こども芸術学科

2017年2月

  • LINEで送る

2017年2月26日  イベント

こども芸術学科:卒業制作展開催中!

2016年度卒業制作展が開催中です!

こども芸術学科の展示場所は、未来館3階全フロアーにて3月5日まで見ることが出来ます。

 

4年間、こども芸術学科で学んだ成果として、各自の取り組みが現れた今展示は、こども芸術の在り方をも表出させていると思います。こども芸術?なんだろうと思っている方は、是非展示会場にお越しいただき、作品と制作の背景を見て感じていただけると、こども芸術の特殊性を少しでもご理解いただけると思います。

 

それでは、作品は生で見なければ本当の何たるかは伝わりませんが、全作品をざっと紹介します。

sIMG_4851

sIMG_4827

sIMG_4823

sIMG_4808

sIMG_4820

sIMG_4771

sIMG_4798

sIMG_4795

sIMG_4789

sIMG_4794

sIMG_4787

sIMG_4817

sIMG_4688

sIMG_4750

sIMG_4760

sIMG_4825

sIMG_4841

sIMG_4731

面白いですね。絵画、映像、立体、インスタレーション、写真など様々な表現手法を、各自が自由に選択して制作しています。これだけ様々な表現があると言うことは、それだけこども芸術学科は個を大事にしていることにもつながりますね。こどもの絵とかもそうですよね、個が生きているから素晴らしいのですから、技術を越えた自己の表現をいかに導き出せているのかが重要ですね。

展示の中には、触れる体験型のも、遊具、音楽と映像、会期中ワークショップもあり、ゆっくり堪能していただけたらと思います。

 

sIMG_4857

こちらは、各自のポートフォリオを展示会場に置いてあります。こども芸術学科では、作品だけでなくポートフォリオも作成して作品と両方見ることが出来ます。作品を見た後、ポートフォリオを見ていただけると、内容を深く理解していただけると思います。

 

sIMG_4813

sIMG_4838

会場の様子。

 

どうですか、こども芸術学科で学んで制作、活動をしてみたいと思って来たのではないでしょうか? 他ではない絶対的な、異なる学びの環境がここにあるので、是非、まずは卒業制作展の生の作品を見ていただき、こども芸術の可能性を感じていただけたら幸いです。

 

さて、展示会場の未来館は少しわかりづらいので、順路を紹介します。

sIMG_4871

ここが未来館1階の脇の階段です。ここから上がって3階が会場になります。もしくは、矢印の左側の先にエレベーターがあるので、そこから上がることも出来ます。

白川通りから大階段を上がって人間館1階に着いたら、さらに真っすぐ階段で少し上がり、至誠館を右手に見て先に歩き、突き当たったら左に50m歩くと未来館の上記の場所が現れます。

 

sIMG_4869

ここは2階です。あともう少し。

 

sIMG_4868

3階です。この矢印の先のフロアー302、303、304で展示しています。

 

sIMG_4859

外に受付があります。寒い中頑張っています!

ここは、素晴らしいロケーションです。京都の街を一望出来る環境です。景色も是非お楽しみに来てください。

 

sIMG_4875

こちらは、こども芸術学科の校舎のある地心館の近くからの景色です。毎日、時間帯でも大きく変化する景色を見ることが出来ます。ほっとしたり、感動したり、自然豊かな環境です。

 

※ 会場には、こども芸術学科の学生が毎日会場にいますので、作品のことなどお聞きになりたい時は、お声をおかけください。

 

それでは、こども芸術学科の卒業制作展の紹介でした。

(教員、村山)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2017年2月7日  ニュース

しぜんのわ:文化芸術祭でのワークショップ報告

「しぜんのわ」じゆうにあそびをつくってください。

2月5日(日)、京都市障害者スポーツセンター(京都市左京区)にて文化芸術祭が開催されました。様々なコンサートやワークショップなどが行われ、その中でアートワークショップの講師としてこども芸術学科教員の村山も参加し、「しぜんのわ」による展示と共に、自由にあそびをつくってもらう内容をおこなって来ました。

