こども芸術学科

2016年8月

  • LINEで送る

2016年8月26日  授業風景

踊れ!アイアイ!!

8月も終わりに近づきましたが、まだまだ日差しはきついですね・・・

みなさん、夏バテなどしていませんか?

 

今回は2年生の夏季集中授業「こどもとあそび」を紹介します。

この授業の狙いは、現場で必要とされるさまざまな遊びを自分の体験として学びながら子どもにとっての遊びと

いうものを総合的に考える事です。

 

教えてくださるのは「原坂 一郎」先生です。

・保育士・こどもコンサルタント・(株)KANSAIこども研究所社長・日本笑い学会理事

・大学講師・ラジオパーソナリティ・怪獣博士

という 7つの顔を持っているんです!講義でも実践的な話から怪獣の話しなど様々な話題がとびだします!

IMG_0660

 

今日の講義では、いろいろな体操をしました。ちびまるこちゃん体操・忍者体操・ハメハメハ体操・・・

IMG_0653

 

踊っているうちに、みんな笑顔になってきます

IMG_0655

 

さて、先生考案の体操を踊り終わったところで グループごとに「アイアイ」の振付を考えよう! という課題が

出されました!制限時間は10分!みんな大慌てです!

IMG_0678   IMG_0670   IMG_0669

 

あっという間に発表の時間になりました。10分でどんな振り付けを考えたのか・・・ドキドキです

IMG_0684

 

IMG_0688

 

IMG_0696

 

IMG_0706

 

IMG_0698

 

発表中に楽しんで踊っているのが伝わってきて、とても良かったです。

9月の実習もその笑顔でいきましょう!たくさん学ばせてもらいましょうね。

 

大塚(副手)

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年8月13日  イベント

子どもの発想はおもしろい!

こんにちは。連日猛暑日ですね。

みなさん、夏休みはいかがお過ごしですか。

私たちCゼミの3回生(勝谷佳樹、北岸夏波、高村翔子、森田優花)、4回生(清水勇太、西山佳菜、日浅美久、興松友梨子)は夏休みに入った8月8日(月)〜10日(水)の3日間ジェイアール京都伊勢丹7階おもちゃ売り場を会場に「MY BOOKをつくろう」ワークショップを行いました。

そのワークショップの様子をアップしますね。

 

事前予約で子どもたちの名前をお聞きしています。

その名前をいろいろなフォントで1ページに1文字ずつアルファベットで印字されています。

そう、ページを捲ると自分の名前で1冊の絵本になっているんです。

フォントのカタチからいろいろなものをイメージして自分だけの絵本をつくるというものです。

伊勢丹WS

事前に予約してくださった子どもの名前の冊子を学生たちが1冊ずつ手づくりで準備しました。

IMG_8814

 

IMG_0006

学内でのワークショップの経験は何度かありますが、デパートでのワークショップは始めてです。

ちょっと、緊張感がありますね。

そして土曜日、学内からの運び出し組と伊勢丹側の受け取り組に分かれて搬入を行いました。

搬入には施設課の中川さんにトラックを出していただきました。中川さんありがとうございます。

中川さんのトラックが到着すると同時に、何だか雲行きが怪しく、ぽつ、ぽつ降り出しました。

そして急に土砂降りの雨。トラックには屋根がありません。

みんなの必死で濡れないようにと、機敏な動きで間一髪!作成した冊子を助手席に積み込み濡れずにほっと、一安心。という一コマがありました。

あの時雨で濡れていたら、と想像すると…。無事に搬入できて本当によかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、ワークショップが始まりました。

事前予約してくれていた親子が早くも来て待ってくれています。

子どもたちもちょっと、緊張気味ですね。

清水君が優しく声を掛けて雰囲気づくりをしてくれました。

IMG_0002

そして、導入開始です。

学生:「みんな、英語は知ってる?」「これは何て言う文字か分かる?」

文字は変形されているので少し分かりづらいですが「このカタチ何に見えるかな?」

子どもたち:「?!」

学生:「おねえさんはね、こんな風に見えたのよ」と即興で描きます。

IMG_0004子どもたちは自分の名前の入った絵本をもらうのを楽しみにしているようです。

導入の間も早く本が欲しいな、とワクワクしている様子が伝わってきます。

「はい。これ○○ちゃんの本だよ。」

IMG_0123

さぁ!子どもたちもページを捲って文字と睨めっこです。直ぐに思いつく子、じっくりと考えてからはじめる子、文字は関係無く描き始める子、いろいろですがとても真剣に取り組んでくれています。時間があっという間に過ぎていく感じです。子どもたちの集中力が凄いです。1時間半しっかり取り組んでも足りないぐらいに一生懸命です。付き添いのお母さん、お父さんの方が手持ち無沙汰な感じです。離れても大丈夫な子の親御さんにはお買い物に行ってもらいました。帰ってきてもまだ続いている姿に親御さんもびっくりです。

