通信教育部

2017年6月

  • LINEで送る

2017年6月30日  インタビュー

教員コラム⑥「初心忘るべからず」/森田都紀教員

 

初心忘るべからず

和の伝統文化コース 森田都紀教員

 

これは、世阿弥という能役者の言葉です。よく知られている言葉ですが、こんにちでは、物事を始めた頃の新鮮な気持ちや志を忘れてはいけないというような意味で使われがちです。しかし、世阿弥自身はそのような意味で使っていませんでした。

世阿弥は「初心」をはじめて物事にあたるときの未熟な状態と捉え、芸を極めるための指標として最初の未熟な状態を忘れてはならないとし、「初心忘るべからず」と言ったのです。だから世阿弥は「初心にかえる」のは未熟な頃に戻ることだとし、否定していました。いまでは「初心にかえって行いたいと思います。」というような言い回しも聞かれますが、これは世阿弥の本意とは言えませんね。

 

「初心」に対する世阿弥の考えは、『花鏡(かきょう)』という伝書でまとまって知ることができます。そこでは「初心忘るべ からず。この句、三ヶ条の口伝あり。是非の初心忘るべからず。時々の初心忘るべからず。老後の初心忘るべからず。この三、よくよく口伝すべし。」と書いていて、役者人生における三つの「初心」を説いています。すなわち、修行を始めた若い頃の未熟な芸を常に忘れず、年とともに時々に相応しい演じ方をその都度学び、老後もまた新しい境地を切り拓いていかなくてはならないという意味だと思います。

また『風姿花伝』の「第一年来稽古条々」では、生涯の芸の基礎となる二十四、五歳 の「初心」の時代はもちろん、生涯を通じて「稽古は強かれ、情識はなかれ」(稽古は厳しく行い、かつ慢心ゆえの強情はあってはならない)と書き、戒めています。

こうした「初心」をめぐる世阿弥の言葉からは、失敗を身につけ、精進し続けることの大切さを改めて考えさせられます。芸術や学問に携わる私たちにも染み入る言葉ですね。

 

 5和の伝統

THE NEW YORK PUBLIC LIBRARY DIGITAL COLLECTIONS

Scene of Noh drama.”

 

 

学科コース紹介|和の伝統文化コース

  • LINEで送る

2017年6月30日  インタビュー

教員コラム紹介⑤「世界が広がる-縮尺という魔法-」/川合健太教員

 

世界が広がる-縮尺という魔法-

空間演出デザインコース /川合健太教員

 

「縮尺」という概念を皆さんはご存知でしょうか。例えば、地図の片隅に書いてある125000 1/25000 という数字がそれを表しています。

つまり、今ここにいる私たちの身の回りの 世界を「1」とすると、その目の前の地図が表している世界が 1/25000 であることを示しています。もちろん、これは紙上に表されたイメージの話であり、実際にはそのような小さな世界は存在していないのですが、古来より人びとはこうした概念をもとにして、未知なる世界の全体像を把握しようと努めてきました。そして、これはわれわれが取り組む空間演出デザインでも同様です。

 

インテリアデザイン、生活デザインの分野では、実寸(11)はもとより、150 1100 の縮尺など、自らの身体(11)を基準にして、さまざまな縮尺を渡り歩きながら、空間を把握し、関係を分析し、発想を練り上げて、図面や模型といったツールを用いて表現していきます。これは言わば、デザイン思考を掌中におさめるための王道であり、建築デザインや空間演出デザインに携わる人にとっては欠かすことができない概念です。

例えば、図面を見ることを「図面を読む」などと言いますが、図面を読むためには縮尺を知らなくてはいけません。どの縮尺で描かれているかによって、そこに描かれた図の意味することが大きく異なってくるのです。いかに素早く図面の縮尺に馴染めるか、それがプロと素人の境目であるとも言えるでしょう。

そして、この「縮尺」がすごいのは、使い方を変えてみると、ある時はアリの視点になって世界を見たり、ある時はゾウの視点になって世界を見たりと、まるで魔法のようにいろいろな世界の見方を獲得することができるのです。縮尺を知るときっと世界がひろがります。

 

 

 

ミニ講義

実寸(1:1)で空間を考えている授業のひとコマ

 

 

空間演出デザインコース | 学科・コース紹介

  • LINEで送る

2017年6月30日  授業風景

【空間演出デザインコース】デザインするために道具や気持ちをセットアップ

皆さんこんにちは。
空間演出デザインコース(空デ)の川合です。
雨が降ったり止んだり、ようやく梅雨っぽい季節になりました。お元気にお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は空デの1年次配当スクーリング科目、「空間演出デザインI-1(デザインリテラシー)」(京都、東京)の様子をお伝えします。

 

今年度から空デのカリキュラムが新しく生まれ変わり、この科目でも内容が大幅に刷新されました。新カリキュラムの根幹である「空間(場)のデザイン」「モノのデザイン」「コトのデザイン」という3つの領域の概要について、2日間の中でグループワークや個人制作を通しながら理解を深めます。

 

