キャラクターデザイン学科

2017年3月

  • LINEで送る

2017年3月29日  ニュース

「真のワーク・ライフ・バランス」優秀賞受賞!!




こんにちは。
キャラクターデザイン学科の村上です。

京都市で発足した「真のワーク・ライフ・バランス」の取り組みにおいて
そのイメージキャラクターの募集がありましたが、

このたびキャラクターデザイン学科3年生の清水陽君の作品が優秀賞に選ばれ、

京都市の公式ホームページにて公開されました!

ワークライフバランス
※画像は京都市公式HPより http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000216690.html 「真のワーク・ライフ・バランス」とは、
仕事と家庭生活の調和だけではなく、
地域活動や社会貢献活動等に積極的に参画することによって、
誰もが生きがいと充実感を持って心豊かな人生を送ることができるという、
京都市が推進している取り組みです。

その主旨を吟味し、第三者に的確に伝えられるようデザインを突き詰めて
今回の受賞に至りました。




清水君の今後の活躍にも期待大です!
  • LINEで送る

2017年3月23日  ニュース

学生が「Magic桜」パッケージデザインを担当しました!

 

こんにちは。キャラクターデザイン学科の村上です。

 

今回はゲームゼミの学生の吉田光希さんの作品が商品化されたので、本人からそのプロセスについてお伝えいただこうと思います。

以下、吉田さんのコメントです。

 

 

こんにちは!新・3年生の吉田です!

このたび、株式会社OTOGINOさんの商品「Magic桜」のパッケージデザインをさせていただきました!

皆さんMagic桜はご存知ですか?知らない方はぜひ検索してみてくださいね!

http://www.magicsakura.jp/

 

 

01

 

まず、パッケージ作成にあたってのきっかけは、2年生の時に参加したフランスでのJapanExpoでした。

その時は自分でデザインしたバックを販売したり、名刺やポストカードを配ったりしていました。

帰国後、同じくJapanExpoで出店していてバックを買ってくれていたOTOGINOの社長さんのほうからご連絡をいただき、

 

社長さん「パッケージデザインやってみませんか?」

私「Σ(゚Д゚) やります!!!」

と、即答。

 

内容は、大分県にある古事記ミュージアムというところで外国人観光客向けにオリジナルのMagic桜パッケージをつくるにあたって、【このはなさくや姫】バージョンの制作を依頼されました。

 

 

なので私はまず最初にラフを制作していきました。

イラストのテイストは私に任せてくれるということだったので、このはなさくや姫が桜や水を司る美しい女神とのことで、愛らしさと桜色に重点をおき、原案を提出しました。

02
03

 

 

しかし古事記ミュージアムの方から、大きく変更をお願いされました。

1、黒髪にしてほしい

2、スカートのすそを長くしてほしい

 

ここで私が気づいたことは、「誰が」・「求められているもの」の二点への理解が及んでいなかったことです。

 

黒髪には、外国人が日本人の黒髪に神秘的なイメージを憧れをもっている(そして桜とのコントラストが美しい)ということと、幅広い年齢層に購入してほしいとのこともあり、女神の清楚さ、神秘性への考慮が足りて無かったということです。

 

 

桜といえば…から出てくる簡単なイメージから制作してしまったんですね…

制作を依頼されるということは求められるものがあるということです。

当たり前なんですけど、趣味や課題で描くものとは全然頭の使い方が違うんですよね。

受け取り手がいるということに対して詰めが甘かったようです。

 

そしてまた再考を経て原案2を作成。これが通ったのでこのイラストのテイストに合わせ背景も制作しました。(このはなさくや姫は富士山に祭られているんですよ!)

 

04

 

01

 

そして完成!

実際に届いたパッケージを手に取ってみると感動もひとしおでした!

 

 

まさか学生の時にこんな風にお仕事を任せてもらえるとは思っていなかったのでとてもとてもいい経験になりました。

 

人とのつながりって大事だなぁ、フランスに勇気を出して行ってみてよかったなぁと改めて噛みしめました。

 

行動を起こせばいつか結果につながるものなんですね…

3年生になってもこのお仕事から学んだことを活かしていこうと強く思いました!

 

長くなってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました!

 

 

  • LINEで送る

2017年3月15日  ニュース

ACジャパン広告学生賞にて、グランプリ・準グランプリ含め大量授賞!

 

 

こんにちは。副手のノブモトです。

 

3月10日(金)、「第13回  ACジャパン広告学生賞 表彰式」が電通ホールにて行われました!

 IMG_1918

 

「ACジャパン広告学生賞」テレビCM部門に毎年応募していたキャラクターデザイン学科ですが、今年度は新しく設立された「新聞広告部門」にも作品を応募。

 

その結果、「テレビCM部門・新聞広告部門」合わせて、

 

グランプリ準グランプリを含め、計5作品が優秀賞以上を受賞しました!!