IMG_0011

 

おにいさんも子どもたちといっしょに、すっかり自分の世界に入っています。

子どもはそんな学生の姿に安心するようです。

学生たちも一緒に愉しい時間を過ごさせていただきました。

IMG_0009

お父さんん、お母さんもいっしょに楽しんでくださっています。

IMG_0014

事前に申し込みをしていただいていたのですが、当日の会場の様子を見て参加してくださる方のために

急遽当日参加用の蛇腹の形態の冊子をその場でつくることにしました。

途中でアルファベットが足りないというハプニングもあり、忙しい伊勢丹のおもちゃ売り場の方にご無理をお願いしてコピーをさせていただく場面もありました。

夏休みに入っておもちゃ売り場は平日にも関わらず、大勢の親子で賑わっています。

そんな忙しい場面でも快くいろいろ対応してくださいました。

おもちゃ売り場のみなさん、本当にありがとうございました。

IMG_8813

 

IMG_0036

IMG_0037

IMG_0038IMG_0039IMG_0041IMG_0046IMG_0052IMG_0072IMG_0084IMG_0091IMG_0094IMG_0096IMG_0124IMG_0126

子どもたちのお気に入りのページを写真に撮らせてもらいました。おもしろいですよ。

IMG_0026

 

 

IMG_0029

IMG_0018

 

IMG_0030IMG_0051IMG_0060IMG_0063IMG_0064IMG_0077IMG_0078IMG_0080IMG_0081IMG_0086IMG_0097IMG_0100 IMG_0112IMG_0115IMG_0117IMG_0129IMG_0131IMG_0135IMG_0137IMG_0139IMG_0140IMG_0145IMG_0153

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな一コマに出会いました。

この女の子のつくったMY BOOKには素敵な計画がありました。

絵を描いている途中で、「お母さん、こっちへ来ないで」と言った女の子にお母さんは少し驚ろかれたようですが、静かに離れてくださいました。

すると、最後のページに「まま、いつもありがとう」というメッセージを書きはじめました。

こんなのもらったらお母さんはうれしいだろうな〜と、学生たちは既にウルウルです。

IMG_0067

恥ずかしそうにお母さんに渡す女の子とサプライズに嬉しそうなお母さん。

お母さんも女の子もしあわせそうです。

しあわせな時間を共有させていただきました。

IMG_0070

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワークショップは①10:30〜②13:00〜③15:00〜の1日3回行いました。

3日間で合計52組の親子が参加してくださいました。

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

私たちもとても愉しい時間でした。

 

子どもたちには、ちょっと難しいワークショップかな、と思ってましたが2歳から小学4年生までが挑戦してくれました。どの子の発想もその子の中にあるイメージが現れてとても面白かったです。本当は描いているときに子どもが話しながらいろんなおしゃべりをしてくれていた言葉も一緒に動画か何かで残しておきたいぐらいでした。子どもの自由なのびのびとした発想力に今回も驚かされっぱなしでした。

 

最後にジェイアール京都伊勢丹のおもちゃ売り場のみなさん、お世話になりました。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【お知らせ】

Cゼミの3回生は9月の瓜生山祭(9月18日/19日)で

10000個の紙コップを使ったワークショップを行います。

今回のワークショップの経験を活かして、

子どもたちとの愉しい時間をつくりたいと思います。

参加は事前申し込みで先着順になります。

この学科のブログでも8月下旬にご案内します。

チェックよろしくお願いします。

 

教員:梅田美代子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年8月3日  日常風景

教室探索ツアー

教室探索をしてみました

学生たちの作品もちょこっとご紹介します

 

教室のいたるところに作品が!

Bゼミ教室:イーゼルには、3年生が制作している絵画が置かれてますね

自画像の課題でしょうか

IMG_0609

 

 

造形工房:素焼きの器に釉薬(ゆうやく)をつけた物が置いてあります

これから窯(かま)に入れるんですね

中のおはじきやガラス片が溶けるととてもきれいなんですよ

出来上がりが楽しみです!

IMG_0614

 

 

Aゼミ教室:テラコッタ粘土で作った動物

なんだか話し合いをしてるみたいですね

IMG_0622

 

探索を終えて屋外へ

IMG_0617

 

はー!いい天気ですね

IMG_0618

 

4月のオープンキャンパスで使ったレモンの、種から育てた苗もぐんぐん

成長しています!

IMG_0606

 

ちょっと木陰で一休み 風が心地いい

IMG_0611

 

夏季休暇期間も学生たちは教室に来て制作をしています

暑いけどがんばれ!

 

大塚(副手)

 

 

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。