通信教育部

2017年2月

  • LINEで送る

2017年2月28日  イベント

【芸術学コース】コース主催 特別講義の報告

みなさんこんにちは、芸術学コース教員の池野絢子です。

 

さて今回は、2月12日に外苑キャンパスで行われた芸術学コース主催の特別講義の模様をご報告します。

特別講義は、芸術学コースが毎年2回(京都、東京で1回ずつ)行っている公開講座です。

 

昨年11月は京都で開催し、講師のマリーナ・プリエーゼ先生にイタリアの現代美術についてお話いただきました(そちらの ブログ記事もぜひご覧ください)。今回はその東京版です。

 

20170228

 

毎回、学内外で活躍されている様々な先生からご専門のお話を伺えるのがこの企画の楽しいところ。

 

今回お越しいただいたのは、保存修復学がご専門の田口かおり先生(東海大学)。

 

田口先生は、保存修復学を大学で研究するかたわら、ご自身が修復士として修復の現場で活動していらっしゃいます。

その田口先生に、「《マドンナ・ピカソ》とめぐりあわない時間たち——美術作品の保存修復とは何か」と題して、保存修復の入門講義をしていただきました。

 

田口先生は、まずご自身が関わっておられる「修復」が、どういうお仕事なのか説明されました。私たちが一般に「修復」という言葉でイメージするのは、壊れた芸術作品を修理する図だろうと思います。ですが、修復に関するお仕事はそれ以外にもあります。保存修復に関する理論的・歴史的研究、それから展覧会コンサバターという、展覧会時の作品の搬入・搬出とコンディションチェックに関するお仕事です。修復士には色々なスキルが求められるのですね。

 

 

 

20170228_2

 

 

それから田口先生は、部分洗浄や、中間色による補彩といった、西洋において過去に試みられてきた修復方法について、図版を見せながら解説されました。

 

今回の講演会ポスターにも登場する聖母子像、通称《マドンナ・ピカソ》は、この部分洗浄という方法で生まれたものだそうです。表面の層を一部洗い落とすことで、その下に描かれた別の絵が現れ、まるでピカソの絵のように一見したところちぐはぐな絵になってしまったとのこと。見た目は奇妙ですが、そこには、芸術作品が経験する時間や、修復方法のありかたをめぐる熟慮があったことが、田口先生のお話からわかりました。

 

 

そして最後に、田口先生がコンサバターとして関わられた最近の展覧会「ティツィアーノとヴェネツィア派」展から、興味深い修復例を紹介してくださいました。

 

普段、展覧会に行って芸術作品の修復方法に注目することはなかなかないと思いますが、そういう見方もあるのか!と驚かれた方も多かったことでしょう。あるいはまた、あの絵画の裏側に実はこんなものが…という発見もありました。

 

20170228_3

 

今回の講義では、学内外から40名を超える方がお越し下さり、修復に対するみなさんの関心の高さが伺えました。質疑応答でも、技法に関する素朴な疑問から、田口先生のお仕事の内容についてまで、さまざまな質問が出ました。

 

最後に田口先生が、修復士を志すきっかけになったエピソードを紹介すると、会場からは自然に拍手が。かつての修復工房の先生に、「修復士にとって大事なのは、いかに自分を消せるかということ」だと教わったのだそうです。確かに、修復は目立ってはいけないわけですが、その一方で、芸術作品と向き合う度に、どのような介入方法をとるか選択を迫られる。その意味では、完全に自分を消し去ることも難しいのではないか、と田口先生は話を結ばれました。修復の奥深い世界に触れて、会場のみなさんも心を動かされたようでした。

 

そんなわけで、今年度の特別講義も盛会のうちにお開きとなりました。来年度はどんなお話を伺えるでしょうか。

 

芸術学コースの特別講義は、誰でも、事前予約なしで参加できますから、まだいらしたことがない方は、ぜひいらしてみてください!お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

京都造形芸術大学通信教育部 芸術学研究室が運営しているツイッターもぜひご覧ください。

芸術学コースのつぶやき@geigaku4

芸術学コース |学科・コース紹介

  • LINEで送る

2017年2月28日  授業風景

【建築デザインコース】スクーリングご報告「フィールドワーク」

建築デザインコースです。本年度も1回生のフィールドワークの授業で京都と奈良の古建築を見てきました。このスクーリングの目的は古建築の様々な見方を身につけることです。古建築に対する知識を身につけることはもちろん、昔の人達が何を考えてデザインしたかを想像して自分の創作活動に活かすことが大切です。雪の舞い散るあいにくの天気になりましたが、寒さに負けず皆で楽しくフィールドワークに行ってきました。

fig1

一日目の前半は京都のシンボル五重塔を擁する東寺の見学です。今年は毎月21日に催される弘法市の日と重なってしまい、すごい人の波をかき分けて参拝場所まで進んでいきます。東寺見学の主な目的は、私達一般の人々が拝む為の金堂とお坊さんが修行するための講堂とで、建築上どんな違いがあるのかを見比べること。建築の用途や目的を知ってからデザインを見ると、同じお寺建築でも全然違って見えてくるから不思議です。今年もラッキーなことに普段入れない五重塔の内部にも入れ、曼荼羅を空間として体感することができました。
一日目後半は東福寺の三門へ。次の日見る東大寺南大門との比較が目的の一つでしたが、作庭家重森三玲がデザインした本坊庭園のモダンさに心動かされた学生さんも多かったようです。

