こども芸術大学

2016年6月

  • LINEで送る

2016年6月23日  授業風景

6月22日(水)絵本の海をしたよ!

 

梅雨のじめじめとした日が続いていますね。

この日もお天気が怪しく、プールに入れませんでしたが・・・

今年度はじめての「絵本の海」をしました。

 

 IMG_9345IMG_9347

「絵本の海」ってなに?というと・・・

以前、在学しておられたお母さんが小学生の頃に体験したことがきっかけでした。

小学校の体育館一面に、絵本が並んでいて、そのときの興奮や感動を

子どもたちにも味わって欲しいと、こども芸術大学でもはじまりました。

「絵本の海」を最初に企画されたお母さんが卒業された今も、

他のお母さんが大事に大事に引き継ぎ、母企画として年に数回行われています。

 

IMG_9367

 

朝、企画者の親子を中心に、テープで床に島を描いていきます。

道もつくり、絵本の中を歩けるようにもなっています。(区画分け)

そして、約1,200冊ほどある絵本を、他のお母さんたちとも協力しすべて並べます。

 

 

 

最初に、年少さんのお母さんが6年前に作られたという絵本をみんなで観ます。

IMG_9326

色んな動物がでてきて、それぞれの良さや個性が描かれています。

みんなそれぞれでいいんだよ、というメッセージを感じることができました。

 

 

 

その後、ホールへ移動。

「ひらけ、ごま!」と子どもたちが大きな声で言うと、扉が開き・・・

IMG_9335IMG_9340

「わぁ~!!!」「ぼく、この絵本がいい!」

そこから、親子で絵本の世界にどっぷりつかりました。

 

IMG_9369IMG_9350

 

 

 

そして、お気に入りの本には、POPを貼り、次にその絵本を手に取った人にも

あたたかい気持ちになってもらおうと、POPブースもあります。

IMG_9403IMG_9404

IMG_9410

 

お昼ご飯を食べたあとも、絵本の海はつづいています。

親子で絵本を読む姿や、大人も絵本をじっくりと楽しむ姿もありました。

 

 

 

POPを貼った絵本の中で、みんなに紹介したい絵本を1冊ずつ募り、

それを、みんなが普段過ごすお部屋の窓辺に展示しました。

 

IMG_9402

 

そして、掃除の時間では、大人と子どもと協力して

大量に並べられた絵本を本棚に戻しました。

色とマークの印を頼りに、同じ印のお部屋(本棚)に戻します。

絵本を重ねる人、絵本を運ぶ人、絵本を仕分けする人、絵本を本棚にしまう人

それぞれが得意なところでがんばりました。

そのおかげもあって、すべて元通りにお部屋(本棚)に帰ることができました。

みんな、おつかれさま!ありがとう!

 

IMG_9392

 

中には「絵本しまいたくない~」と泣きべそをかいている子もいました。

またややろうね!

雨の日が続きますが、たまにはゆっくりと絵本を親子で読むのもいいですね。

最近お友だちと遊ぶ方が楽しくなってきた年長さんも

久しぶりにお母さんとべったりと体を寄せ合い、絵本を通じて

心も体もふれあう時間になったように感じます。

 

IMG_9382

 

 

P.S.「~梅雨も吹き飛ばせ~親子対決リレー!」

有り余るエネルギーを室内リレーで発散しました。

大人チームのハンデとして、下の子も大人チームに入っていざ勝負!

結果は、まさかの引き分けでした。

またリベンジ戦をしましょう!(大人、本気ですよ。)

 

(宮崎あかね)

 

  • LINEで送る

2016年6月19日  日常風景

6月17日 6月誕生会「跳び越えた1日」

今日は6月の誕生会がありました。

 

こども芸術大学のお誕生会はすべてが手作りです。朝からおやつ作り、お誕生会をする部屋の飾りつけ、お誕生日プレゼント作りなど子どももお母さんも大忙し。

IMG_9108IMG_9110

朝の会が終わると、誕生会のはじまりはじまり。

誕生月の子どもとお母さんは、おめでとうという気持ちのこもったみんなの作品を身につけ入場します。

IMG_9075

祝われる子どもとお母さんは、みんなの前に座り、1人ずつインタビューを受けます。司会は先月誕生会で祝ってもらった子どもとお母さんです。

「おたんじょうびはいつですか」「おいわいはしましたか」「みんなでおめでとうをいいましょう」と子どもにもお母さんたちにも丁寧にお話を聞いて、インタビューの最後にはみんなでお祝いの言葉を言えるように投げかけてくれます。お母さんには我が子から一言もらいます。子どもたちは思い思いの言葉をお母さんに伝えていました。

