環境デザイン学科

2016年7月

  • LINEで送る

2016年7月25日  イベント

7月23日 – StamP! 学生リフォームプロジェクトオープンハウス

7/23(土)にStamP!学生リフォームプロジェクト11期作品オープンハウスが実施されました。デザイナーは小野友香さん(4年生)。有孔合板と無数の丸棒が壁一面に繊細な表情とディスプレイ機能を与えています。その他の素材選びや照明も含め、部屋全体が丁寧にデザインされた秀作です。この日はオープンキャンパスを終えた環境デザイン学科の1、2年生学生スタッフも見学に駆けつけました。

 

160723-03 160723-05 160723-12 160723-21 160723-30 160723-32 160723-44 160723-49 160723-50

 

 

Stamp! 学生リフォームプロジェクト:student-reform.com

  • LINEで送る

2016年7月8日  イベント

オリバー展示ユニット2016

「第61回日本透析医学会学術集会・総会」(2016年6月に大阪国際会議場で開催)企業展示フロアに設置された家具メーカー・オリバー社のブースを、同社と京都造形芸術大学による産学連携プロジェクトとして、環境デザイン学科の学生2名を中心にデザインしました。オリバー社から私たちに依頼されたのは、近年人工透析の現場への導入が拡大しつつあるチェア式個室の新しいデザインを考えることでした。
 
160611-oliver01 160611-oliver04 160611-oliver10
 
この透析室は、ユニット化された製品として、限られた空間に連続配置できるようデザインされています。半個室タイプのコンパクトな内部をシームレスに仕上げ、プライベートな感覚と快適性を提供したいと考えました。より多くのユニットを、より簡易に設置できること。それが私たちの考えた「持続可能な未来の透析室」です。(未来の透析室のためのテキスト/京都造形芸術大学/2016)
 
—–
 
2連のユニットで構成されたブースは合わせて4×4メートル弱の面積を持ち、各室ごとにオリバー社の多機能チェア1台と、治療やサービスに必要十分な内部空間を備えています。内装は全面を赤みがかったブラウン色のシートで仕上げ、チェアの前方上部だけに淡色への緩やかなグラデーションを施しました。この部分はプロジェクターのスクリーンを兼ねており、利用者が自然な体勢で映像を見ることができるよう手前に傾斜しています。
ユニット内の基本的な照度は後方頭上と前方足元の間接光で確保し、チェアの真上にダウンライト各1台を補助的に設置しました。コンソール(透析装置)はチェアやベッドのすぐ脇に置かれたままとなるのが通例ですが、ここではチェア後方にコンソールの収納スペースを設け、必要時に引き出して使用することを提案しています。動作を厳しく制限された状態で長時間を過ごさなければならない環境から視覚的に煩雑な要素を可能な限り排除し、利用者が開放と安らぎを感じられる場所にしたいと考えました。
 
オリバー社内で製作したユニットはそれぞれ数枚の木工作パネルで構成され、1時間前後の作業で現場組み立てが可能です。前方の外装パネルには由井武人氏による大型のステンシルアートが全面に描かれました。朝の光をモチーフにした清涼な外部と、スケール、カラー、ライティングを抑制した内部との明確な対比は、企業展示フロアの中でも際立った印象を残し、3日間で多機能チェアを体験した人数はのべ400名を超えたと伺っています。
 
160611-oliver14 160611-oliver16 160611-oliver18
 
このプロジェクトを通して、私たちにとって最も嬉しい驚きだったのは、学生たちがこの学会のテーマ「持続可能な透析療法をめざして」を踏まえて、ストレートなコンセプトでそれに応えたことでした。その後のデザインの方向性にほとんどブレがなかったのは、彼らの大きな功績です。実施設計段階での苦労は多々ありましたが(主にオリバー社と教員にとって)、初仕事としてはまずまずの出来ではないでしょうか。
 
今後10月頃にかけて、このユニットはオリバー社主催の展示会を中心に、全国各地で使用される予定です。同社と学生たちのチャレンジが、これからの透析治療を取り巻く環境に一石を投じるものとして、多くの人からポジティブに受け止めてもらえるよう願っています。
 
—–
 
オリバー展示ユニット2016
 
デザイン:杉本昂太,駒居隆志(京都造形芸術大学環境デザイン学科)
デザイン監修:辻村久信,ヤギタカシ(京都造形芸術大学環境デザイン学科)
実施設計,施工,多機能チェア:オリバー
ライティングデザイン協力:戸谷朝子(パナソニック)
 

ステンシルアート:由井武人(京都造形芸術大学通信教育部)

クライアント:オリバー
 
仕上材
床:既存(タイルカーペット)
内装壁:木工作下地グラフィックシート貼,木工作下地クリアミラー貼
天井:木工作下地グラフィックシート貼
外装壁:木工作下地ポリ合板貼,木工作下地ビニルクロス貼+ステンシルアート
 
—–
 
オリバー

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。