文芸表現学科

2016年3月

  • LINEで送る

2016年3月31日  授業風景

にゃんこ大戦争の裏側にあるもの|企業取材記事

1回生の「アーティクルライティング」の授業では、さまざまな場所を訪問して取材したり、インタビューをしたりして、記事を書いています。12月には、京都市下京区にあるポノス株式会社を訪れました。学生の記事のなかから、ひとつを紹介します。
 
 
>> ポノス株式会社ホームページ
 
 
キモカワにゃんこを売りにしたスマホゲームをご存知だろうか。競争の激しいスマホゲーム業界の中で根強い人気を誇り、ついに今年2200万ダウンロードを突破した「にゃんこ大戦争」だ。誰でも描けそうなキモカワにゃんこと、単純明快なルールから、大人だけでなく小学生にも人気がある。キモカワにゃんこグッズもウケがいい。今回はそんな、にゃんこ大戦争を手がけるゲーム開発会社「PONOS」にお邪魔し、ゲーム作りの現場や働く人たちを取材した。
 
 
明るくて、開放的なオフィス
 
ポノスのオフィスは、京都の四条通りに面したビルにある。8階のオフィスからは、ちょうど祇園祭の山鉾巡行が見えるらしい。管理部の柏亮平さんと西野友彩さんに案内されて入ったオフィスは、思っていた以上に開放的で、会社というよりもお洒落なカフェに近かった。白とレンガを基調にした壁、360度ガラス張りの会議室、芝のようなカーペットが敷いてある広場など。ガラス張りの会議室の中では、ちょうどにゃんこ大戦争の開発メンバーによる会議が開かれていて、柏さんは「ガラス張りだとサボれないんですよ」と笑った。芝のようなカーペットの上では、ごはんを食べたり、会議をしたり、休み時間になると筋トレを始める人もいるそうだ。カフェに近いと書いたとおり、少し前までは会社の入り口に扉がなかったため、カフェだと間違えて入ってきた人もいたとか。今ではプロジェクションマッピングが投影された扉があり、インターフォンを押した訪問者を「Welcome」の文字で歓迎している。
 

柏亮平さんと西野友彩さん

柏亮平さんと西野友彩さん


ガラス張りのミーティングルーム

ガラス張りのミーティングルーム


「芝生」スペース。全員での会議や、採用説明会などにも利用。

「芝生」スペース。全員での会議や、採用説明会などにも利用。


 
 
オフィスの中にBARがある?
 
ポノスのオフィスを訪れて一番驚いたことは、オフィス内にお酒が飲めるバーがあることだ。しかも、フリードリンク。社員は午後7時以降、お酒が飲めるようになっている。お酒好きにとってはなんとも嬉しいサービスだ。
なぜ社内にバーがあるのか。それはゲーム開発会社ならではの理由だった。ポノスで働くのは、デザイナーやプログラマーといった人たちが多い。特にプログラマーはインドアな人が多く、普通のサラリーマンのような、いわゆる「飲みニケーション」をする機会が中々ない。そこで、社内にバーがあればそういった機会も作れるのでは? と社内にバーを作ったそうだ。ちなみにお酒以外にも野菜ジュースや水、レッドブル、炭酸飲料などがたくさんあった。もちろんどれも無料だ。無料でお酒が飲めるなら、みんな喜んでバーに集まる・・・かと思いきや、社内にあると逆に使わないらしい。今は週に1回ほど、お酒好きな人がバーテンをしている。飲み物は社員の好みで揃えるため、養命酒が入っていたこともあったそうだ。ちなみに、仕事中に飲むのはもちろん水である。
 
