舞台芸術学科

2016年7月

  • LINEで送る

2016年7月21日  イベント

7月23日・24日オープンキャンパス☆

夏のオープンキャンパス、いよいよ明後日となりました。

舞台芸術学科も心と力を込めて体験ワークショップを用意しております!!

 

23日(土)は演技・演出コース専任教員のごまのはえさんによるワークショップを予定しております。

            演出家・劇作家・俳優のごまのはえによるWS「演劇つーのは何?」

 

23日・24日(日)は同じく舞台デザインコース専任教員の柴田隆弘先生が担当されている授業の、舞台美術をメインとしたパフォーマンスをご覧いただけます。

            舞台デザインコース授業公開

↓こちらは製作風景です。

IMG_1776

 

 

在学生達が実際に行っている授業の様子なども見学していただけますので参考にしてみてください。

また、入試対策・進路・将来のこと、悩みや不安がある方は、個別相談ブースで学科教員がお待ちしていますので、

是非気軽に立ち寄ってご相談ください。

 

みなさんのご参加を心よりお待ちしています!!!

 

 

  • LINEで送る

2016年7月12日  授業風景

舞台芸術学科 授業発表公演のお知らせ

こんにちは、制作の畠中です!
ついに2016年度山下残クラス『鹿が出るのはあたりまえ』小屋入りです!!
いよいよ今週の金曜日と土曜日に本番です。
小屋入り初日は照明、音響、映像の吊り込みや美術の建て込みがありました。
今回の残クラスの美術は動きます!!!
見る場所によって見え方も変わってくるはず!
楽屋では立て看板を作っていました。
こんな感じで↓、ひとつだけ雰囲気が可愛らしいものができました☆
2016071116200000
 2016071119120000
そんな残クラスですが、まだまだご予約受付中です!!
2016年7月15日(金)19:00
     16日(土)13:30
京都芸術劇場studio21にて
料金無料
ご予約はこちらのメールアドレスまで、下記の内容を明記の上お送りください。
こちらからの返信をもってご予約完了といたします。
【kyoto.butai.08@gmail.com】
件名:残クラス予約
本文:①お名前(ふりがな)②観覧日時③人数④電話番号
※ご予約の受付は各回24時までといたします。
皆様のご来場心よりお待ちしております!!
  • LINEで送る

2016年7月11日  イベント

オープンキャンパス ☆1日体験入学7月編☆

こんにちは。

舞台芸術学科、技官宇野です。

 

暑いですねー。

盆地である、ここ京都でも30度を超える暑さが連日続いています。

そんな暑さの中でも、10日のオープンキャンパスには大勢の方が参加して下さり、

ワークショップも大変賑わいました。嬉しいですね〜

 

舞台デザインコースでは、教員の柴田隆弘先生による舞台デザインのワークショップを行いました。

IMG_4530IMG_4541

サミュエル・ベケット作「ゴドーを待ちながら」を題材に、舞台におけるフレーム(窓)=プロセニアムアーチから見える舞台のイメージを膨らませます。

グループに分かれて、様々な材料を使い、思い思いの世界を形にしていきます。

短い時間の中でも、共同作業・イメージを形にする体験ができましたね。

 

演技・演出コースでは、非常勤講師で俳優でもある若松泰弘先生のワークショップが行われました。

IMG_0560IMG_0503こちらのワークショップでは、用意されたテキストをアレンジして、グループで演出・発表を行いました。

簡易ではありますが、音楽と照明も使うことができたので、演出にも力が入ります。

限られた素材ではありますが、みんな発想が豊かで大変盛り上がり、楽しい体験入学になりました。

 

参加していただいたみなさま、本当にありがとうございました!!

次回は7月23日(土)、24日(日)のオープンキャンパスでお待ちしております。

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。