通信教育部

2016年11月

  • LINEで送る

2016年11月30日  イベント

【芸術学コース】特別講義を開催しました

みなさん、こんにちは。芸術学コース教員の池野絢子です。

 

今回は、11月23日に瓜生山キャンパスで開催された特別講義についてご報告します。

 

1130_3

 

芸術学コースでは毎年、学外のさまざまな先生をお招きして特別講義を行っています。

今回は、イタリア文化会館(大阪)との共催で、元ミラノ20世紀美術館館長のマリーナ・プリエーゼ先生にお越し頂き、20世紀イタリアの芸術家ルーチョ・フォンタナについてのお話を伺いました。

 

1130_1

 

カンヴァスを切り裂いた絵画で20世紀美術の歴史上に名を残しているフォンタナですが、プリエーゼ先生が講義のなかで注目したのは、むしろ彼の「空間環境」と呼ばれるシリーズ作品です。それは、ある空間のなかに吊り下げられた様々な物体なのですが、その物体だけではなく、それがそこに置かれている環境そのものが、一つの作品なのです。

 

このように「もの」と環境がセットになったような芸術作品は、いまでこそ「インスタレーション」という名前で私たちにとってお馴染みのものになりました。しかしフォンタナは、この「インスタレーション」が生まれるよりもはるかに早く、作品が置かれる場や、鑑賞者と作品の関係に注意を払っていたという事実を、プリエーゼ先生は様々な事例を挙げながら指摘されました。

 

 

私も知らない作品ばかりでびっくりでしたが、それもそのはず、プリエーゼ先生は現在、ミラノのハンガー・ビコッカ美術館で「ルーチョ・フォンタナ 環境」という展覧会を企画中なのだそうで、今回のお話はその展覧会のための最新の研究成果に基づく内容だったのです。フォンタナは、「空間環境」のほとんどを展示後に破壊してしまったため、実物は残っていないのですが、企画中の展覧会ではそのいくつかが再構築されるのだそう。講義を聞いて、私もぜひ見てみたい!と思いました。

 

先生のお話のあとの質疑応答では、空間、建築、テクノロジー、をめぐって活発な議論が交わされました。プリエーゼ先生が、「学生さんの質問がみな素晴らしかった」と、あとで仰っていたのがとても嬉しかったですね。長丁場にもかかわらず、熱心に聴いてくださったみなさん、ありがとうございました。

 

1130_2

 

 

 

 

《お知らせ》

2017年度学生募集に関連したイベントを今後予定しています。

皆様、ぜひご参加ください。

 

12月4日(日)12:00~ 瓜生山キャンパス 入学説明会

 

12月11日(日)12:00~ 東京外苑キャンパス 入学説明会

 

 

京都造形芸術大学通信教育部 芸術学研究室が運営しているツイッターもぜひご覧ください。

芸術学コースのつぶやき@geigaku4

芸術学コース |学科・コース紹介

  • LINEで送る

2016年11月28日  授業風景

【日本画コース】「日本画IV-2(模写/彩色)」スクーリング

こんにちは。通信日本画コースです。

先日、京都では模写のスクーリングが行われました。

今回みなさんに模写していただいたのは「百鬼夜行絵巻」です。
絵巻をまるごとは模写する時間がないので、
百鬼夜行のいろんな場面の模写手本を用意して模写してもらいました。

墨や筆の種類や使い方はもちろん、
彩色も天然の岩絵具を焼いたりして色をだしたりと、
模写をすることで多くの学びを得られたのではないでしょうか。

細かい制作だったと思いますが、受講された皆さんおつかれさまでした。
今回の体験を今後の制作にも活かしていただければと思います!

 

 

DSC02155

 まずは百鬼夜行絵巻についてなどの座学!

 

 

DSC02173

猪飼先生による模写のあげうつしデモンストレーション

 

 

DSC02186

皆さん集中して先生の手元を見ていました

 

 

DSC02213

先生に見てもらいながら模写をするので、
はじめての模写でも安心です

 

 

 

DSC02214

分からない事・質問があったら先生に相談!

 

 

DSC02310

完成後に裏打ちするための準備中

 

 

DSC02330

裏打ちは京表具師の物部先生に教えていただきました

 

 

DSC02551

 模写は普段以上に絵の具の溶き方もしっかりと!

 

 

DSC02612

天然の岩絵具たち…綺麗ですね

 

 

DSC02634

天然の岩絵の具は焼く事ができるものもあります。
焼く事で渋い色合いを出したり。

 

 

DSC02710

皆さん楽しみながら模写されていました!
細かい作業が積み重なって出来上がる作品は
見応えがあるので嬉しくなりますよね。

 

 

 

DSC02727

最終日の合評風景です。

みなさん初心者とは思えない程の
すばらしい模写をされていました!