週末は誰かがバーテンになったりもする。

週末は誰かがバーテンになったりもする。


ponos_05
 
 
ゲームを作っているのは、こんな人たち
 
どんなゲームでも普通は、プロデューサー、デザイナー、プログラマーの三つの役職の人たちが協力して製作する。ポノスの社員はにゃんこ大戦争を作った当時9名しかおらず、なんとにゃんこ大戦争はたった3名で製作された。もちろん、各役職が1人ずつしかいないので人手はかけられない。「誰でも描けそう」と言われているにゃんこ大戦争のにゃんこ達は、実は「人手のかからない簡単なデザインにする必要があった」という切ない事情から生まれていた。
そんなポノスは現在、75名の社員を抱える会社にまで成長した。ポノスでは女性社員も多く、75名の社員のうち、1/3が女性社員で構成されている。傾向としてプログラマーは男性が多く、デザイナーは女性が多いようだ。意外だったのは、外国人社員も多かったこと。なんと75名中、20名が外国人社員だった。にゃんこ大戦争は海外バージョンも制作されているため、それに合わせて韓国や中国、オランダ、ベルギー、南アフリカなど、様々な国からやってきた外国人社員たちが、海外版のにゃんこ大戦争を手助けしている。
 
もちろんポノスでは新卒もとっていて、今年は5人の新入社員を迎えたそうだ。驚いたのは、新入社員がチームを組んで、いきなりスマホゲームを開発するという新人研修があることだった。デザイン、開発からパブリッシュまでを通して体験することで、少しづついいものを作れるようになっていくそうだ。
ゲーム制作会社ということもあり、やはり社員はゲーム好きな人が多い。柏さんいわく「とんでもないゲーマー」もいるとか。ポノスの社内にいると、雰囲気や働く人たちから、ゲームに対する愛情がじわじわと伝わってくる。
 
長いフロアは奥へ行くほど高くなっていて、全体を広く見渡せる工夫がされている。

長いフロアは奥へ行くほど高くなっていて、全体を広く見渡せる工夫がされている。


 
にゃんこのぬいぐるみも、至るところに。

にゃんこのぬいぐるみも、至るところに。


 
 
ポノスを楽しむ
 
ポノスでは祇園祭になると、浴衣で出勤すると社長から金一封をもらえるという「浴衣デー」がある。しかもその日の昼は、社内でお酒を飲んだりして、仕事をしなくてもいい。8階のオフィスで祇園祭の山鉾巡行を見ながらお酒を飲むなんて、あの凄まじい人波に押しつぶされながら祭りを鑑賞するよりよっぽど優雅で贅沢な楽しみ方だ。うらやましい。ポノスでは浴衣デーの他にも、月に1回の飲み会や、年に1回の社員旅行、デジタル一切なしのキャンプなど様々な催し物がある。
自分の好きなフィギュアが仕事場に持ち込み可能だったり(仕事机にずらっと並んでいたフィギュアが衝撃的だった)、セーラー服での出勤がOKなど、面白い規則もたくさんある。取材中に思わず「こんな職場で働きたい」と思ってしまうほどに魅力的な職場だった。
 
今年で3周年を迎え、ますます色々な人たちに遊ばれるようになったにゃんこ大戦争。数多くの人を楽しませ続けているゲームの裏側には、同じようにゲーム作りを楽しむ作り手、そしてそれを支えるオフィスがあった。
 
 
文・ 西村有美香(文芸表現学科1年)
 
 
◇おなじ授業で、美術展に行ったときの記事はこちらからご覧いただけます
「はじめての美術展―「マグリット展」を観る」
 

  • LINEで送る

2016年3月4日  ニュース

受賞作品発表と講評

 
今年の卒業制作作品36本のなかから、2月28日(日)に行なわれた講評会で、受賞作品7本と、特別賞受賞作品が決定しましたので、以下に発表します。
 
 
gold 
学長賞
松陰菜緒「丹祈」
 
 
 
