映画学科

2016年2月

  • LINEで送る

2016年2月29日  ニュース

上川周作さんの出演情報

「北白川派」製作、福岡芳穂監督作品『正しく生きる』に出演した卒業生たちの活動情報第2弾は、「森優樹」役を演じた上川周作(5期生)さんです。

 

p_kamikawa

 

上川さんは去年卒業してから「大人計画」に所属し活動の場をテレビ、舞台、CM等に広げています。

 

現在放映中の「ジャパネット」企業CM「Good for you」の「つながる」篇に出演しています。

 

4月14日(木)~24日(日)東京「本多劇場」での「大人計画」の舞台『あぶない刑事によろしく』に出演します。

 

また年末に渋谷「パルコ劇場」他で上演されます宮藤宮九郎作・演出『サンバイザー兄弟』にも出演を予定しています。

 

index

 

その他『正しく生きる』出演者の情報はfacebookをご覧下さい。

 

次回の出演者情報もお楽しみに。

 

 

 

  • LINEで送る

2016年2月28日  イベント

映画学科卒展イベント情報

本日2月28日(日)13時より高原校舎Aスタジオで卒制・村上組『お姉ちゃんは鯨』上映後に、瀬々敬久監督(「ヘヴンズストーリー」「アントキノイノチ」など)をお迎えして、本学科長の高橋伴明監督、村上組を交えてトークショーを開催いたします。

 

村上組スクリーンショット のコピー

 

お時間の御座います方はぜひ足をお運び下さい。

 

以下本日以降のイベント情報です。

 

3月2日(水)13時 「難民映画祭」出展作品岩佐寿弥監督『オロ』特別上映

          宗田勝也と学生によるトークショー

 

3月6日(日)17時15分~ 青山真治監督X鈴木卓爾監督X柘植組のトークショー

 

以上よろしくお願いします。

  • LINEで送る

2016年2月27日  イベント

卒展スタート!!

本日2015年度卒展がスタートしました。

 

IMG_2924 のコピー

 

映画学科のある高原校舎内Aスタジオでは10時半から各賞の授与式を行った後、Aスタジオと試写室及び本学@カフェのブースで映画を上映が始まりました。

 

IMG_7562 のコピー

 

IMG_7504 のコピー

 

IMG_2914 のコピー

 

またBスタジオでは焼きぞば、トン汁などの販売もしております。

 

IMG_2934 のコピー

 

ぜひ高原校舎と@カフェ内のブースにお越し下さい。

 

CcJHvqLUEAI_8gg.jpg large のコピー

 

  • LINEで送る

2016年2月25日  ニュース

宮里紀一郎さんのテレビ出演

「北白川派」製作、福岡芳穂監督作品『正しく生きる』に出演した卒業生たちの活動が活発になって来ています。

順次お知らせして行きますのでご期待下さい。

 

先ずは『正しく生きる』で「内田圭」役を務めた宮里紀一郎さん(4期生・「株式会社アプレ」所属)から紹介します。

 

DSC_8848-200x300

 

来週2月29日(月)「フジテレビ」で放送中のドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』第7話に出演します。

 

番組HPはコチラです。

 

映画『正しく生きる』公式サイト

 

映画『正しく生きる』facebook

 

次回は「森優樹」役で出演した上川周作さんを紹介します。

  • LINEで送る

2016年2月18日  ニュース

土居志央梨さんの映画出演情報

去年映画学科俳優コースを卒業した土居志央梨さん(5期生・「ファザーズコーポレーション」所属)が現在公開中の以下の2本の作品に出演されています。

 

doi

 

福山功起監督『鉄の子』

02
東京  角川シネマ新宿  埼玉  MOVIX川口  愛知  センチュリーシネマにて公開中。
(関西ではこれから公開)
佐々木瑠奈役で出演

『鉄の子』HPはこちら

 

杉野希妃監督『マンガ肉と僕』

03


東京  新宿K’s cinema  大阪  シネヌーヴォ  京都  京都みなみ会館  兵庫  元町映画館
モエカ役で出演。

『マンガ肉と僕』HPはこちら

 

2作品とも現在公開中ですのでお時間のある方はぜひご覧下さい。

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。