 

 
 
日本画コース | 学科・コース紹介
日本画コースブログ

  • LINEで送る

2016年11月28日  イベント

【写真コース】特別講義が開催されました

こんにちは。写真コース研究室です!写真コースでは年間数回の特別講義を行っています。特別講義は通常の

スクーリングに加えて、写真界の一線で活躍する作家や批評家をお迎えし、ご自分の作品や昨今の写真事情

などについてお話しいただいています。

 

今年度の京都瓜生山キャンパスでは本学名誉教授の鈴鹿芳康先生、アーティストの鈴木崇先生、東京外苑

キャンパスでは写真家の北野謙先生、美術史家で東京藝術大学教授の伊藤俊治先生による特別講義が行われ

ます。今回はそのうち、先日行われた鈴木崇先生と北野謙先生の特別講義の模様をお伝えいたします。

 

まずは10月15日に京都で開催された鈴木崇先生の特別講義です。

 

_H7A2967_3s

鈴木崇先生 @瓜生山キャンパス

 

鈴木崇先生はThe Art Institute of Boston写真学科を卒業後、デュッセルドルフ芸術アカデミー、トーマス・

ルフクラス研究生としてドイツに滞在されました。同時期にトーマス・シュトゥルートのアシスタントも勤

められています。写真を見るときに生じる視覚と知覚の認識のズレやその関係性、写真メディア自体への

考察等をテーマに、国内外で作品を発表されています。

 

 

_H7A2971_2

作品解説の様子

 

留学時代のお話や、主な出品展覧会である、2006年の東京国立近代美術館の「写真の現在3:臨界をめぐる

6つの試論」や、2014年の愛知県美術館による「これからの写真」での出品作品の解説、

 

_H7A2962_2

写真集の紹介

 

2014年にドイツのTRADEMARK PUBLISHINGより出版された作品集『kontrapunkt』、2015年にIMA

Photobooksより刊行された『BAU』と『ARCA』の写真集などについての解説をしていただきました。

 

 

_H7A2973_2_H7A2979_2s

特別講義会場風景

 

折しも、東京国立近代美術館にてトーマス・ルフ展が開かれていることもあり、全国から60名以上もの学生が

集まり会場は熱気にあふれていました。その後、会場を外に移しての懇親会も盛況で、デュッセルドルフアカ

デミーでのトーマス・ルフの教授方など、学生に大学での研究のあり方などを夜遅くまで語られ、好評でした。

 

 

一方、11月12日には東京外苑キャンパスにて、北野謙先生による特罰講義が開催されました。

 

_MG_3122_2s

北野謙先生

 

北野謙先生は1968年東京都生まれの写真家。1991年に日本大学生産工学部卒業後、1994年に東京の風景を

スローシャッターで捉えたシリーズ「溶游する都市」で初個展を開かれています(I.C.A.C.ウェストンギャラ

リー、東京)。

 

_MG_3110_2s

「溶游する都市」の解説

 

1999年から世界各地のさまざまな文化や立場の共同体や集団の人々、数十人の肖像を暗室で多重露光して

1枚の写真に焼き付ける「our face」シリーズを開始され、岡本太郎現代芸術賞特別賞、東川写真賞新人賞

などを受賞されました。

 

_MG_3130_2s

お持ちいただいた「our face」シリーズのプリント

 

これまで150余の作品を制作し、作品は東京国立近代美術館、国立国際美術館、東京都写真美術館、サンフ

ランシスコ近代美術館などにコレクションされています。

 

 

_MG_3116_2s

オリジナルプリントを見せながらの作品解説

 

2010年からは北京の三影堂撮影芸術中心の大暗室を使ってアナログプリントによる等身大作品を制作され、

世界各国で発表されています。

 

 

_MG_3127_2s

北京での大作品プリント制作についての解説

 

2011年には写真批評家の福島辰夫の評論集(福島辰夫写真評論集1〜3巻、窓社)を企画総編集されるなど、

写真作品の制作にとどまらない活動をされています。2012年には文化庁新進芸術家在外研修員としてアメリ

カに1年間滞在され、東日本大震災以降の近年は太陽をテーマにした作品に取り組まれています。

 

 

_MG_3125_2s

海外での取材のご様子。

 

 

_MG_3134_2s

質疑応答

 

このように写真コースでは、国内はもとより国際的に活躍する写真作家や批評家をお招きして、プロの

世界の実際を本格的な内容で学生にお伝えしています。このことにより、日常の学習では到達しえない

知見を得、自身の作品制作へとフィードバックする機会がもたらされ、高いレベルでの作品制作へと

つながっています。

 

【京都キャンパス】12月4日(日)入学説明会開催! 

