映画学科

2017年1月

  • LINEで送る

2017年1月30日  ニュース

上川周作さんが「グループ魂」のライブに参加!!

卒業生の上川周作さん(『大人計画』所属・俳優コース5期生)が先輩俳優港カヲルさんの『港カヲル 人間生活46周年コンサート ~演奏・グループ魂』に参加します。

 

01

 

東京公演は2月1日(水)「東京国際フォーラム」ホールA、大阪公演は2月7日(火)「オリックス劇場」です。

 

詳しくは上記『港カヲル 人間生活46周年コンサート ~演奏・グループ魂』サイトからお願いします。

 

03

 

最近はテレビ、舞台、CMなど目覚しい活躍を見せている上川周作さん、今回は「グループ魂」のサポート・メンバーとしてライブに立ちます!!

 

あのメンバーに混じってサックスを吹きまくるのでしょうか?

メンバーを押し退けてのソロパートはあるのでしょうか?

 

乞うご期待!!

 

  • LINEで送る

2017年1月28日  ニュース

1回生ボイトレ公演

昨日1月28日に高原校舎Aスタジオで1回生「映画基礎ⅦD」(広田由佳先生担当)のボイストレーニングの授業公演がありました。

 

IMG_9215 のコピー

 

1回生たちは先輩たちの協力の下、初めてみんなでAスタジオにステージを作り、照明、音響のチェックをし、公演に挑みました。

 

IMG_9234 のコピー

 

IMG_9246 のコピー

 

1回生たちは今までの授業で培って来た「声」をスタジオ一杯に響かせました。

 

IMG_9334 のコピー

 

ペアになった男女はそれぞれのキャラクター、シチュエーションを設定しバリエーションを広げました。

 

IMG_9392 のコピー

 

IMG_9426 のコピー

 

IMG_9456 のコピー

 

IMG_9462 のコピー

 

そしていよいよ1回生たちが動き始めます。

 

近いうちに旗揚げ公演のニュースもアナウンス出来るようです。

 

期待して待っていましょう!!

 

IMG_9508 のコピー

  • LINEで送る

2017年1月23日  ニュース

柘植勇人『人間シャララ宣言』ゆうばりファンタ2017へ!

柘植勇人さん(卒業生・6期)が卒業制作として監督した映画『人間シャララ宣言』が、2月に北海道夕張市で開催される「夕張国際ファンタスティック映画祭2017」の「オフシアターコンペティション部門」にノミネートされました。

「夕張国際ファンタスティック映画祭」は1990年から続く老舗の映画祭で、毎年雪の2月に世界中から映画人が集まり開催されています。

 

スクリーンショット 2017-01-22 5.24.55

 

柘植さんおめでとうございます!

上映詳細などはまた近々発表になります!

 

柘植勇人監督です。

Exif_JPEG_PICTURE

 

「人間シャララ宣言」予告編(TAMA NEW WAVE2016への出品バージョン)はこちらです。

  • LINEで送る

2017年1月23日  ニュース

アクション公演『ワイト』ご来場ありがとうございました!!

皆様のおかげをもちまして、昨日アクション公演『ワイト-惨めな人間-』が無事千秋楽を終えることが出来ました。

 

03

 

キャスト及びスタッフ一同皆様に心より感謝いたします。

本当にありがとうございました。

 

15

 

本公演は映画学科「映画演技Ⅶ」(担当東山龍平先生)のアクションの授業の成果発表でもあり、また初の京都造形芸術大学瓜生山キャンパス「直心館」J41教室での舞台公演でもありました。

 

14

 

同時に3回生(8期生)主体の公演ながら、1回生(10期生)たちとダンスを中心としたアンサンブルとしてコラボレーションしました。

 

13

 

1回生の中には初めて舞台に立つ学生もいましたが、3回生たちに負けず躍動感溢れるダンスやアクションを披露しました。

 

10

 

また俳優コースだけではなく製作コースの学生も舞台に立ちアクションを繰り広げました。

 

スタッフにも3回生だけではなく、1回生、2回生の学生たちの協力がありました。

 

07

 

3回生たちは来期それぞれの卒業制作に、1回生たちはいよいよ自分たちの制作、発表活動に進んで行きます。

 

今回の舞台公演の経験を力として更なる飛躍を期待したいと思います。

 

08

 

 

そして近い将来、再びこの「直心館」J41の教室へ戻って来ることでしょう。

 

06

 

重ねて、ご来場ありがとうございました!!

 

09

 

11

 

05

 

 

 

  • LINEで送る

2017年1月22日  ニュース

アクション公演『ワイト-惨めな人間-』本日楽日!

三回生が中心となって演じる、アクション公演『ワイト-惨めな人間-』が、京都造形芸術大学瓜生山キャンパス・直心館J41教室で上演されています。

公演は本日17時の回で終了、楽日となります。

 

C2qQMZYXEAERy9q

C2sYKc3VIAIOx7V

 

映画の世界ではアクション演技のことを、擬闘(ぎとう)とも呼びます。擬闘は、事故の起きないように全てが計算されており、それはダンスのようにも見えます。三回生(8期生)演者達が呼吸を合わせた一瞬一瞬の緊張感、そして跳躍、息をつかせぬパワーが、広いJ41教室を埋め尽くしています。重厚な擬闘、優しく軽い擬闘、8期生個々のキャラクターが生かされたアクションが、90分をあっという間に駆け抜けていきます。

 

C2pIUXKXAAAyBBl

  

『ワイト-惨めな人間-』には、一回生の俳優コースの希望者も参加し、コロスとダンスとをフルスロットルで演じています。10期生のダンスは、群舞でありながらも個々の個性が活き活きと爆発しています!

C2rPShAUcAAy8yh

 

アクション演技の授業・映画演技VIIの講師であり俳優の東山龍平さんも出演され、抑えながらもシャープな存在感を発揮しています。C2rmS7bUkAUPLhp

C2r6AeiUkAE-udW

 

お問い合わせはこちら→2016eigaengi7@gmail.com

 

『ワイト-惨めな人間-』は、入場無料のカンパ制です。

2017年1月21日(土).22日(日)両日17時開演 京都造形芸術大学直心館J41教室

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。