固まったものをほぐして行き、子どもの頃に持ち得ていた純度のある感受性や身体の柔軟性などをあらためて見つめ受け取り直し、その中でも進化して行くべき未来と社会にいかしつなげていくことなのかなと思います。

 

 

今回の授業前に、池宮先生にこども芸術学科教員の村山の作品とのコラボレーションパフォーマンスをしていただきましたので、その時の様子も少し紹介いたします。

 

テーマは、「デバイスー身体技法」として、

京都造形芸術大学・瓜生山キャンパス、人間館1階ピロティsyoDSC_9476にて20分間パフォーマンスが行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

syoDSC_9575

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

syoDSC_9587

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

syoDSC_9618

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒風の中、ゴミのように台車に乗せられて来て、そこから落とされてパフォーマンスがはじまりました。白と黒のマントに身を包み、風を受けながら縦横無尽に村山の作品と観者の前に躍動しました。総ての動きと静止した時の動きも絵になる美しさであり、身体の可能性と人間に潜むうずまいている感情をダイナミックに感じることが出来素晴らしいものでした。

 

今回は、東京から京都までお越しいただきました池宮先生本当に有り難うございました。京都造形のため、こども芸術学科のため、大きな学びの時間をいただきました。

 

(教員・村山修二郎)

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年1月9日  イベント

池宮中夫によるパフォーマンス+村山修二郎 作品とのコラボレーション

舞踊家でありアーティストの池宮中夫氏を特別講義講師として、東京から京都造形芸術大学にお越しいただくことになりました。

 

世界でも活躍する池宮氏は、1990年代に村上隆(現代美術家)、中村政人(アーティスト・東京藝術大学教授、3331統括ディレクター)、岩井成昭(アーティスト・秋田公立美術大学教授、学部長)、小沢剛(美術家・東京藝術大学准教授)などの同世代のアーティストと共に、さらに多くの美術関係者を巻き込んだ様々なプロジェクトにより日本のアートシーンを先導して来ました。現在は、ダンスカンパニーノマド〜sの代表の一人として、国内外で公演を行っています。
b.ikemiya.photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©福地波宇郎

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、京都造形芸術大学にて特別講義を行う経緯は、こども芸術学科教員の村山が芸大・美大研究所の立川美術学院の学生時、講師でありました池宮氏と縁があり、また近年秋田県大館のゼロダテアートプロジェクトや福島県いわきの田人アートミーティングなどの参加作家として共にしたことで、今回コラボレーション含めパフォーマンスとワークショップ(こども芸術学科学生対象/授業テーマ:子どもであり続ける為に 芸術の価値と働きかける力を問う)をしていただくことになりました。

現在も、日本や世界のアートシーンで重要なポジションにいる池宮中夫、村上隆、中村政人、岩井成昭、小沢剛は皆同じ美術学院で講師をされていて村山も指導を受けた方々であり、今回共にコラボレーション出来ることは大変感慨深い思いがあります。こども芸術学科の学生には、これからこどもと関わることが多い環境の中、身体を使うこと、動くこと、呼吸すること含め、大学で絵などを学ぶ以前にもっと大切な生きることの根源を体全体で学べる大きな機会になるのではと思います。

b.Ikemiya.syo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池宮 中夫 (いけみや  なかお)   Nakao Ikemiya
1959年東京中野生まれ。多摩美術大学絵画科油画抽象専攻卒業。インスタレーション・演劇・舞踊・パフォーマンスなど国内外で活動。1989年旧西ドイツにて多くの舞踊作家に学び、欧州各地、韓国等でソロ活動。1992年よりダンスカンパニーノマド~sの演出・振付。表現の必然・発表の意義を現在に問い続ける。空間性の強い作品を特徴とし、劇場のみならず美術館や倉庫でも上演。2015新作に『群生する耳–ミヌート』『詳らかなmelancholy』主な委嘱ワークショップは、目黒区美術館・世田谷パブリックシアター・水戸芸術館・ケウォン美大(ソウル)・ストア(ヘルシンキ)・長崎県美術館等、武蔵野美大・東京藝大・多摩美大で非常勤講師。

 

 

タイトル:デバイスー身体技法
日時:2016年1月13日(水)、12:20分から12:40分まで(12:10分にお集りください。)
場所:京都造形芸術大学・瓜生山キャンパス、人間館1階ピロティ
    (白川通りから大階段を登り、人間館1階入口前のスペース)
※ 観覧は、無料です。誰でも見られる場所ですので、是非この機会をお見逃しなく!

 

 

b.4syomurayama.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回はこども芸術学科の教員の村山修二郎の作品とのコラボレーションパフォーマンスになりますので、少し村山作品についてお話をいたします。

 

b.DSC_5924

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の野外の制作写真は、2014年秋田県北秋田市の、秋田森のテラスでのものです。森のテラスで育てているダリアの花が腐りダメになる一歩手前のものをいただき、手で直接紙に擦り付けて感謝し描いたものです。この手法を、「緑画」と名付け唯一無二の絵画手法として近年様々な地域に行きその地の植物を用いて絵を描いています。花、葉、実、枝などまさに自然そのものの植物の総てを使い描きます。また、この時も地元の前田小学校の子供達と、「緑画」のワークショップを行いました。制作する場では必ず、地元の子供達と自然を介して共有し私も学びたいと言う思いから自然を介したワークショップをしています。幼少期の自然体験と芸術体験の両方を同時に行うこの手法は、2009年から全国の小学校や児童館、保育所などで開催し現在も継続しています。

下の写真は、2015年10月に東京神田で行われたTRANS ARTS TOKYOと言うアートプロジェクトに参加したときの作品です。都市の雑草を集め、草の輪(茅の輪)をつくり、廃墟ビルの屋上に設置しました。京都に来て良く目にする茅の輪の在り方に感銘を受け、作品化しています。今回のコラボレーションの中にも、草の輪を展示します。展示は、このパフォーマンスの一瞬のためだけにつくり、京都の地や文化などに敬意とインスパイアした内容になっています。

外に出て、自然から学び、地域から学び、人から学ぶ機会を大学の授業の中でも、多くつくっています。

 

それでは、京都の地で池宮氏のパフォーマンスを生で見られる、またとない機会であり、今、この場につどいエネルギーを沢山の方々と共有したいと思います。是非お越し下さい。

 

(教員/村山)

 

 

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。