空間演出デザイン学科

2016年12月

  • LINEで送る

2016年12月19日  授業風景

【特別講義】中津良平先生

 

 

 

こんにちは。

 

気づけば2016年も残りわずかとなってまいりました。

ぐっと寒くなり朝は山のてっぺんが少し白くなっていましたね、、!

 

学科内では4回生は卒業制作に追われ、

1.2.3回生も年末の合評や年明けの展示に向けてばたばた、、

 

インフルエンザも流行る季節!体調に気をつけてくださいね。

 

 

 

 

 

さてさて、

先日の特別講義の様子をご紹介します!

 

ゲストは映像分野を研究されている中津良平先生です。

 

今回は中津先生が制作されている

映像を見せていただきました!

 

▽こちらがその様子

 DSC_0018

DSC_0009 DSC_0010 DSC_0014 DSC_0017 DSC_0012

 

 

これらのスクリーンに映し出されているものは

絵の具とスピーカーを使用した動画です。

 

綺麗な映像でうっとり、、、。

いつも授業で文字が映し出されているスクリーンと違うものに見えるくらいでした。笑

 

 

この映像は絵の具に音の振動を与え、

その様子をハイスピードカメラで撮影したものだそうです。

 

一見CGにも見えますがこれはCGではなく、

物理現象で作り上げられた芸術なのです、、!

 

空中に絵の具が跳ね上がる様子や

水中で花揺れる様子がスローに流れ、

とても美しいものでした。

 

成功に至るまで数百回の実験が繰り返されたそうです。

 

 

シンプルなアイデアのものでも突き詰めていくと

可能性は広がると先生はおっしゃっていました。

 

 

 

活躍されている方のお話が実際に聞けるのは貴重な体験ですね。

学生にとって刺激的な講義になったのではないでしょうか。

 

講義を通じて感じたことを今後に活かしていけると良いですね♪

 

 

中津先生、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年12月13日  ニュース

【FASHIONSHOW”BORDER”】ご来場ありがとうございました

 

 

 

 

12/3(土)に開催されたファッションショーに

お越し頂いたみなさま、ありがとうございました!

 

当日は天気も良く、無事終了することが出来ました。

 

作品はもちろん、照明や音楽などの演出も素敵で、

ひとつひとつのブランドのこだわりが魅せられていました!

 

モデルさんたちが場内を数回行き来するように

ランウェイが設営されていたので、

じっくり作品を楽しむことが出来た気がします。

 

3回生のみんな、おつかれさま!

ご来場ありがとうございました。

 

9

 

show__34

show__85

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。