 

二日目は東大寺と浄瑠璃寺を見に一路奈良へ。奈良の古建築はなんといってもデカい!古い!同じ古建築といっても京都にはない建築が奈良にはあります。東大寺では南大門や大仏殿の圧倒的な大きさや、法華堂、転害門といった奈良時代に建立された建築が1000年以上後の現在にまだ現存している事実にただただ驚くばかりでした。

fig2

fig3

最後に訪れた浄瑠璃寺の特筆すべき点は池を中心としたランドスケープと建築が一体となって極楽浄土を再現した世界観。これまでの二日間で大きい寺院や派手な組物を見て来たせいか、こじんまりとした浄瑠璃寺の素朴さや整然とした垂木の美しさが際立っていました。とても幻想的な世界の中、降り出した小雨がゆっくりと雪になる貴重な時間を体験できました。

 

最後に会議室に戻り、皆で古建築に関する議論を行いました。私達が普段イメージしている「日本らしさ」と実際の古建築との差異について意見が沢山でました。皆さん寒い中本当にお疲れさまでした!!

 

 

 

 

建築デザインコース | 学科・コース紹介

  • LINEで送る

2017年2月27日  イベント

【和の伝統文化コース】コース学習相談会のご報告~いけばなデモンストレーション~

こんにちは。和の伝統文化コースです。

今日は、先日開催されたコースの学習相談会@東京外苑キャンパスの様子をご報告します。

 

学習相談会とは、コースの教員と在学生が集まって、日頃の学生生活について懇談するイベントです。

学生生活の過ごし方、学習の進め方、論文研究や卒業研究への取り組み方などを話し合い、在学生同士の交流を

図ることを目的としています。

こうした懇談に加えて、このイベントでは毎回、「伝統文化」の実演家の方をゲストにお招きし、デモンスト

レーションを披露していただいています。

今回のゲストは、いけばな雪舟流次期家元・増野光晴さん。目の前で花を生けてくださるとあり、私たちの期待は

いやがうえにも高まりました。

image1

自宅でも気軽に花を生けられるように、ということで増野さんが取り出したのは、台所用品のボールと、泡立て数個と、フォーク数十本。台所用品を使うという斬新なアイディアに驚きました。いずれも100円ショップで購入したものだそうです。

水を入れたボールを花器にし、泡立てを水の中に並べ置きます。そこにフォークを立体的に刺し、花留めに見立てます。

そうして、そこに色とりどりの花を生けていきます。事前にデザインを考えてきたわけではないそうで、一本一本の花を手に取って見つめ、それぞれの形や色や雰囲気を最大限に活かせる空間をその場で即興的に演出していくのです。

私たちの見ている側を花の正面として、増野さんは花の背後から手を伸ばして生けていきます。

「慣れると後ろ側からでもできますよ。」ということですが、作品がどのように見えるのかを後ろ側から想像しながら進めるのは、簡単にはできそうにありませんね。茎が少し折れてしまっていたり、枝の形が思っていたのと違っていたりするなど、思い通りにならない偶然も重なって、最終的には予想すらしていなかった姿の作品ができあがることもあるのだとか。

 

image2

 

この作品のほかに、これとはまったく対象的な、伝統的な作品も生けてくださったので、性質の異なる二作品のデモンストレーションを楽しませていただきました。花が人に生かされ、人が花に操られる、そんな伝統文化の奥深い世界を垣間見たような気がします。

 

 

和の伝統文化コースでは、花、書、茶、芸能、香などの諸々の「伝統文化」を広く学び、「伝統文化」のいまある姿を動的に見つめ、これからの文化のあり方を考えていきます。今回のイベントでは、花を通して、遊び心と緊張感に溢れる「伝統文化」の世界を実感することができました。次回の学習相談会もどうぞご期待ください。

 

 

 

《お知らせ》

和の伝統文化コースでは、2017年度学生募集に関連した説明会を予定しています。

皆様、ぜひご参加ください。申込不要。

 

3月12日(日)12:00~ 瓜生山キャンパス 入学説明会

3月20日(月・祝)12:00~ 東京外苑キャンパス 入学説明会

 

