舞台芸術学科

2017年4月

  • LINEで送る

2017年4月15日  授業風景

前期授業が始まりました。

こんにちは、技官の宇野です。

新年度の授業がスタートして1週間経ちました。

新入生のみんなは、入学式後のガイダンスや初めての授業でとくに大変な1週間でしたね。

水曜日からは学科の専門授業も始まり、期待と緊張が混じっているようでした。

 

 

平井先生による1年生のワークショップ授業の様子。

まだぎこちなさがあった1年生もこの授業でよりお互いの事を知って仲良くなったようです。

研究室でも、1週間前には強ばっていた顔がほぐれているのを見てほっとしました。

IMG_2532

 

2回生は新入生が入って先輩らしさがでてきました。研究室でも1年生の質問に優しく対応している姿がよく見られます。

授業もより専門的になってくるので難しくなっていきますが、これからどんどん頼りがいが出てきますね。

下は2回生舞台デザインコースの授業の様子。

IMG_2516

IMG_2519

 

2回生演技・演出コース 殺陣の授業の様子。

IMG_2481

 

 

 

そしてこちらは3回生の授業発表公演クラスの様子です。

IMG_2567

今年度から授業発表公演を担当していただく、わかぎゑふさんです。

わかぎさんは、演出家で劇作家でエッセイストで女優でもあり、劇団リリパットアーミーIIの座長も務められています。

3回生の春秋座公演にあたり、来年1月の本番に向けて授業を進めていただきます。

夏休みを外すと実質6ヶ月間の制作期間で、3回生は春秋座も初めて。

現役の演出家さんから教えていただく素晴らしい機会なので、しっかりとわかぎさんから吸収していって欲しいと思います!

本番楽しみにしています!!

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。