こども芸術大学

2016年7月

  • LINEで送る

2016年7月22日  授業風景

7月8日(金)7月誕生会

7月のお誕生会は例年七夕祭とリンクさせて行います。

なので、普段は月末のお誕生会も7月は早いです。

 

 

七夕の翌日に7月生まれのお友だちのお誕生会がありました。

ホールの飾りつけはみんなで取った笹飾りや、折り紙、子どもの描いた絵を飾りました。

 IMG_9910IMG_9909

そしてお誕生日の子どもたちは、ひとつ大きくなったことを喜んで、一人ひとつ発表をするのですが

まず朝来たら、リハーサルと称し気持ち作りのために一度発表する内容をやってみます。

他のお友だちには「発表楽しみにしといてな」と伝え、みんなには本番まで見せません。

 

 

 

みんなホールに移動し、お祝いする準備が整ったら、お誕生日のお友だちの入場です。

お母さんや先生、職員など、大人も一緒にお祝いします。

 

 

 

司会は、6月お誕生日だった年長の親子がしてくれました。

IMG_9907IMG_9902

「何歳になりましたか?」「5歳になってどんな気持ちですか?」「みんなでお誕生日おめでとうを言いましょう」

と大人顔負けの司会でした。

ありがとう!

 

こども芸術大学顧問の荒巻先生も7月生まれなので、毎年誕生会に来ていただき、一緒にお祝いしています。

年長の7月の誕生日の女の子のお母さんから「3年間一緒にお祝いできて嬉しいです」とメッセージがありました。

IMG_9903

 

 

その後、お母さんから誕生日の子どもへメッセージが伝えられます。

IMG_9908

照れながらも、お母さんからの気持ちに幸せそうな表情を浮かべています。

聴いている方も胸がいっぱいになる時間です。

 

 

そして、お待ちかねのプレゼント渡しです!

IMG_9912IMG_9914

プレゼントを作ってきた子は、思い思いの形をひとりひとりに手渡していきます。

耳を澄ますと、きちんと「おめでとう」と言ってから渡している姿に、感心しました。

大人にもプレゼントを作ってきてくれます。

宝物ですね。

 

 

 

ここからは、お誕生日の子どもの発表です。

 

 

まずは、年少の男の子と女の子。

一人ずつではなく「一緒にやりたい」と今回は二人組での発表です。

ポンポンを持った女の子と、男の子の手には手づくり楽器のギターが!

IMG_9921

そして男の子の後ろには、お母さんも手づくり楽器の笛を持ち一緒に演奏します。

ミュージックスタート!

女の子のお気に入りの曲がかかると自由に表現していきます。

振り付けは全てオリジナルだそうです。

リハーサルでは「もうやらない」と言っていたことが嘘のよう、ノリノリです。

男の子とお母さんも曲に合わせて奏でてくれました。

すごいのが、笛には簡単な音階があってワンフレーズを吹いて聴かせてくれました!

 

 

次は年中の女の子です。

やりたいことがたくさんあったようで、当日の朝まで決まりませんでした。

どんな発表を見せてくれたのでしょう・・・

 

まずは、前回り!竹鉄棒にピョンと飛び乗り、クルッと見事な前回りを披露してくれました。

IMG_9924

そしてみんなが気になっていたアナと雪の女王のドレス。

照明が少し暗くなると、なにやらお腹の辺りを摘みました。

IMG_9926IMG_9925

すると、「ありの~ままの~♪」とドレスから音楽が流れてきました!

おまけにピカピカと光るドレス。華麗に舞ってくれました。

女の子は釘付け、大人からは歓声と思わず笑みが。

(実は前回りのときに勝手にボタンが押されてしまい、ドレスも光り音も鳴っていましたが子どもたちの声援でバレずに済みました)

 

 

最後は、年長の女の子。

こども芸術大学での最後のお誕生会でした。

年中のときは、紙芝居を作り、読むところはお母さんがやりました。

今回は絵本です。

リハーサルでは、自分では読まず「ママ読んで」と言っていましたが本番では自然に自分で手づくりマイクを握り絵本を読んでくれました。

最初は読まなくとも、お母さんも職員も“きっと読むだろう”と信じていました。

 IMG_9929IMG_9931

そして今回の絵本は、女の子が日々口にする話をお母さんが書き留め、また描いた絵もストックしていました。

書き留めた話をお母さんに教わりながら自分で字も書き、話と絵を合わせていったそうです。

まさに、親子二人三脚での制作で、両者とも「作って楽しかった」と話していました。

 

 

 

午後はおやつの時間に誕生日の子どものリクエストで「かき氷」を食べました。

IMG_9936IMG_9943

誕生日の子どものお母さんを中心に、シロップ作りもしました。

今回は、ブルーベリーシロップと桃シロップです。

果物の香りが食欲をそそります。

子どもたちも、最後の方、氷がなくなってもシロップを舐めていました。

おいしかったね!

 

 

 

お誕生会の締めは、写真紹介です。

IMG_9949

7月生まれの子どもとお母さんの小さい時の写真をクイズ形式で紹介します。

お母さんの小さいときや赤ちゃんの写真をみると、子どもたちにソックリです!

大きくなったら、どんな顔になるのでしょう。

楽しみだな~

 

誕生日当日は、各々おうちでお祝いしてもらうのも楽しみですね!

お誕生日おめでとう!!!!

 

 

宮崎あかね 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年7月21日  授業風景

7月7日(木)七夕

♪ささの葉 さらさら のきばにゆれる

お星さま きらきら きんぎん砂子♪

 

七夕を迎えるまでに、折り紙で三角つなぎ・輪つなぎ・屑籠・星・好きな形に折って切って貼って作ったものをそれぞれストックしておきます。

また、短冊も和紙染めをして、乾いたら短冊状に切ってお願いごとを書きました!

