プロダクトデザイン学科

2016年6月

  • LINEで送る

2016年6月28日  授業風景

1年生のワゴン製作!

もうすぐ7月ですね~!暑い夏がもうすぐそこまでやってきていますが、
1年生は夏までに作り上げなくてはいけないものがあります。

 

そう、それはこれから4年間を共に過ごすことになる教室での相棒、“ワゴン”です!

pd_160628b

これは「素材・造形実習Ⅰ」という授業の中で、1年生が最初に制作する課題なのです。
この授業では、“正しい木材の知識”と“図面を読み解く力”を鍛えます

 

一言に“木材”といってもその種類はとても数多く、それぞれに特徴があり、何を制作するかによって
使い分ける必要があります。
実際にワゴンを組み立てながら、木材の細かな特徴を勉強していきます。

 

pd_160628c

また、制作する中でもうひとつ重要なのが、“図面”です。
頭に思い描くモノをどのように作り上げていくのか、その道筋を正確に示してくれているものが図面なのです。

 

みんな慣れない図面と格闘しながら、引き出しのレールの位置や角度を探っているようですね~

 

pd_160628d

このような基本的な知識を1年生のうちにしっかりと学ぶことで、2年生からの制作活動に役立つ知識を
蓄えることができるんですね!

 

この授業では毎回班長を入れ替えることで、みんなが班の代表を経験することができ、お互いにサポートし合い、
教え合いながら、ワゴンの完成を目指していきます。
こうして築き上げられる仲間との絆も、また醍醐味のひとつなのかもしれません

 

pd_160628e

みんなのワゴンがどんな風に完成するのか楽しみです!
完成まであと少し!みんなファイト~!

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2016年6月20日  イベント

!デザインバトルトーナメント!

pd_160620b

梅雨に入り、ジメジメした季節になってきましたね・・・
恵みの雨でもありますが、ず~っと雨だと気持ちも少し沈みがちに。

 

そんなジメジメした気持ちを奮い立たせるべく、プロダクトデザイン学科3年生の授業の中で、

「デザインバトルトーナメント」が開催されました!

 

このデザインバトルは、身近にある日用品(ペットボトル、ペンケース、蚊取り線香など)を使うときの

“行為”の問題点を見つけ出し、それを解決するデザインを考え、トーナメント方式で競い合う、というもの。

 

pd_160620c

 

1回戦目は事前に各自テーマを知らされていて、3週間かけてデザインしたもので勝負!
2回戦目からはその場でテーマが発表され、4分間でアイデアを搾り出し、スケッチを描かなければいけないという、

まさに即興性とアイデア力が試される緊張感溢れる場となりました。

 

pd_160620d

審査は出場者全員の挙手制により決まるということもあり、どれだけ多くの人の心を捉えることができるか、

デザイン力に加えてプレゼン力の大切さにも気づかされたのではないでしょうか。

 

pd_160620e

4分間という短い時間の中で、閃いたデザインを描く必死な姿、本当にみんなかっこよかったです!
先輩達の熱いバトルを間近で見ていた1、2年生達も、「自分達もやってみたい!」と刺激を受けたようですね。

 

pd_160620f

そんな白熱したバトルを制したのは、藤原侑子さん
「今までみんなとデザインで競い合うということはなかったので刺激的だった」と話してくれました。
時には良き理解者であり、時には大きなライバルともなる、そんな素敵な戦友が周りにたくさん出来ることは

素晴らしいことですね。

 

pd_160620g

最後に村田教授から、「実際の現場ではテーマが出た瞬間から次々にアイデアを生み出していかなくてはならない」と

お話があり、実際にその難しさを体感した学生達は、身が引き締まる想いだったのではないでしょうか。

 

参加した学生のみなさん、本当にお疲れさまでした!みんなかっこよかったよ!

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2016年6月17日  授業風景

\ポートフォリオ特別講義 開講/

pd_160617b

 

卒業生の前口 雄祐さんがプロダクトデザイン学科の後輩のために、ポートフォリオ特別講義を開いてくださいました!

 

ポートフォリオは学生時代の研究や制作をギュッ!と詰め込んだ大切なモノです。
今回は、自分自身の課題をどのように解決し、どこに意識しながらポートフォリオ制作に取り組んでいったのか、

ご自身の体験を元にお話してくださいました。

 

pd_160617c

 

学生達も憧れの先輩からの話を食い入るように聞き、積極的に質問をしていますね~◎
どう自分を表現していけばよいのか、ここから何かヒントを得てくれると嬉しいですね。

 

pd_160617d

講義終了後、前口さんは多くの学生に囲まれ、質問攻撃に!
それだけ熱意を持って取り組む学生の姿勢には目を見張るものがありますね。

 

前口さん、貴重なお時間をありがとうございました!

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2016年6月15日  ニュース

2016年度優秀学生賞 授賞式!

pd_160615b

京都造形芸術大学では、3年生終了時までの成績や創作活動において優秀!と認められた4年生を

“優秀学生”として毎年表彰しています。
今年、プロダクトデザイン学科からは3名の学生が選ばれました★

 

pd_160615c

(左から、竹田貴弘くん、室ノ園悠貴くん、中本涼馬くん)

 

3人とも、とても素敵な笑顔ですね~♪
学生時代の頑張りがこのように結果として表れることは嬉しいことですね!

 

ここから卒業制作も本格化してきます!
この成果を弾みにこれからもどんどん活躍の場を広げていってくれることでしょう。

 

\本当におめでとうございます!/

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

  • LINEで送る

2016年6月13日  イベント

☆一日体験入学へのご参加ありがとうございました☆

pd_160613b

 

6月12日(日)に行われました一日体験入学、たくさんの方にご参加いただきました。

本当にありがとうございました!

 

pd_160613c

 

今回の体験授業では、「“観る→つくる”のデザイン」と題して、「ミニちりとり&ほうきセット」の問題点を観察し、
それを解決するためのデザインを考えました!

 

pd_160613d

 

まずは実際にほうきとちりとりを使い、問題点を観察していきます。
それぞれ色んな意見を出し合っていますね!

 

pd_160613e

 

問題点を見つけたら、それを解決するデザインを考えます。
思い描くデザインを、紙とボードを使用して実際にデザインモデルを制作していきます。

 

pd_160613f

最後は作ったデザインモデルをみんなの前でプレゼンテーション!
どこを工夫し、どうデザインしたのか、みんなの個性豊かなアイデア力に驚きでした

 

今回の体験入学に参加できなかった方は、7月10日(日)にも一日体験入学を行いますので、
是非そちらにご参加くださいね♪

 

今回とはまた一味違う内容の体験授業をご用意してお待ちしています!

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。