インタビューが終わるとお祝いの気持ち、おめでとうの気持ちをこめたプレゼント渡しがあります。一所懸命作った様々な「おめでとう」の形が手渡されていきます。

IMG_9078IMG_9079

IMG_9081IMG_9084

IMG_9085IMG_9082

IMG_9087

そして、お誕生会を締めくくるのはその月にお誕生日を迎えた子どもの発表です。今回の発表は年長の男の子1人だけでした。この男の子は普段からとても明るく元気で、身体を動かすこともとても得意です。誕生会では跳び箱6段を跳ぶと春から決めていたのですが、ここ最近は跳び箱で遊ぶことが少なくなっていたので、念のため朝から職員とリハーサルをしました。

 

まず6段を跳んでみたのですが、跳べた感覚を忘れているのかうまくいきません。そこで、5段に下げて感覚を取り戻すことにしました。1段下げると違うようで、すんなり跳ぶことが出来ました。イメージを掴むために何度か跳んでみようという職員の声掛けで再度5段の跳び箱を跳んでもらうのですが、急に跳べなくなってしまいました。さっきまで跳べていたのに何故かできなくなり、困惑する男の子。

 

「このまえころんだうでがいたいからかな」「からだがおかしいねん」

なんで跳べなくなったかを言葉で表現しようとしてくれます。

 

そこでもう1段下げて4段で挑戦しなおします。しかし、まったく跳べません。さっき5段を跳べていたのに、春は6段もとべていたのに、なんでか4段すら跳べません。男の子は「わかった。てをつくところがあかんねん」といい、跳び箱の上にテープで目印を貼り付けます。それでも跳べません。今度は足をつく位置が悪いのだと足の位置にもテープで目印をつけていきますが、それでも跳ぶことはできません。

 

いつもは堂々としているように見える男の子から「ねぇ、どうしよう」という言葉が出てきました。もう少しお話をしていると「からだがやめてやめていうてはる」と説明してくれました。跳び方を実践して見せても、手のつく位置を実際に試してもらっても跳べなくなった男の子。この時点で1時間ほど職員とのリハーサルは行われていました。すると男の子は「わかった。いつものたいそうをしたらいいんや」と自分の身体の硬さをほぐす方法を思いつきました。

 

しかし、体操をする部屋に行ってみるともう体操の時間は終わってしまっていました。

「どうしよう」という男の子。そこで屋外でリラックスしてもらおうと、こども芸術大学から少し離れた大学内の芝生広場まで行き、走り幅跳びごっこやかけっこをしました。裸足になり走り回り、最後には太陽をみて大きく深呼吸。「からだがねていたけど、これでおきたよな」などと話ながら裸足のままこども芸術大学までの階段を登り、朝の会をするーっとぬけて、また2人で跳び箱へ向かいました。しかし。それでも4段の跳び箱すら跳べませんでした。

 

朝の会が終わり、もう誕生会は始まってしまいます。男の子は「ほかのはっぴょうにしようかな」と言い始めたのですが、そこにお母さんが入ってきて「失敗してもいいし、挑戦だけでもしてみたらどう」と言ってくれました。
迎えた発表本番。

 

今回の跳び箱はうまくいかなかもしれないと思いつつ、助走をするためにホールの1番奥まで下がった男の子に「深呼吸しよか」と声をかけ、2人で3回ほどじっくりと深呼吸。「身体はもう起きたし、大丈夫」と伝えると「あ、わかった。おきゃくさん、みんなサラダやとおもえばいいんや」と応える男の子。
次の瞬間、沢山の子どもと大人が見守るなかで男の子は軽々と跳び箱を跳びました。

たった一回きりの本番で、あっさりと跳んでみせたのです。
IMG_9088

IMG_9089

IMG_9090

IMG_9091

「緊張」というものに対して色んな工夫をし、時にはそれを言葉にすることで目の前にある壁と対峙した男の子。

目の前にある困難を自分で解決して、最後にはそれを文字通り跳び越えてしまうその逞しさ。

今回の発表を経て、この年長の男の子は何かを乗り越える、跳び越える強さを自分の力と知恵で掴みとったと思います。

 

緊張のあとには緩和があります。緊張感みなぎる発表のあとには手作りおやつをみんなで食べ、誕生日を迎えた子どもとお母さんたちの小さい頃の写真をクイズ形式で発表し、今月の誕生会も無事終わりました。

 

生きていく力。逞しさ。挑戦する大切さ。

今回の年長の男の子の発表を通して、見ていた子どもも大人も様々なことを感じ、学ぶことが出来ました。

おたんじょうび、おめでとうございます。

IMG_9115 IMG_9117

IMG_9119

IMG_9126IMG_9135

IMG_9131

IMG_9134IMG_9128

(村瀬浦人)