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing_dec/

 

写真コース | 学科・コース紹介

  • LINEで送る

2016年11月25日  ニュース

【空間演出デザインコース】 「造形表現基礎(空間演出デザインII-1)」スクーリングのご紹介

皆さんこんにちは。
空間演出デザインコース(空デ)の川合です。
11月には珍しく、東京では雪が降りました。気候が急変する毎日が続きますが、お元気にお過ごしでしょうか?
さて、今日は先週末(11/19~20)に外苑キャンパスで開催されたスクーリング空間演出デザインII-1「造形表現基礎」をレポートいたします。

空間演出デザインコースでは、インテリアデザインを中心にしてさまざまな領域の学習へと視野を広げていきますが、1年次配当科目の「造形表現基礎」では、身近な素材としての紙に「折る」「切る」「曲げる」という加工を施して、多様な表現を探っていきます。
ご担当いただくのは、彫刻家の牛膓達夫先生と樋口保喜先生です。

 

まず、手を動かして作り始める前に、牛膓先生のスライドレクチャーです。上のスライドは、イギリスの彫刻家、アンソニー・カロの作品。太いパイプと細いパイプが異素材で接合され、非常に軽快に、まるで台座から滑り落ちんばかりの絶妙なバランスで構成されています。「コンポジション(構成)するためのコンストラクション(構造)」という、現代彫刻家の構成の妙に、最初は皆さん戸惑いながらも、楽しそうに彫刻を語る牛膓先生のお話しに引き込まれていきます。

photo01

講義中の牛膓先生

スライドレクチャーで造形する手がかりをつかんだ後は、2クラスに分かれ、1クラスはインスタレーション、もう1クラスは照明器具に取り組み、翌日はクラスのメンバーを入れ替えます。インスタレーションクラスでは、キャンパス内の空間に数十個の「紙のユニット」を点在させ、その空間に作用する形を考えます。ここはさすが空デの皆さん。居ても立っても居られず、すぐに教室を飛び出して、空間探しのスタートです。

photo02

インスタレーションの場所探し中

この方は、外苑キャンパスの中庭をインスタレーションの空間に選び、中庭に面した廊下の途中のひとつの地点から見るとそれまでバラバラに見えていた単体のユニットが突然、全体で意味を持つ形になって見えるようになるというインスタレーション作品を作られました。彫刻のような立体的なユニットを考えるだけでなく、ぺらぺらな平面的な紙でも、配置、構成の仕方によっては、立体的に空間に作用することができるという発見がありました。

photo03

時には先生にも配置の調整をお願いして、、、。

photo04

時には友人にも相談して、、、。

そして、照明器具のクラスです。照明器具も同じく紙のユニットを基本形態としますが、インスタレーションと異なるのは、「紙のユニット」を一体に組み合わせて全体を形作るということです。つまり、ここでは自ずとユニットが組み合わさった立体物(照明器具)が出来上がります。このクラスでは、水に濡らして形状を固定し、乾かすとその形状が保持される、ファイバークラフト紙という特殊な紙を使用しています。

photo05

ファイバークラフト紙の特性を語る樋口先生。

photo06

ファイバークラフト紙を水で濡らして乾燥中。

ユニットが決まればあとは全体をどのように形作るかを検討します。内部から照明を照らすという条件もありますので、影の出かたも考慮して、組み上げていく作業となります。この作業はほんの少しの構成の違いで全体の見え方がガラリと変わる、非常に重要な工程になります。

photo07

試作段階で何度も光の加減を確認します。

構成が決まり、全体が形作れれば作品の写真撮影です。合評会では写真を教室内の大きなプロジェクターで表示しながら行いますので、この撮影は最も大切なプロセスです。余計な光や、背景が映り込まない様に注意し、手ブレの無いように、カメラを三脚にしっかり固定して撮影します。

photo08

さぁ、うまく撮影できるでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雰囲気のある写真が撮れましたね。

 

授業の最後には牛膓先生から、2016年のノーベル医学生理学賞を受賞された大隈良典さんを引き合いに出し「基礎科学は基礎の段階では何の役にも立たないように見えるかもしれないけれど、その応用を見出されたときがすごい。この造形表現という美術の基礎も、皆さんがこれから取り組まれるデザインという応用を見出されたときに初めて活きてくるのです。頑張ってください!」と励ましの言葉をいただきました。

 

この授業では「点・線・面」という造形の基本要素を使用して、空間の演出を試みながら、発想、表現していただきました。言うまでもなく「点・線・面」という造形の基本要素はインテリアを設計する際にもまず押さえておかなければいけない要素でもあります。それらの要素をもとにして設計する意識がなければ空間のつながりがなく、バラバラな構成となり、また、一向に全体が形作られないことにもなってしまいます。今回は、紙という一見シンプルな素材でも、「点・線・面」から形作ることで、実にいろいろな表現やその展開の可能性があることを体験いただけたと思います。いつかきっとここで発見した「点」のようなアイデアが、線になり、面となって皆さんのデザインに昇華されることでしょう。

 

それでは、授業に参加された皆さん、牛膓先生、樋口先生お疲れさまでした!

