美術工芸学科

2016年2月

  • LINEで送る

2016年2月28日  イベント

【染テキ】卒業展覧会、はじまりはじまり!!!

卒業展はじまりました。

 

昨日は美術工芸学科の講評会。

いつもは日本画からはじまりますが、今年は現代美術写真から。

上にも下にもたくさんの人。

どんな辛口コメントが飛び出すでしょうか。

 

P1030616

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲストは、国立国際の中井先生と、インドからの芸術家さんお二人。

瀬戸内芸術祭が3月20日からはじまりますが、お二人はそちらで制作展示をされるようです。

 

P1030613

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通訳はエリック先生。そして、現代美術写真の学生さんとアルトテックの柳生さん

ぞろぞろぞろと回診が始まります。(わたしはこの回診が好きです。)

 

今回のコース

現代美術写真→総合造形→染織テキスタイル→油画→日本画

 

ということで、染織の番がまわってきたのであります。

 

P1030623

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の作品は、じっくりと技法、素材、テーマに向き合った作品が多く見られると思います。

お着物、型染め、板締絞、古典模様、七十二候、色、テグス、柄

 

P1030661

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030643

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし!実は、ジュエリーやインクジェットの洋服。インスタレーションもなかなか、

オモシロいコンセプト。自分と自分の関係性や自分と他人との関係、家族、そこには学生自身の今考える悩みや疑問、考えが良く現れている作品だと思います。オモシロいです。

 

P1030667

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030668

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030672

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、自分で身につける事のできるアートなので、その点も注目して頂きたいですね。

 

今回一番よく売れているのは手拭のシリーズ。

そして、よくお声がかかっているのは、大塚さんの着物です。

 

P1030626

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四万十川をテーマに作った、真ん中の水色のお着物。

とても美しいです。

是非、作家と話かけて頂き、作品1つ1つのストーリーを聞いて頂けたらと思います。

 

P1030640

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030643

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030644

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030638

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年2月27日  イベント

卒業展スタートしました

こんにちは、日本画コースです。

 

いよいよ、本日から卒業展がスタートしました!

 

日本画コース4年生は、この為に去年からずっと準備を進めてきました。

作品も4年間の集大成とあって、見応えのある作品が勢ぞろいしています!

 

●NC606教室のようす

_MG_0519

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●ポートフォリオもおしゃれな感じに配置されています

_MG_0520

 

●NC601・602教室のようす(一部)

_MG_0529

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●NC506教室のようす

_MG_0530

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_0531

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各階、それぞれの学生が工夫を凝らして展示しています。

 

日本画コース展示会場は、

 

NC棟 5階 506教室

6階 601・602教室

603教室(模写クラス)

606教室

 

上記の教室内にて行っております。

 

 

 

また、イベントも行っております。

 

●2月28日(日) 13:10~

日本画コース・油画コース合同講評会

『立島惠に訊け!』-美術の窓出張ライブ版ー

 

雑誌「美術の窓」のコーナー、『立島惠に訊け!』をその名の通り、

出張サービスで行って頂きます!

 

佐藤美術館学芸部長の立島惠先生と、「美術の窓」編集部部長の小森佳代子さんを

お招きし、作品の講評会と質問会を行います。

13:10にNA館ギャルリオーブをスタートし、その後NC棟3階油画コースから順に

巡回します。

 

●3月1日(火) 15:00~ NC603教室

模写クラス講評会

※恐れ入りますが、模写作品の為、お越しになられた際の撮影はお断りしております

 

●3月5日(土) 10:00~ NC506・601・602・606教室

制作クラス講評会

 

お時間ある方は是非ご観覧ください!

 

 

 

学生共々、皆さまのお越しをお待ちしております!

以上、日本画コースでした。

 

 

  • LINEで送る

2016年2月16日  イベント

【現代美術・写真】在学生展覧会情報:竹浦曽爾個展「Matters related to Places」

現代美術・写真コースです。

2/16(火)より、2年生在学中の竹浦 曽爾さんの個展「Matters related to Places」が、

京都市内のギャラリーgallery素motoにて開催されます。

aaaaaaaaaa

back_1 

 

竹浦 曽爾個展 

takeura soni solo exhibition 

 

“ Matters related to Places ”

 

会期:2/16〜2/25(closing party) 
 open 13:00〜close 21:00(最終日は22:00まで)
作家在廊日:
16、17、18(18:00〜)、19(18:00〜)、20、21、22(19:00〜)、23、24、25

 

http://www.art.zaq.jp/gallery_moto/galleryMoto_home.html

 

  • LINEで送る

2016年2月6日  ニュース

★★先輩のJUMP★★

 美術工芸学科で学ぶ先輩、卒業した先輩たちの「今」の姿を紹介するサイトがオープンしました!

この大学で学んで、また卒業して、新しい世界へJUMPする先輩たちを紹介しています。

 

熊谷

 

アートな先輩たち

http://www.kyoto-art.ac.jp/art/department/finearts/senpai/

 

 

 

みなさんより少し先に、先輩たちはどんな学生生活を送って、卒業後の「今」は

 

どんな姿なのかをのぞいてみましょう。 

 

今カッコ良くキラキラしている先輩も、

 

大学に入ったきっかけはちょっとしたことだったり、恥ずかしい失敗談なんかも

 

あったりします。(実は)

 

そんなエピソードも紹介していますのでぜひ見てみてください。

 

 

★学科長の椿先生からのメッセージ★

 

 

このサイトは、高校生のみなさんに美術工芸学科を卒業(修了)した先輩たちの飾らない姿をご紹介するために制作しました。アートはほんとうに喰えないのでしょうか?その状況はいま急速に変化しています。もちろん現実は厳しいのですが、野球やサッカーと同じ割合でスターを生み出す事は可能となりました。また、自治体の職員となってアートで街を元気にする人材は引く手あまたの状態です。さまざまな立場でアートの力で社会を輝かせたいと思う高校生のみなさん、このサイトを見ていつでも授業を見に来てください。

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。