空間演出デザイン学科

2016年1月

  • LINEで送る

2016年1月26日  イベント

【展覧会のお知らせ】experimental studies 5

展覧会のお知らせです。

 

空間演出デザイン学科2回生のエキシビションゼミ(担当教員:八木良太)の展覧会が行われています!

 

このゼミは空間デザインコース、ファッションデザインコース合同ゼミです。

 

エジソンの蓄音機、ポールセンの針金録音器、ダヴィンチの遠近法、リュミエール兄弟のシネマトグラフ等、様々な発明品が歴史上にはありますが、この授業では発明品と発明家を一つ選び、その発明家の足跡をたどり過去の実験を自分なりの形で追体験する授業です。

その成果展を美術工芸学科2回生現代美術写真コースの2回生の成果展と共に本大学の瓜生館1Fで行っています。

既に会期は始まっていますが、ぜひご覧下さい!

 

【 experimental studies 5 】

2016年1月23日(土)ー2月2日(火)

OPEN 11:00〜18:00

京都造形芸術大学 瓜生館1F

 

img07509 img07510

  • LINEで送る

2016年1月22日  イベント

【展覧会のお知らせ】WHAT IS THIS 展開する境界線

 

 

展覧会のおしらせ

 

空間デザインコースの3回生が空間演出の授業において

境界を巡る対話やワークショップを後期を通して行ってきました。

それらから浮かび上がった発見の道筋を本展覧会でたどっていきます。

エイブルアート・カンパニー所属アーティストの牛窪アイボリーさんの作品から

触発され、ドローイングの立体化を試みる「WHAT IS THIS」という作品群と、

それらの作品制作に至るまでに行った「にくい道具」、「インプレ」という小さな課題の成果も同時に展示します。

 

この展覧会を通して私たちの暮らしに欠かせない楽しみや遊び、想像力について考え、私たちが思い込んでいるさまざまな境界線を押し広げることができればと考えます。

 

【WHAT IS THIS 展開する境界線 牛窪アイボリーさんとの対話】

2016/1/23(sat) 〜 2/5(fri)
11:00 〜 17:00
(1/25と2/1は閉館日です)
観覧料は無料です。
〒630-8044
奈良県奈良市六条西3-25-4
たんぽぽの家 アートセンター HANAギャラリー
展開する境界線-両面 展開する境界線-

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年1月8日  ニュース

【受賞者情報】トヨタカローラ壁画コンペ最優秀賞 中川ちほりさん・白樫琴美さん

 

 

自動車のショールーム、トヨタカローラ山科店で期間限定のガラス壁面に描く巨大塗り絵の原画募集がありました。

テーマは水族館。高さ2m×幅25mのガラス窓です。

来店するご家族や子供達が参加してもらえる塗り絵の原画募集でした。

 

そして、空間デザインコース2回生の中川ちほりさん、白樫琴美さんのペアの作品が採用されました!

 

12月から順次、山科区内の児童館や図書館で塗り絵のワークショップが行われ、

その作品がトヨタカローラのお店で貼り出されていきます。
原画を制作した中川さん、白樫さんも講師としてワークショップに参加しています!

 

以下はワークショップの様子です。

DSC_2456

こどもたちが塗り絵をする前の原画

DSC_2455

大きなクジラのまわりに小さな魚達が泳いでいます。

DSC_2471

こどもたちが夢中で塗り絵をしています!

 

DSC_2473

紫と黄色でセンスの良いお魚になりました

DSC_2536

こどもたちが描いた塗り絵がこちらです!

DSC_2491

このようにガラス窓に貼り出されます。

DSC_2552

夕日に照らされて綺麗ですね。

 151110toyota - 1

受賞した2人!おめでとうございました!

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。