 

s1DSC_6976

自然の藁やコモを使い沢山のわをつくり、水の波紋のような雨の雫のような自然の景を創造し床に置いたり、吊るしたりして展示を行いました。また、同時に自由にわであそびをつくってもらう内容で、ワークショップも実施しました。

s2DSC_7009

親子で参加していただきました。お母さんが怪獣のようになって行き、子どもはわをいけていくようにあそんでいました。

s3DSC_7087

こちらは、わでけんけんぱっのように。

 

s5DSC_7072

こちらも凄い、わで編んで行くようにつながっていきました。

 

s6DSC_7106

どんどんあそびを工夫していくのが見ていて楽しかったですね。

 

s6DSC_7039

子どもも大人も皆わに夢中であそびをつくっていました。素材感も普段触らないとげとげ感と、わらの香りもして五感をフル回転しつつ、自然にあそびを見つけていくのが新鮮な発見でもありました。

s7DSC_7077

いいですねー。皆違うあそびを創造しています。こちら何も言っていません。

とってもいい雰囲気で、あっと言うまに時間になりました。

 

実は、障害者スポーツセンターの前の週に、京都造形芸術大でも、自主参加ワークショップの、わであそびをつくってもらう展示を、プロジェクトリング展の中で行いました。(前のブログで紹介しています。)

s8IMG_2120

この時は、美術家の藤浩志さんとのコラボレーションとして、藤さんがぬいぐるみをわに組み合わせて付けていただきました。かわいいぬいぐるみですが、こちらのぬいぐるみは、藤さんの子どもがおもちゃを持ち寄りポイント制でおもちゃの物々交換のシステムの「かえっこや」で集まったぬいぐるみ達です。ぬいぐるみとわが合わさりかわいらしいですね、ここに集まっているところを見ると、子どもがここであそんだんでしょう。わだけの創造性ではない、コラボによりわの可能性をまた感じることが出来ました。

s7IMG_2051

ここも大学の人間館1階のピロティです。

 

s9DSC_9476

さらにこちら、わつながりで、昨年1月にアーティストの池宮中夫氏をゲストで大学にお呼びし、村山のわと、池宮氏のパフォーマンスにてコラボレーションを行ったときの様子です。

s10DSC_9635

パフォーマンス終了後、1回生の学生が、わであそんでいました。電車ごっこでした。

s11DSC_5924

こちらのわは、トランスアーツTOKYO2015に参加し、東京神田の廃墟ビルの屋上でつくったわです。東京都心の雑草を集めてつくったわになります。

s12DSC_4470

このわも同じプロジェクトで、2016年神田の廃墟ビルの和室の畳でつくったわです。

 

障害者スポーツセンターでワークショップを行うまでに、いろいろな場面で、様々なわをつくってきました。

京都に住んで2年が経とうとしています。その間、神社仏閣や山や自然部にもよく行くのですが、京都の様々な神社で見た、茅の輪の在り方に大変興味をもち、人と自然との間にある、わとでも言いましょうか、互いの関係の中にあるつながりを深く考えることが出来ました。

 

そうしましたら、わを意識化する切っ掛けになった、茅の輪を少し紹介しましょう。

s13DSC_3134

こちら、今宮神社の茅の輪です。

 

s14DSC_3138

いわれなどあり、わのくぐり方なども正式にあります。多少の違いはありますが、体験型のワークショップのようでもありますね。茅の輪くぐりは。

s15DSC_3145

京都で見ることの出来る茅の輪は、全部違うものを見ることが出来ます。ここは、建勲神社の茅の輪です。立派なわですね。かなりのパワーを感じますね。

わは、どこにでもある形であり、普遍的な形でもあります。でも、しぜんのわは、すべて完全体ではないので、そのかたちに魅力を感じているのかもしれません。

 

さて、自身の活動の紹介になって行きましたが、最後に文化芸術祭の他の様子も紹介します。

s16DSC_7147

体育館にてコンサートを主として行っていました。年齢層が高めで、いい意味で地方のアートプロジェクトの開会式を見ているようで、良かったです。地域の中で行われる芸術祭は、文化芸術を身近に感じて見ていただける貴重な機会ですので、今後もっと重要なものになって行くと思われます。

s17DSC_7144

近隣の保育所や児童館の絵画展もありました。地域に開かれたかたちでの芸術祭と言うのがわかります。もっと沢山あってもいいですけどね。

s18IMG_2190

入口に壁画発見。館内にも他に壁画ありました。通路の壁に常設で公募形式で展示スペースを設けていました。ここには、いろんな立場の’方が集う場所ですので、今後も文化芸術を介したプログラムを充実させて行って欲しいですね。さらに言えば、もっと子どもが集まるような仕組みもつくってもらえたら素晴らしいと思います。

 

(教員/村山修二郎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。