舞台芸術学科

2017年3月

  • LINEで送る

2017年3月13日  学生紹介

学生主催自主企画公演「笑われガスター」

こんにちは。

本日より小屋入りが始まりました自主企画公演、ぐるり。「笑われガスター」のご紹介です。

 

笑われガスター表

 

 

 

 

ぐるり。第二回公演

「笑われガスター」

 

 

私たちは何故他人を笑うのでしょうか
笑いの奇妙なルールが日常の中に根を張り、人を嘲笑することを正当化させてしまってから、
人は不必要に笑いを追求しました。
そんな「お笑い」の天才ガスターが、ハチャメチャで不思議な童話の国で繰り広げる、
笑いあり、涙ありのコメディ作品。
面白くなかったら手をあげてください。

 

 

作 大矢場智之

企画・演出 安井拓磨

 

 

【出演】

浅井結

磯貝優志

上久保梓

小林勇一郎

谷向美紅

横橋瞳

有木太郎

浦聡孝

後藤禎稀

髙田瑠璃

林優花

 

【スタッフ】

舞台監督 長峯巧弥

演出助手 嶋崎美都輝

音響 辻村実央

照明 福岡想

美術 奥田茜

衣装 安武千沙子

制作 畠中彩果

 

 

日時:2017年3月15日(水)13:00/18:00

          16日(木)13:00

 

会場:京都芸術劇場 studio21 【京都造形芸術大学内】

 

料金:予約500円/当日700円

 

予約方法:メール予約

gururi.gururi.gururi@gmail.com

※件名:「ぐるり」予約

 本文:①氏名(ふりがな)②観覧日時 ③人数 ④電話番号

 上記を明記の上、メールにてご予約ください。

 ぐるり。からの返信をもって予約完了です。

 ご予約の受付終了は各回前日の24時までです。

 

 

 

  • LINEで送る

2017年3月3日  学生紹介

自主企画公演「よっ!チョコモフン」nidone.works

こんにちは!

今日は、本日初日をむかえるnidone.works「よっ!チョコモフン」をご紹介します。

 

nodone.worksは2016年度3回生渡辺たくみさん(作/演出)と同じく3回生加藤なつみさん(制作)を中心に

作品作りをしています。こども向けの演劇作品をつくる彼らの今回の作品はクッキングショーです!

20170216191600-0001

 

 

 

この看板が目印です↓

 

IMG_2055

2017年3月3日(金)☆14:30/16:30/18:30

      4日(土)  12:30/14:30/16:30

☆の回はこども芸術大学のお子さんが優先の公演となります。

※受付は開演の30分前、開場は開演の15分前、上演時間は約40分を予定しています。

 

場所:京都造形芸術大学 悠悠館3階 Y31

 

【メール予約】

nidone.works@gmail.com

件名:チケット予約

本文:①よっ!チョコモフン ②お名前(ふりがな) ③観覧日時 ④人数(大人・こども)⑤電話番号

 

公演当日のお問い合わせ:090-8934-7622

 

 

 

 

nidone.worksとは:

成長過程にいるこどもが、おとなになることを少しでもポジティブに捉えることができる作品づくりを目指しています。

メンバーは作/演出の渡辺たくみ、制作の加藤なつみを中心に、作品ごとにゆるやかまともだちを集めて活動中。

今回の2作品は4〜6歳のお子さんが演者とコミュニケーションをとることでストーリーが進むように構成しています。

代表作でもある「チッハーとペンペン」はこれまでに、京都府のこども芸術大学・岩屋こども園アカンパニの親子に向けて行われました。

 

 

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。