「丹祈(たんき)」とは、真心を込めた祈りを意味する。この小説の主人公ゆかりは、キリスト教の教会に通い、神に対して素直に祈ろうと試みる。だが、その祈りは、決して教会で祈るというだけの意味ではない。宗教的な姿勢というより、「誰にも求められていない」人間がどのように生きていったらいいのかと必死に懊悩し、模索する祈りである。彼女は「疑い」、「妬み」、「絶望」というような心の苦悩を経て、一つの啓示を得る。夢見るだけでは理想は現実にならないのだ、と。魂の餓えを丹念に描き、精神の奥底まで手が届いた、至高の小説。(教員コメント/校條剛)
 
11161039
 
 
silver 
優秀賞
清水皓平「ペレト・エム・ヘルゥ」
 
 
 
大学生、あるいは若者たちの日々。どちらかと言えば、過去の卒業制作を始め、本学科の学生が好んで取り上げる物語の設定ではある。ことに卒業制作の場合、記念という意味合いから、これまでもこの種の設定は使われてきた。しかし本作がほかの小説と異なるのは、漫然とし、怠惰な日常を描写しながらも、登場人物がいきいきとしている。これに至った要因は、作者が「終らない一日」というテーマを明確に定め、物語を展開していったことがあげられる。その結果、単にノスタルジアに陥らない、人生のある瞬間の輝きが小説の中で生まれた。(教員コメント/新元良一)
 
11261015
 
 
bronze 
奨励賞
阿久津統子「彼女のように泣き喚け」
 
 
 
四人の大学生の日常に潜む内的葛藤を、淡々として冴えた筆致でとらえた群像劇である。ストーリーの過剰なドラマ性に頼ることなく長尺を書き終える、安定した力量も感じられる。この作者の今作における、特筆すべき新味は、どのような場面作りをするかということに最大の関心が寄せられているということだろうか。主要人物群の造型も、明快な輪郭を備えている。しかしその反面、それぞれが抱える葛藤や内的ドラマがやや図式的かつ合理的にすぎる観が否めず、少々頭でこしらえた感じが残るのがとても惜しい。自作の作品世界を信じ、その自律した運動に思い切って身を委ねることで、今後の大躍進を期待したい。(教員コメント/辻井南青紀)
 
11261001
 
 
bronze 
奨励賞
末廣華穂「入れ替わりプログラム」
 
 
 
RPGゲームの非公式プログラムをダウンロードしたことで、現実の世界のイツキとゲームのなかのロビンが入れ替わることになる。中身はイツキであるロビンがゲームをクリアしなければ、イツキは現実世界に戻って来れないというストーリー。ライトノベルのメガヒット作品『ソード・アート・オンライン』に似た状況設定ではあるが、リアル世界で学校生活を送るロビンの側のストーリーを並行して見せるというパラレル・ワールド構成は本邦初か。要所要所に謎を仕掛け、読者の興味を引っ張る工夫、じらし方などほとんどプロ並みの技を見せてくれる。(教員コメント/校條剛)
 

表紙イラスト・正木ゆうひ(情報デザイン学科3年)

表紙イラスト・正木ゆうひ(情報デザイン学科3年)


 
 
bronze 
奨励賞
中山顕「狭い光」
 
 
 
本作に描かれているのは、一組の男女の恋愛関係である。男は(おそらくは)愛を知っているがゆえに愛の意味を理解することができず、女は愛を知らないがゆえに懸命に愛そうとする。したがって二人が幸せになれないことは論理的必然である(女の名「幸」には痛烈なアイロニーを感じずにはいられない)。救いようもなく愚鈍な碧と、不安によってのみ下支えされた幸の愛。一見通俗的にも思われる二人の人物造型は、逆説的にも二人のすれ違いにアクチュアリティを与えている。読者はこの作品のなかに、作者が(そして全ての学生たち)が生きている「いま」という時代を、痛みとともに読みとることを求められるのである。(教員コメント/河田学)
 
表紙写真/留岡愛子(美術工芸学科4年)

表紙写真/留岡愛子(美術工芸学科4年)


 
 
bronze 
奨励賞
西岡拓哉「天晴街道」
 
 
 
