こども芸術学科

2017年6月

  • LINEで送る

2017年6月29日  学生紹介

優秀学生賞 受賞おめでとう!

こんにちは。

梅雨らしい天気が続き、毎日蒸し暑いですが、皆さん体調を崩されていませんか?

 

今回は、先日行われた優秀学生賞の表彰式の模様をお知らせします。

優秀学生賞とは、3年次までの研究、制作活動において、優秀な成績を納めた学生を表彰するというものです。

 

こども芸術学科からは、露木かおりさんが受賞しました!おめでとう!露木さん!

IMG_7679

ゼミ担当の岸本先生とパチリ!

IMG_2651

IMG_2646

「課題で描いた絵本は現場に行かなければ描けなかった。」という言葉が印象的でした。

こども芸術学科での学びを通して培われた、露木さんの目線から描かれた作品、楽しみにしています。

露木さん、本当におめでとうございます!

 

                                         大塚(副手)

  • LINEで送る

2017年6月19日  授業風景

【授業紹介】 壁面飾りをつくろう!

こども芸術学科の保育の授業を紹介します!

 

みなさんは保育園や幼稚園の教室に、季節ごとに飾りをしてあったのを覚えていますか?

4月は桜の花、5月は鯉のぼり、6月はあじさいやカタツムリ・・・実は、その飾りは壁面飾りと呼ばれているんです。

1年生の「保育内容・表現」の授業では、お誕生日や、入園、始業式、5月6月の季節をテーマに、6グループに分かれて壁面飾りを作りました。

IMG_6099 IMG_6102 IMG_6104 IMG_6109 IMG_6112

IMG_6121

「始業式」の桜の木は紙をくしゃくしゃにして幹を表現していたり、チューリップの汽車に乗った象の鼻から虹をだしたり、みんな趣向を凝らして壁面飾りを作っています。絵が苦手な子でも、画用紙を単純な形に切り貼りして工夫しながら動物や花を作っていました。

 

保育園や幼稚園の先生方の中には、壁面飾り制作が苦手という人も多いのだそうです。学生たちが実習に行った際、壁面飾りの制作をお願いされることもあります。その時が、ここでの経験を活かすチャンス!1年生、がんばれ!

 

—————————————————————————————-

【こども芸術学科7月の体験入学のご案内】

 

1日体験入学 7/9(日)「ものがたりをつくる。」

 

私たちは、「言葉」と「表現」という素晴らしい道具を持っています。この日はこどもの頃へタイムトラベルしたり、自分と他者の間に生まれるコミュニケーションからいろんな発見があるはずです。キャンパス内を散策し、自然からインスピレーションを受け、1つの物語をつくります。それを絵本や紙芝居にまとめ、発表し合い、いろんな物語を楽しみましょう。

【Webからお申込みいただけます。申し込みはこちらから!】

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-11_07-09/

 

 

  • LINEで送る

2017年6月16日  イベント

1日体験入学レポート第2弾

こんにちは!こども芸術学科です。

6月11日の1日体験入学では「植木鉢に未来を描き育てる」を行いました。今回はそのレポート第2弾です!

 

植木鉢に着彩したり、フィールドワークで集めた、草や木の葉、木の実などを使ってコラージュしたりして作品を作ります。まずは至誠館の屋上でフィールドワーク!

IMG_7351

IMG_7353

こどもの頃外遊びをしているとき、砂や土、木の実、草や葉っぱなど、興味を持ったものをまず触っていませんでしたか?参加者の皆さんも「葉っぱってこんなにざらざらしているんだ」「おもしろい形の草が生えている」「同じ草でも場所によって色が違う」などなど、たくさんの小さな発見をしながらフィールドワークを楽しんでいました。

 

いよいよ鉢植えを作る作業に入ります。その際、はさみやカッター、筆などは使わず、すべての作業を手で行ってもらいました。

IMG_7255

IMG_7263

IMG_7239

IMG_7240

IMG_7236

手で紙を破くことで、紙の手触りを感じ、指で絵の具を塗ることで、絵の具の感触、温度を感じます。

この制作を通じて、皆さんの中にあるこども心が呼び起こされ、楽しかったな、こんな表現もあるんだな、と思ってもらえたらうれしいです!

 

 

—————————————————————————————-

【こども芸術学科7月の体験入学のご案内】

 

1日体験入学 B日程 7/9(日)「ものがたりをつくる。」

 

私たちは、「言葉」と「表現」という素晴らしい道具を持っています。この日はこどもの頃へタイムトラベルしたり、自分と他者の間に生まれるコミュニケーションからいろんな発見があるはずです。キャンパス内を散策し、自然からインスピレーションを受け、1つの物語をつくります。それを絵本や紙芝居にまとめ、発表し合い、いろんな物語を楽しみましょう。

【Webからお申込みいただけます。申し込みはこちらから!】

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-11_07-09/

 

 

  • LINEで送る

2017年6月12日  ニュース

1日体験入学に、参加いただきありがとうございました。

6月11日体験入学の授業に参加いただき、ありがとうございました!

 

植木鉢に未来を描き育てる
手からの表現と創造性
未来を植木鉢にのせて!

