舞台芸術学科

2016年5月

  • LINEで送る

2016年5月27日  授業風景

集団でモノを作る

今回は演技・演出コースの専任教員、ごまのはえ先生の授業をご紹介します!

 

集団でモノを作る第3弾という事で、

この日から2〜3週間かけて楽器を使った朗読劇をつくっていきます。

 

まずは楽器の紹介がありました。

様々な異国の楽器が用意され、みんな興味津々。

中には音を出すのが難しいものもありましたが、音色が様々で面白い音ができそうな予感。。。

IMG_9518

楽器の音の出し方を習ったら、まずは班ごとに分かれて作曲。

お題に合わせて作曲し、そのお題をあてます。

 

お題は「ふみきり」

「夕立」

「花火」

「ひとめぼれ」

IMG_9530

IMG_9538なかなかむずかしいお題でしたが、みんな音色の特徴をうまく組み合わせて上手にSEを作っていました。

 

今度はとある場面を、先生の演技に合わせて演奏します。

IMG_9541

 

 

IMG_9542台詞はないですが、演技とSEだけでしっかり情景を表現することができました。

この後同じようにお題にあわせて曲をつくるというところで終わりましたが、次回から絵本の朗読に合わせて音を入れていきます。

 

 

  • LINEで送る

2016年5月26日  授業風景

立方体、合評!

前回のブログでご紹介しました、1回生の「立方体を作る」という課題の合評が行われました。

 

IMG_9482今回の課題には使用する工具や材料にお約束がありましたが、

その範囲の中でみんなそれぞれ大きさやデザイン、材料などにもしっかりこだわりもって挑んでおり、

素晴らしい作品がたくさん並びました。

IMG_9484IMG_9468IMG_9466

 

お互いの作品からいいところをどんどん吸収して、

自分の製作に活かしていってください!!

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年5月13日  授業風景

1回生スタッフワーク授業

天気もよくなり、気温もだいぶ暖かくなってきました。

先週からの連日の雨が嘘のように日差しがとても気持ちよく感じられますね。

 

 

今日は1回生のスタッフワークの授業をご紹介します。

 

この授業では今「製図」を勉強中です。

舞台でも、図面や設計図を書く際に製図を心得ておく必要があります。

美術のデザインや照明のイメージを伝えるときなど、デザインを書く時にも役立ちます。

演技・演出コースの学生も選択できる授業なので貴重な経験になりますね。

IMG_9378

IMG_9386

 

みんな真剣でいい顔してますね。

 

 

 

 

そしてこちらは別の授業課題で「立方体」を作る作業に取りかかっています。

自分で一から設計図を書き、それをもとに加工し、立方体を作ります。

立方体は簡単なようで、なかなか難しい・・・

使う材料の厚みや癖、工具の選択等を間違うと奇麗な立方体にはなりません。

IMG_9419

(サイズや材料は選択できるので、思い思いの立方体を製作中。)

IMG_9420

 

でも、設計図の書き方や工具の扱い方に苦戦しながらみんな楽しそうです。

どんな立方体が仕上がってくるの期待しています!!

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。