時は幕末、所は四国伊予の国。相撲取りのような大男の百姓辰馬は、寺に陣取り、村を牛耳って、年貢を掠め取っている大平とその一派のごろつきどもを一掃しようと、たった一人で寺に押し込む。時代小説の定番である善と悪の衝突の物語ではあるが、善の勝利で悪が滅び去るという単純な勧善懲悪という形をとらず、善はまったくの善ではなく、悪もまた時代が作り上げた現象の一つとして描かれている。現代において書かれるべくして書かれた時代小説と言えるだろう。乱闘シーンは躍動し、評定の席での論争は白熱する。文章力、時代考証もまことに秀逸である。(教員コメント/校條剛)
 
11261031
 
 
bronze 
奨励賞
船戸実結「やまないでいるうちに」(詩)/「三角みづ紀『オウバアキル』を読むー詩人のことばの源泉をたどって」(詩論)
 
 
 
詩論は、病床にあった現代詩人、三角みづ紀が得た「病」そのものが作品と結びつけて解釈されることの是非を問うて、溌剌とした分析がそこここに光る力作である。同時に、作者自身が詩なるものとどう切り結ぶかという認識に至るプロセスが、克明に描き出されてもいる。一方の自作詩集は、全体としてどこかばらばらな印象もあるが、これらの詩を語り謳う「詩の主体」と、その主体が立っている「現実の世界」、そしてこの主体によって「夢見られた世界のヴィジョン」ともいうべきものの拮抗と成立を、自身の全重量を賭して確立しようとしているのが見える気もする。(教員コメント/辻井南青紀)
 
表紙イラスト/菊池のえる(美術工芸学科4年)

表紙イラスト/菊池のえる(美術工芸学科4年)


 
 
special 
門崎敬一特別賞
大塚翔「ライトノベル流離譚ーライトノベルの始まりから現代まで」
 
 
 
ここ三十数年の間に起きた文芸の世界でのトピックスのひとつは、ライトノベルの誕生と流行です。混沌に満ち錯綜していて、いまだ評価の定まっていない文芸ジャンルを年代史的に整理し、時代区分を施してそれぞれを特徴付け、注目すべき作品を解説するという作業を評価します。文章としてこなれていない箇所や、評論としての形式上の不備はあるものの、この論文の著者が何を明らかにしようとしているか、その意思は理解できます。いくつかの分析では、なるほどと思わせる説得力がありました。付け加えるなら、著者が抱くライトノベルへの愛情と、それゆえのライトノベルの未来への憂慮は、読後に心に残るものでした。(教員コメント/門崎敬一)
 
11161007
 
 
 
残念ながら受賞を逃した作品のなかにも、受賞作と拮抗する良い作品がいくつかありました。
これからも書きつづけたいという言葉が講評会では多く聞かれましたが、ぜひまた素晴らしい作品を書いてくれることを期待しています。
 
卒展は今週末まで開催です。
3月5日(土)・6日(日)は、
卒業展/大学院修了展 OPEN CAMPUSも開催します!
http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/sotsuten/
ぜひ足をお運びください。
 
 
(スタッフ・竹内)

  • LINEで送る

2016年3月2日  ニュース

卒業制作作品集「littera」

 
今年の卒業制作作品をまとめた冊子「littera」が完成しました。
小説、評論、エッセイ、詩と詩論など36名の学生作品が揃った、過去最高にぶあつい作品集となりました。
表紙とスリーブには、情報デザイン学科3年の正木ゆうひさんのイラストを起用しています。
 
littera_01
littera_03
 
厚さだけでなく、作品もつぶ揃いの、とても質の高い作品集になっています。
発行部数僅少のため、販売はしていませんが、会場でご覧いただけます。
 
卒展は今週末まで開催です。
3月5日(土)・6日(日)は、
卒業展/大学院修了展 OPEN CAMPUSも開催します!
http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/sotsuten/
ぜひ足をお運びください。
 
 
(スタッフ・竹内)

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。