和の伝統文化コース |学科・コース紹介

  • LINEで送る

2017年2月23日  授業風景

【陶芸コース】卒業制作スクーリング最終回

本年度最後の卒業制作スクーリングが2/10(金)~2/12(日)に開かれました。今回の陶芸コースのブログはその時の模様をお伝えします。

 

初日、会場の教室には緊張感あふれる学生の皆さん29名が集まりました。先ず、西村先生のスケジュール説明が行われました

1

 

作品を添削室から会場へ運び込み、卒業制作作品集のための撮影の順番を待ちます

2

 

午後からはプロのカメラマンによる撮影のためのセッティングが始まります。

3

いよいよ、撮影開始。自身で撮影場所に作品を移動、どんな角度から、全体を撮るのか、クローズアップなのか、とカメラマンの指示を仰ぎながら撮影に挑みます。バックシートは例年通り黒とグレーの色を選べます。

5 4

 

細かい配置が必要な作品は実際のイメージに合わせてパーツも並べなくてはいけません

6

シャッターが押された写真はパソコンの画面で確認できます。数年前まではポラロイドの写真を見て判断していたのですが、デジタルになって便利になったものです。(暗くてブログの写真は手ぶれしてしまいました)

 

7

撮影中も最後のセッティングのための作業をする人もいます

8

撮影のための順番待ち。初日は17:30までしっかりかかりました

 

二日目、いよいよ合評の始まりです。3人一組になり、まずは自分の作品についてコメントしてもらいます、そのあと組になった二人からそれぞれ感想や質問をしてもらい。そのあと教員が質問や感想、意見を述べます。大体一人当たり20分で進めていきました

9

清水、西村、神内の3人の教員が順番に3人の組のコーディネーターを務めます。この日で18名の学生さんの合評が終わりました

10

 

三日目のスタートです。昨日は授業終了後、懇親会があったので、少しお疲れの人もいるかも?

11

今年もパーツを組み合わせた作品や一体化した大きな作品、壁に取り付ける作品など多彩な作品が出てきました

12

制作者である一人一人の言葉を聞くと作品に対する深い想いが伝わってきます

 

13

中には自身の作品に腰掛ける人も!でもこれは椅子としての作品です

14

教員と学生さんも真剣なやり取りです

15

 

29名の人たちの合評が終わり、皆さんホットされたことでしょう。最後に記念撮影をしましたがにこやかな笑顔に本当にお疲れ様でした。これからはそれぞれの道で頑張っていってください。私たち教員も応援しています

 

 

16

 

陶芸コース|学科・コース紹介

 

陶芸コースブログ

 

【2016年度いよいよ最後の入学説明会開催!!】

 http://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing_mar/

  • LINEで送る

2017年2月18日  授業風景

【洋画コース】卒業制作最終スクーリング!

2016年度の卒業制作の最終スクーリングが行われました。
最終仕上げ→作品審査→図録用撮影-額付・梱包と4日間で無事終えました。
さて今年はどんな卒業制作展になるのか楽しみですね。

昨年までの3・6・3・3・3日程から新しく3・3・4・4・4という日程で行われた最初の卒業制作ですが、皆さん如何だったでしょうか。
ほぼ完成していた人については、やや余裕のある最終スクーリング日程でしたが、最終描き込みに賭ける方にとってはとても貴重な時間となったようです。

 

P1120125

39名が一同に揃うと結構な人数ですね。
皆さん緊張の面持ちも、教員の冗談まじりの挨拶で和やかに進みます。

 

P1120123 P1120117 P1120124 P1120113
とにかくひたすら描く、えがく。仕上げに向かって描く事のみです。
二枚目を必死で描く人、二枚同時に描く人、一枚目に戻って描く人。
それぞれの思いを絵筆に乗せ格闘は続きます。
その分、指導し見守る先生の眼差しも真剣です。

 

IMG_0523
P1120002 P1120004 P1120001 IMG_0529 
皆さん残された時間の中で自らの絵画と必死で格闘しています。
なんとも素晴らしい時間です。

 

IMG_0560
どう展示したものか…相見先生もお手伝い。

 

P1120324
こちらは色を塗って額装の準備です。

 

P1120277
さて最終審査も終わるとリスト順に並んで撮影です。

 

P1120323
撮影が終わって額付けを終えると…みなさんほっとした様子です。

 

P1120340
皆さんホントに良く頑張った一年でした。
その分お疲れさんといった和やかムードがひとしおでした。
最後はみんなで記念撮影!よ~く頑張りましたね!!
そうそう、搬入出も忘れないでくださいね…
(報告:山河全先生)

 

最後のスクーリングということで、写真をたくさん撮りました。この下にも続きますがこれでも全部ではありません。。!
ぜひ、続きはコースブログをご覧ください。

 

洋画コース | 学科・コース紹介

洋画コースブログ

 

P1120007 P1120008

 P1120112 IMG_0555 IMG_0545

P1120338

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。