プロダクトデザイン学科

2016年8月

  • LINEで送る

2016年8月10日  ニュース

本のムシ!

pd_160722b

みなさん、これ↑何だと思いますか??

 

実はこれ、卒業生の木下侑子さんが在学時代に授業内でデザインした作品で、
インテリアとしてもおしゃれな本型の“捕虫器”なのです!

 

プロダクトデザイン学科の授業では、企業とコラボレーションをして授業を行う、
産学協同授業も多く行われていますが、今回、株式会社SHIMADAさんとコラボした作品
“本のムシ”が、ビックサイトで行われる雑貨エキスポの展示会に出展されました!

 

pd_160722c

本を開き、剥離紙をはがして設置するだけで、粘着シートの蛍光色や両端の蓄光シートで虫を誘引し、
虫を簡単に捕獲することができる優れもの!

 

pd_160722d

粘着シートは英字新聞調のデザインで、虫がついても目立ちにくく、インテリアを妨げないデザインになっています。
パッと見、これが捕虫器とは思えないかわいさですよね

 

周りを見渡してみれば、もっとこんなものがあればいいな~と思うものって、実はたくさんありますよね。
プロダクトデザインはそんな想いを自分の力でカタチにできることももちろんですが、
それを喜んで使ってくれるお客さまがいらっしゃることが何よりも嬉しいことですね!

 

みなさんも店頭で“本のムシ”を見かけられた際は、是非手にとってご覧ください!

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。