 

こども芸術学科の鉢植えをつくる体験授業は、芸術系教員の村山が担当しました。まず、大学の瓜生山含めた自然物に手で触れて、制作に使えそうなものを拾い採集し、五感の中の触覚の感性を高めてもらいました。

sIMG_2172

ここは、こども芸術学科の制作場所である至誠館4階にある、庭園です。植物に久しぶりに触れて、香りなども確認しましたようです。

 

今回は、筆やペン、はさみなどは使わないで、空の鉢に絵具を直接手や指で鉢に描く制作になります。紙と採集した植物は、手でちぎって貼ったり、紐でしばったりして、今までにやったことのない「手での表現」の手づくりの体感する授業になります。

sIMG_3661

こちらが、制作に使う空の鉢です。京都の花屋さんから、捨てられるものをいただいて来て、きれいに洗ったものです。身近にあって価値がないようなものにも、創意工夫により、新たな価値を生み出すことは、それこそ芸術なのだと思います。事前に、こども芸術学科の学生さんが、鉢の表面をヤスリかけをしてくれました。つるつるしていますと、絵具が付かないこともありますので。

 

制作した高校生から、子どもの頃に戻ったように、たのしく制作が出来ましたと言ってもらえました。とても大事なことですね。こども芸術学科では、美術の手法や技術を学ぶことだけでなく、自身のこどもの頃のルーツを探りながら、子どもの目線や子ども心を大切に、純粋に表現することが最も大切であると考えています。

 

sIMG_3663

それぞれの思いが形になりました。とっても素敵な鉢になりました。手で紙をちぎると思いもよらない形になってそれが味や良さに見えてきますね。指で描いた絵具のタッチも、筆やペンでは出せない思いがけない表現と、それを見て生かして行くことの中で、どんどんオリジナルな鉢になって行きました。生の植物も、生け花のようにつけたり、貼ったりすることも今まさにつくったと言う新鮮さも面白いですね。

 

sIMG_3662

学科長の近江先生の、こども、芸術、教育の話を、熱心に聞いてくれていますね。

 

 

今回の体験授業では、最後に土と花種を参加者全員にお渡しして、自宅などでここで制作した鉢に土を入れて種を育てるところまで、授業の一つとしています。

 

本日参加してくれた皆さん、種を、子どもの成長に見立て育てて見る中で、生きているものの実感と、多くのことを学び考える機会になってくれれば幸いです。

 

体験授業の教室の中には、在学生の授業で行った作品やポートフォリオなども並べました。また、授業のサポートとして在学生2名にも来てもらいましたので、こども芸術学科の大学での様子なども聞ける機会にもなったと思います。

こども芸術学科のことをより詳しく知りたい人は、体験入学必見です。

 

高校生の皆さん、それでは7月の体験入学も是非楽しみにお越しください。

 

(教員/村山)

 

 

—————————————————————————————-

【こども芸術学科7月の体験入学のご案内】

 

1日体験入学 B日程 7/9(日)「ものがたりをつくる。」

 

私たちは、「言葉」と「表現」という素晴らしい道具を持っています。この日はこどもの頃へタイムトラベルしたり、自分と他者の間に生まれるコミュニケーションからいろんな発見があるはずです。キャンパス内を散策し、自然からインスピレーションを受け、1つの物語をつくります。それを絵本や紙芝居にまとめ、発表し合い、いろんな物語を楽しみましょう。

【Webからお申込みいただけます。申し込みはこちらから!】

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-11_07-09/

 

 

  • LINEで送る

2017年6月9日  イベント

【予約受付中】今週末!1日体験入学!

6/11(日)1日体験入学【植木鉢に未来を描き育てる】を行います!!

お申し込みはこちら!(B日程 7/9(日)の1日体験入学もお申込みいただけます!)

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-11_07-09/

 

【植木鉢に未来を描き育てる】6/11(日)

小さな草木の命が育つ場所、「植木鉢」。あなたなら、そこに何を表現しますか?植物の種をこどもに見立て、種が元気に育つ鉢をデザインします。紙、草木、布などを自由に使って、コラージュしたり、絵を描いてのびのび制作してください。小さな命=こどもの可能性や、他者を受けとめる優しさについて一緒に考えてみましょう。

IMG_8018

IMG_8015IMG_8014

こちらは昨年の1日体験入学で制作された作品です。自然物や紐をコラージュしたり、異素材を組み合わせて花に見立てたりと、作風はさまざま。制作時間は短いですが、皆思い思いの作品をつくっていました。

 

そして今年は!植木鉢を作ることは同じですが、昨年とは少しだけ手法を変えて植木鉢つくりを行います!

どんな内容かは、参加してからのお楽しみです!

 

当日、みなさんにお会いできるのを楽しみにしていますよ!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【こども芸術学科7月の体験入学のご案内】

 

1日体験入学 B日程 7/9(日)「ものがたりをつくる。」

 

私たちは、「言葉」と「表現」という素晴らしい道具を持っています。この日はこどもの頃へタイムトラベルしたり、自分と他者の間に生まれるコミュニケーションからいろんな発見があるはずです。キャンパス内を散策し、自然からインスピレーションを受け、1つの物語をつくります。それを絵本や紙芝居にまとめ、発表し合い、いろんな物語を楽しみましょう。

【Webからお申込みいただけます。申し込みはこちらから!】

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-11_07-09/

1 2

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。