 

(奨励賞も含めると計8作品のノミネートという快挙です!)

 

 

 

受賞作品の紹介と表彰式の模様をお届けします。

 

 

 

【テレビCM部門:指導教員・野村誠司】

ikeda https://youtu.be/HL1LvfS8X6c

 

<優秀賞> 2回生 池田真友さん 『きれいにすること』

 

 

 

 

【新聞広告部門:指導教員・太木裕子】

Saegusa

<グランプリ> 3回生 三枝瑞季さん 『野良猫クレーン』

 

 

 

tanaka

<準グランプリ> 3回生 田中麻央さん 『変わらないこと』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kuniyoshi

<優秀賞> 3回生 國吉優希さん『世界に頼る文化遺産』

 

 

nakamura

<優秀賞> 3回生 中村碧さん『ものさし』

 

 

 

<奨励賞>

nakahara

3回生 中原千晶さん『ひつじ』

 

hiyujon

3回生 許 有廷さん『シロクマ』

 

 

akiyama    

3回生 秋山侑香さん『パフォーマンス』

 

 

※掲載作品は全てACジャパン広告学生賞応募データです。

 

 

 

グランプリ・準グランプリの2名は登壇後のスピーチで作品について話してくれました。

 

IMG_1991 

祖母の認知症が今回の作品を作るきっかけになったという田中さん。
ほのぼのとした優しい絵柄で認知症介護の問題を広く訴えています。

 

 

IMG_2011 IMG_saegusa 

自身もハリネズミを飼っているという三枝さん。ハリネズミがブームとともにペットとして飼われ、その後世話の大変さに捨てる人が多いという問題をきっかけに〔動物虐待〕をテーマに作品を制作しました。

 

可愛らしい絵にインパクトのあるコピーが印象に残ります。

 

 

IMG_2060 

(左から 國吉さん、中村さん、三枝さん、田中さん、池田さん)

 

 

 

みんな私たちを取り巻く今の社会問題に対する問いかけを見事に形にしてくれました。

受賞、本当におめでとうございます!

 

 

 

 

 

グランプリ、準グランプリを受賞した新聞広告作品は7月から全国紙の一部地域にて掲載されます!

 

今後もキャラデの学生の活躍にご期待下さい!

  • LINEで送る

2017年3月13日  イベント

T・ジョイ京都にて上映会が行われました!

 

 

こんにちは。副手の今です。

 

先日3月7日にT・ジョイ京都にてキャラクターデザイン学科と映画学科が合同で

上映会を行いました!

学生作品が大きな映画館で上映されるまたとない貴重な機会です!

  

キャラクターデザイン学科は卒展時に映像ホールで上映していた

12作品をまとめた「PIN MOVIES」を、

 

 映画学科は学長賞受賞作品「たおやかに死んでいる」を上映していただきました!

 

 IMG_1819

 

 

IMG_1796

↑映画学科の嵩村裕司先生、監督の米倉伸さん、出演者の田中志朋さん

 

IMG_1807

↑大野木副学長からのコメントを頂いています。

 

 

大きなスクリーンで見るとまた違った視点で作品を鑑賞することができました。

 

このような大きな映画館で上映していただけた事、学生にとって非常に良い経験になったのではないでしょうか。

 

4回生映像チームのみなさん、お疲れ様でした!

この先、映画館で自分の作品が上映される日が来るよう

卒業してからも頑張って下さい!

 

 

そして最後に、ご協力くださったT・ジョイ京都様

本当にありがとうございました!

IMG_1832

 

  • LINEで送る

2017年3月10日  ニュース

学長内覧会に日本学術会議の井野瀬久美惠副会長にお越しいただきました!

こんにちは。副手の今です。

 

とうとう卒業制作展も終了し、4年生が残すイベントは卒業式のみとなりました。

 

本日は3/2(木)に行われた学長内覧会の様子をご報告いたします!

 

今回は尾池和夫学長と大野木啓人副学長とご一緒に、日本学術会議の井野瀬久美惠副会長に内覧していただきました。

みなさま1つ1つの作品を楽しみながら興味深く、キャラクターデザイン学科の卒業制作をご覧いただきました。

 

 IMG_1705

 

IMG_1612 IMG_1677 

IMG_1726

 

 IMG_1651 IMG_1620

 

 

学生達は緊張しながらも作品のプレゼンを一生懸命行い、貴重な時間を過ごすことができました。

4年間を締めくくる卒業制作展を大勢のお客様に作品を見ていただき、学長や副学長やゲストの方にも見ていただくことが出来ました。

この10日間で体験できた事は一生の思い出になったのではないかと思います!

 

尾池学長、大野木副学長、井野瀬様、貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました!

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。