  • LINEで送る

2016年6月17日  日常風景

6月9日(木) 学生さんと子どもたち

ブログの更新が少し遠のいていましたが、この間もこども芸術大学の子どもたちは毎日色々な遊び、沢山の発見に触れています。

今日はその中からひとつお届けします。

 

ご存知のようにこども芸術大学は京都造形芸術大学内に併設されています。芸大内にある醍醐味のひとつは、芸術作品やそれに携わっている人たちとの出会いではないでしょうか。

登校するために歩く道すがらには、平面や立体、映像など様々な方法で表現された作品が見られます。

こども芸術大学は本大学の正門をくぐってから、何段もの階段を登り、幾分か歩いた先にある「未来館」という建物の4階にあります。

 

ある日、ベランダで育てているトマトに水遣りをしていたら、年長の男の子に「あそこになんかおる」と呼びかけられました。すると、ベランダの柵の隙間から1階にある人形のようなものが見えます。しかし、足らしきものしか見えません。そこで「よし、なんなのか正体を見に行こう」とちょっとした学内探検が静かにスタートしました。

 

階段とエレベーターを使い、まずは2階に。そこで彼らが発見したものは…。

IMG_8726IMG_8734IMG_8730

なんと、お化けの足です。

こっそり覗いたその部屋の中にとんでもないものを発見した子どもたち。

なぜか左足の作品ばかりだったので「片足のおばけなんちゃう」「かさもあるやん。かさおばけかもしらん」などという声が聞こえてきます。

 

そして、たどり着いた1階。

IMG_8716

見ていたものはやはり人形だったのですが、顔はかなりのインパクトがありました。

 

やっぱり人形だったんだねと言いながらの帰り道、大きな白い物体に向かう学生さんの姿を見つけました。

「なにを作ってるんですか」という子どもたちの問いに丁寧に受け答えをしてくれる学生さん。発泡スチロールの塊で犬を形作るそうです。

IMG_8722

子どもたちはその作品への興味もさることながら、削り落ちていく発泡スチロールを雪に見立てて遊び始めます。

しかし、学生さんも製作中なので邪魔をしてはいけません。子どもたちと話し合った結果、持って帰れる分だけ頂くことになりました。

近くに落ちていたビニール袋いっぱいに発泡スチロールを詰めて4階まで戻り、子どもたちは「なつなのにゆきがっせん」という新たな遊びを始めました。ところが、持って帰ってきた量では雪合戦をするには足りません。

「このバケツいっぱいにほしい」という子どもたち。

製作している学生さんの邪魔をしないように、発泡スチロールをもらうにはどうしたらいのか。

 

そこで年長さんたちと考えた結果が「ばけつのえれべーたー」という案です。

バケツに長い紐をつけ、4階から1階の学生さんの場所までうんせうんせと降ろしていきます。

「うまくいくかな」「がくせいさん、きづいてくれるかな」という声とともにスルスルスルとバケツは降りていきます。

「バケツだけではわからないかもしれないんじゃない」という意見があり、しっかりとお手紙も添えました。

20160608新宅02

IMG_8758

20160608新宅01IMG_8759IMG_876120160609小林01

どしーんと無事に着いたバケツ。

子どもたちはおおはしゃぎです。「おてがみよんでくれるかな」「いつひもをひっぱろうか」という期待感に包まれた4階のベランダ。

そして、1時間ほど経った後、試しにバケツをスルスルスルと引き上げてみました。

すると、、

IMG_9062

バケツにはすりきりいっぱいの発泡スチロールとお手紙が入っていました。

 

その後もこの「ばけつえれべーたー」ではいくつかのやり取りがありました。

子どもたちは発泡スチロールのお礼にベランダのプランターで育てていたバジルを1階まで届けます。

IMG_9061

しかし、なんのはっぱを送ったのか手紙に書くのを忘れていた子どもたち。次の便では「ばじるのはっぱです。おひるごはんにぱすたにしてね」とお便りをばけつえれべーたーに託します。IMG_9060

学生さんがこの一連の出来事を随時SNSでもアップしてくださるという現代風なレスポンスがあり、しかし行っているのはバケツを紐で上り下りさせるとても古風な方法という、とても面白いやり取りでした。

下校時には受け答えしてくださった学生さんたちが4階まで遊びに来てくれて、子どもたちはお手紙交換の相手と直接お話することが出来ました。

 

学生さんと子どもたちが交流した、ある日の出来事でした。

 

かなこさん、けんいちさん、がくせいさん、ありがとうございました。

20160609小林02

 

20160608新宅03 20160608新宅加奈子コメント     

 

(村瀬浦人)

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。