IMG_9834IMG_9835IMG_9837

他力ではなく自力「サンタさんにお願いするお願いごととは違うで~」「どうなりたいか書くときっと叶うよ」と伝えると

『まーにーのおうちにすめますように』『ヘラクレスオオオカブトがみつかりますように』と

“あ、ちゃんとわかっているんだな”と感心しました。

自分で書きたいと、お母さんに教えてもらいながら一生懸命書く姿も見られました。

 

 

あとはペープサートを鑑賞したり、絵本の時間では七夕にまつわるお話をみました。

IMG_9771

そしてお母さんが劇を企画してくれ、自由遊びの時間に子どもも交えて劇遊びをしてきました。

IMG_9787

 

 

 

当日・・・朝は、竹切り隊と畑隊に分かれて山へみんなで行きました。

竹切り隊は、山の中にある竹が生えている場所に行って力を合わせて切ります。

IMG_9775IMG_9785

「わっしょい、わっしょい!」と言いながら元気に戻ってきました。

畑隊はお供えの夏野菜の収穫です。

 

 

 

さっそく七夕飾りと短冊をくくりつけ、竹を立てます。

IMG_9802

IMG_9833

そして夏野菜と針・反物・筆をお供えしました。

IMG_9816

(習い事の上達の意・・・針:縫い物/反物:織物/筆:書道)

 

 

 

 

劇ではお母さんが脚本を作り子どももお母さんも、なんと当日はお父さんも好きな役を演じました。

IMG_9840IMG_9846

IMG_9839IMG_9871

 

 

そしておやつには、年中の男の子のお家から持ってきてくれたスイカをいただきました。

IMG_9876

・・・の前に、みんなでスイカ割り!

目隠しをして、棒をおでこに付けて10回ぐるぐる回って、と本格的にやりました。

全員が終わった頃、スイカは何本かヒビが入った状態だったので最後はお父さんの腕力でバキッと真っ二つに!

IMG_9888IMG_9887

IMG_9886

「甘~い!」「おいしい!」「おかわり!」と、みんな緑色のところまで、綺麗に食べました。

残った皮の部分は、今こども芸術大学の男の子を中心にブームとなっている『クワガタ』のご飯になります。

 

 

 

みんなの願い事が叶うといいですね。

 

 

(宮崎あかね)

  • LINEで送る

2016年7月14日  日常風景

こども芸術大学に現れたのは・・・

雨続きの毎日で「また雨~?」「いややなぁ」と声いうをよく聞きます。

しかし、植物たちは大喜び!

この恵みの雨のおかげでグングンと成長しています。

 

 

【朝顔】

IMG_0225IMG_0228

 

 

【キュウリ】大きくなってきたキュウリ(左)赤ちゃんキュウリ(右)

IMG_0227

 

【ミニトマト】グラデーションが美しい

IMG_0222

 

 

【こんにゃく芋】球根だったこんにゃく芋もこんな大きく!

IMG_0221

 

 

写真はベランダのプランターですが、畑もちょっと見ない間に成長。

野菜に加えて雑草であっという間にジャングルと化します。

 

 

最近こども芸術大学で事件が起こりました。

ある日の朝、子どもがベランダのプランターを見て

「キュウリとトマトが食べられてる!!」と言いました。

食べ散らかすように、地面にはキュウリの皮と、まだ青いトマトの外実が落ちていました。

キュウリの皮には、中身だけをかじり取った歯型がついていて

トマトには、まだ青いこともあってなのか中身だけジュルリと吸われていました。

職員は歯型といい器用に中身だけ食べていたところから“子どもが食べたんやわ”と思っていました。

 

が・・・子どもたちも下校した夕方、誰も居るはずのないベランダに何かがサッと通りました。

金色の毛をした子ども・・・じゃなくて、サル!!!!!

すかさずベランダに出て、木の棒で柵をたたき大きな音を出して追い払いました。

 

IMG_9322

 

今まで畑には出ても、山と建物を挟んで反対側にあるベランダ(しかも建物の最上階)にまで来るとは・・・

山から屋上のプールを渡り、屋根を滑り降りてベランダに来たのですね。

 

それからしばらく姿を現すこともなく、野菜も無事に実っていました。

 

 

ある日、帰りの会の時間で絵本を読んでいるときに、絵本を見ている子どもが「さるーーー!」と叫びました。

子どもたちは一斉にベランダにダーッと駆けて行きました。

みんなで大きな声を出し追い払いました。

しかし、屋根をつたって玄関に移動していただけで、帰るときに怖がる子どももいました。

 

IMG_9323

 

サルを見た日から、「おサルに食べられちゃうから!」「おサルさん出たら怖い」と言ったり

畑も子どもたちが食べる野菜がなくなったら困るので、大人総出でサル避けネットを張ったり

からだの時間では「おさるのかごや」という童謡を歌いながら、竹棒を用いて表現遊びをしたり

おサルさんの存在を感じながら過ごす日が続きました。

 

♪エーッサ エーッサ エッサホイサッサ おさるのかごやだ ホイサッサ♪

 IMG_9663IMG_9658

 

今回、サルに野菜を食べられてしまったことで、子どもたちは「もう!来ないでよね!」「こらーっ!」と

怒ったり、怖がったりしていましたが、動物は悪ではなく、彼らも生きるためであるということ、

そしてどうしたら共存できるかを一緒に考えていけたらいいなと思います。

 

こども芸術大学に遊びに来たサルも、みんなと同じ親子でした。

大人のサル2匹、子どものサル1匹。

とっても賢いお母さんサルだったので、それもこれもすべて

子どもをしっかりと育てるための本能なのかと感動いたしました。

 

 

宮崎あかね 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。