とはいえ、まず1日目の午前中はPCのセットアップを行います。空デではPCを持参して課題作成するスクーリングもありますので、その際に必要となる無線LAN、授業共有フォルダやプリンタドライバなどを各自のPCスペックに合わせて設定します。でも、単にPCのセットアップをするだけでは面白くありませんので、早速AdobeCCを使用した簡単な制作にも取り組んでもらいました。これは、京都と東京ともに共通して言えるのですが、皆さんソフトをインストールして間もないのに、あーでもないこーでもないと、自力でどんどん進められ、その様子が実に頼もしかったです。PCのソフトは毎日使用して慣れていくことが大事だと思いますので、あまり苦手意識を持たず、鉛筆などと同じ道具のひとつと考えて、ガシガシ使いこなしていきましょう。

 

そして午後からは「空間(場)のデザイン」ワークショップです。
4〜5名のグループで井戸端会議する空間を考えてもらいます。文字どおり、水ないしはお湯がこんこんと湧き出る井戸を基点として、敷地内に空間を計画します。グループワークを始める前に「ダイアグラム」や「ゾーニング」、「ブロックプラン」といった空間構想のプロセスで使用される図の活用法について解説を受けたら、早速グループ内でディスカッションを開始します。

空間構想のプロセスを解説中。ダイアグラムとは何か。(東京)

空間構想のプロセスを解説中。ダイアグラムとは何か。(東京)


ディスカッションしながら初めての空間構想。皆さん楽しそうです。(京都)

ディスカッションしながら初めての空間構想。皆さん楽しそうです。(京都)

初めての空間構想で、しかもグループワークですので、全員の意見を聞いているうちに時間はあっという間に過ぎてしまいますが、先生らに背中を押されて、グループ内のさまざまなアイデアをひとつのプランに集約していきます。プランがまとまれば、即席で模型を作り、これまでは平面上で検討していた内容に高さ寸法を加え、立体に起こしていきます。こうなると皆さんすぐにイメージが共有できるため、また平面に戻ってブラッシュアップし直すなど、一気に空間構想のスピードが加速していました。そして最後には講評会を行い、最終プランに至るまでの空間構想のプロセスやこれからの授業で必要となる空間構想のアイデア展開の視点を確認しました。

これは一体何をしているのでしょうね?(京都)

これは一体何をしているのでしょうね?(京都)


プランが固まれば、即席で模型も作り、立体でイメージを共有します。(京都)

プランが固まれば、即席で模型も作り、立体でイメージを共有します。(京都)


そして最後には講評会。一連の空間構想プロセスを確認します(京都)

そして最後には講評会。一連の空間構想プロセスを確認します(京都)

続けて、2日目の午前中は「モノのデザイン」ワークショップです。
モノをデザインすると言っても、やみくもに自分の好きなものを作るわけにはいきません。ここでは、モノづくりに必要となる、観察を通した問題発見や問題抽出のステップを踏まえ、本当に必要なモノのかたちや機能を導き出すデザイン思考のプロセスを体験します。

デザイン思考のプロセスを解説中。(東京)

デザイン思考のプロセスを解説中。(東京)

このワークショップでは、誰もが使いやすい絆創膏をデザインするという課題が出され、まず、グループ内の1名がアイマスクをして絆創膏を使用する被験者になり、パッケージから絆創膏を取り出して患部に貼るまでの行為で思ったことや感じたことを全て話してもらい、他のメンバーがその行動や発話をメモや動画で細かく記録するという行動観察を行いました。

行動観察の様子。皆さん役割分担してしっかりと観察されています。(京都)

行動観察の様子。皆さん役割分担してしっかりと観察されています。(京都)


動画でもしっかり記録し、何度も見返しながら問題点やエラーを発見します。(京都)

動画でもしっかり記録し、何度も見返しながら問題点やエラーを発見します。(京都)

観察が終わればその記録を付箋に書き出し、模造紙の上に貼り付けて整理、分析します。そして、その結果を踏まえ、抽出された問題や課題を解決するための機能や形状のエスキスに入ります。エスキスとは下絵やスケッチのことで、ラフに絵を描くようにして、かたちを導き出していきます。限られた時間の中でしたが、前日のワークショップでも取り組んだように、その場にある材料を使用して即席で模型を作るなど、皆さん集中力を持って取り組んでおられました。最後にはグループごとに合評を行い、改めて「デザインされたモノには必ず理由がある」という視点を確認しました。

記録した内容をしっかり整理できていますね。(京都)

記録した内容をしっかり整理できていますね。(京都)


たくさんのアイデアが出てきました。(京都)

たくさんのアイデアが出てきました。(京都)

