歴史遺産学科

2016年11月

  • LINEで送る

2016年11月25日  ニュース

李先生、螺鈿漆器作品受賞のおしらせ!!

本日は、歴史遺産学科に非常勤講師として来ていただいています、

李 宣周(イ ソンジュ)先生の受賞情報のお知らせです!!

 

李先生は、昨年度本学大学院博士課程を卒業され、博士号を取得されました。

そして、今年度から非常勤講師として歴史遺産学科に来ていただいています。

螺鈿漆器(らでんしっき)の研究者であり、制作者です。

 

DSC_0019

DSC_0017

 

3回生の演習授業において、螺鈿の制作を通じて伝統技法を学ぶ実習授業をしていただいています。

 

今回は李先生のご出身である韓国の「大韓民国伝承工藝大展」での受賞です。

この「大韓民国伝承工藝大展」は、韓国の伝統を正しく伝承しようという精神と、

韓国工芸の伝統的な美しさを広く伝えて育成・発展させることを目的に行われている国家公募展です。

 

その公募展において、李先生は韓国文化芸術委員会委員会長賞を受賞されました!

 

20161123155000-0003

20161123155041-0004

 

上の画像にある、「螺鈿玳瑁魚皮龍鳳凰紋箱」が受賞作品です。

貝殻の美しさや図柄の多彩さが光る作品でした。

 

本当におめでとうございます!!

 

 

  • LINEで送る

2016年11月10日  イベント

秋の歴史研究クラブ開催のおしらせ!!

今年の秋は寒いですね~

きっとこの寒さがきれいな紅葉みせてくれますね!!

さて、その秋にぴったりのフィールドワークとなる

歴史遺産学科主催の「歴史研究クラブ」のおしらせです。

 

北野天満宮鳥居

 

11/19(土)の午後から、「豊臣秀吉・秀頼の遺産を見に行こう!」と題しまして、

受験(学問)の神様が北野天満宮をたずねます。

 

 

北野天満宮は菅原道真をおまつりしている神社であり、

北野の天神さん(てんじんさん)として親しまれています。

 

菅原道真は学問の神さまとしても知られ、

受験生などの祈願、絵馬の奉納などでよく知られています。

 

北野天満宮牛

 

また、天正15年(1587)には天満宮境内において豊臣秀吉による北野大茶湯が開催の舞台となり、

古くからの様々な歴史を持った神社です。

 

P1220254

 

今回の歴史研究クラブでは、この秀吉ゆかりの北野天満宮とともに、

京都を外敵から守るために作ったとされる御土居(おどい)の遺構や、

快慶作「十大弟子像」の残されている大報恩寺(千本釈迦堂)も見学します。

 

とっても濃~い内容のフィールドワークとなりますので、

興味のある方、ぜひぜひご参加ください!!

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

歴史研究クラブ -第4弾-

「豊臣秀吉・秀頼の遺産を見に行こう!-受験の神様 北野天満宮見学-」

 

2016092816532120160928165327-0002

 

 

日時:11月19日(土)13:00~16:00

集合場所:京都造形芸術大学 NA棟(人間館)4階 歴史遺産学科研究室

集合時間:12:45 ※当日はスタッフが待機していますので、全員で現地にむかいます。

対象:高校生・受験生 参加費:無料

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。