 

おまけ
先日、11/3(木・祝)に関西、関東同日開催で空間演出デザインコースの秋の恒例行事、空デエクスカーションが開催されました。新入生をはじめ、卒業生たちも集まってくれた和やかなエクスカーションになりました。関西は滋賀県近江八幡市で開催していたアートイベント、BIWAKOビエンナーレ2016。関東は新宿区で公開されている作家や画家たちのアトリエ空間を逍遥しました。次回もまた面白い空間を訪ね歩きますので、開催をお楽しみに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関西:BIWAKOビエンナーレ2016の会場で作戦会議中

photo11

関東:画家・中村彝のアトリエに「お邪魔します!」

さらにおまけ
11/13(日)の一日体験入学に参加された皆さん、お疲れさまでした。
皆さんと同様、京都の研究室スタッフもとても楽しいひと時だったとのことです。
またお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

空間演出デザインコース | 学科・コース紹介

  • LINEで送る

2016年11月24日  ニュース

【芸術教養学科】「秋の1日体験入学」のご報告

 

01_geikyou_taiken

みなさん、こんにちは。芸術教養学科の教員、加藤志織です。今回は、11月13日(日)に京都の北白川にあります瓜生山キャンパスでおこなわれた「秋の1日体験入学」の様子をご報告します。

 

参加者のみなさんには、まず入学式に出席して全体説明を受けてもらい、つぎに希望の学科・コースにわかれて体験授業に臨んでいただきました。体験授業では、芸術教養学科の教育目標を知っていただく意味もあり、最初に「芸術とは何か?」について参加者全員で考えていただくワークショップを実施、続いて当学科のコース説明をした後に、「芸術を生活に活かす」と題した講義をしました。

 

02_workshop-1

わたしたちの学科は芸術を広く解釈し、教養として学んでいただくところです。普通、芸術というと多くの人が、絵画・彫刻・建築といった美術(造形芸術)、もしくは文学や音楽を連想されます。しかし、芸術教養学科では、コミュニティ、時間、ワークショップなどのデザイン、さらに祭礼や年中行事といった伝承文化、庭園、部屋の設え(しつらえ)なども芸術に含めて考えます。

 

03_workshop-2

「秋の1日体験入学」では、最初にワークショップをおこなうことによって、芸術の定義についてみなさんに考えていただいた上で、なぜ本学科では芸術を広く解釈するのか、その理由をお伝えしました。

 

そもそも「芸術」は、西洋でも日本でも、古くは「技術」を意味する言葉でした。それが、近代以降になると、天才と呼ばれるような一握りの人びとが、類稀なる美的感性や斬新な着想に基づいて制作した作品を指すようになります。ちなみに「美術」は、そうした作品のなかでも、とくに絵画・彫刻・建築を示すために近代になって西洋でつくられた語です。したがって、「芸術」のもともとの語義が、人間がより良く生きるための技や知恵であったことを忘れてはいけません。

 

わたしたちの学科が、コミュニティのデザインや伝承文化などを芸術に含めるのは、優れた美術作品を鑑賞して感動することに加えて、広い意味での芸術がもっている力によって、実生活や身のまわりの環境をより快適で豊かなものに変えたいからです。実際に、そうした取り組みがこれまでに実行されてきました。その一例が柳宗悦(やなぎむねよし、1889~1961)によって提唱された民芸運動(民芸とは民衆的工芸)です。

 

04_mini-lecture

そこで「秋の1日体験入学」の講義では、「芸術を生活に活かす」と題して、柳の思想と民芸運動の概要を説明し、その可能性と問題点についてお話しました。ワークショップ、芸術教養学科のコース説明、講義、トータルで3時間におよびましたが、参加者のみなさんには最後まで楽しんでいただけました。

 

今後も同じような入学希望者のためのイベントをいくつか予定しています。まず、12月には京都(瓜生山キャンパス:12月4日)と東京(外苑キャンパス:12月11日)で入学説明会を開きます。本学科のコース説明はもちろん、京都会場では「造形芸術と社会」、東京会場では「伝統をたずねて、デザイン思考を知る」というミニ講義をそれぞれおこないますのでぜひおこしください。お待ちしています!

 

 

芸術教養学科|学科・コース紹介

過去の記事はこちら

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。