そして午後からは「コトのデザイン」ワークショップです。
「空間(場)」と「モノ」についてはわかるけれども、「コト」という言葉の定義が捉えにくいという方もいらっしゃるかもしれません。空デでは、「空間(場)」や「モノ」のかたちだけでは補いきれない、コミュニケーションの部分を「コト」であると考えています。例えば、コミュニティデザイン、ブランディングデザイン、プロジェクトデザインといった取り組みがその好例と言えます。かたちを作るだけでなく、その空間やモノがいかにして持続して活用されるか、そのためのうまくいく仕組みを考えることも必要であると思います。そこで、このワークショップではそうした仕組みを考えるきっかけとして、「食でお国自慢」(食を“くう”と読んでも良いし、“しょく”と読んでもO.K.)という課題に取り組んでもらいました。自分のふるさとの「食」を題材にして、ブランディングデザインを考え、A4サイズ縦の3枚のシートにまとめます。1枚目は食べ物紹介シート。インターネットを使用して食べ物に関する情報を収集します。2枚目はコンセプトシート。一言でその食べ物の魅力を言い表し、ポスターのような体裁を目指します。そして3枚目はアイデアシート。選んだ食べ物の魅力を他の地域の人たちにいかにして知ってもらうか、そのうまくいく仕組みを考えます。これらの制作は全て各自のPCを用いた個人制作で、実はPCのソフトに慣れてもらうことも目論んでいます。作品写真は掲載できないのですが、日本全国から集まる通信教育部の学生さんならではの食べ物が取り上げられ、美味しそうなプレゼンテーションもあったり、お腹が空いた身にはこたえるワークショップとなりました。

 

3つのワークショップで2日間を一気に駆け抜け、程よい疲れとともに、デザインする道具や気持ちのセットアップを終えられました。さぁいよいよこれからですね。皆さんの作品を拝見できるのを楽しみにしています!

 

 

空間演出デザインコース | 学科・コース紹介

  • LINEで送る

2017年6月27日  イベント

【芸術教養学科】研究と教育 フライング・カフェでの試み

芸術教養学科は「てのひら芸大」。普段は大学に来なくても、学びを深めることができる学科です。でも、顔をあわせて経験や知識をシェアする機会も設けられています。

このブログでたびたび紹介されている「フライング・カフェ」もその一つ。その名のとおり学科の専任教員が飛んで行って、全国津々浦々で交流・学習相談会が開かれています。とはいえ、この「フライング・カフェ」の主役は教員ではなく、全国から集まる学生たちです。レポートの書き方やテキストの読み方その他もろもろ、学ぶ仲間同士でいろんな意見が交わされます。

 

そんな「フライング・カフェ」、直近では617日(土)に開催されました。場所は大学にほど近い多目的スペース「ケパサキ」。東日本大震災のあと、関東から移住してきたミュージシャンやデザイナーがシェアしているスペースで、ときどきライブが行われたりもしています。もともと居酒屋だったスペースなので、お酒の相性もすごくいいです。教員の下村も、このシェアメンバーのひとりなので、今回使わせてもらうことにしました。

「フライング・カフェ」は学習相談会が中心ですが、多くの場合、展覧会や文化財の鑑賞やまちあるきがセットされます。こうした機会を通じてのいろいろな話も、いろいろな学びにつながります。今回は、私下村が最近執筆した博士論文「近代京都の土地区画整理事業地における町割についての研究」をネタに、京都の知られざる都市空間史についての講義と、その対象地となった平井高原地区のフィールドワークをプログラムとしました。この日参加した受講者は、現役学生とOBを合わせ14名。西は熊本、東は埼玉、北は秋田など、全国から幅広い参加がありました。

 

01:スライドに見入る参加者たち 西田宗司さん撮影

(スライドに見入る参加者たち 西田宗司さん撮影)

 

内容にも少しだけ触れておきましょう。京都の歴史的な中心市街地では、通りをはさんだ両側が一つの「町」を形成する「両側町」が見られることはよく知られています。しかし、昭和になってからつくられた新しい市街地にも、そうした道を軸とした「路線式」の町割が見られることや、その経緯についてはほとんど論じられたことはありませんでした。瓜生山キャンパスの近く、映画学科がある平井高原地区もそうした場所のひとつです。

 

02:平井高原地区の町割

(平井高原地区の町割)

 

今回の研究では、そうした町割をもつ地区が、京都市内のどのあたりにいつごろつくられた、どういう考えのもとにつくられ、どうしてやめられたのか、といったことについて、行政資料の精査やGISを用いた分析など、さまざまな方向から研究したものです。郊外のこうした町割が、京都の都市的伝統を踏まえてモデル化されたものであること、太平洋戦争直前にこうしたまちづくりが行われ、戦後の民主化の中で使われなくなっていったことなどが明らかになりました。

町割は、目に見えない都市空間のデザイン。モノとしての形はとらないけれど、各戸へのアクセス性を確保し、地域コミュニティの単位となるなどの機能もあります。そして今回研究した京都の例のように、そこに都市の歴史性への思いが込められているような場合もあります。こうしたものも、芸術教養的な関心の対象となりうるのだと思います。

 

スライドを用いた研究発表の後は、平井高原地区の街のようすのフィールドワーク。この地区にお住いの現役学生の方が、案内してくださいました。素敵なギャラリーにおじゃましたり、楽しい街歩きになりました。この地区の児童公園(街区公園)には、昭和7年に建てられた区画整理組合の記念碑がありました。

 

03:公園に残る区画整理記念碑 平田悟さん撮影

(公園に残る区画整理記念碑 平田悟さん撮影)

 

参加された方の中には、興味をもってご自身に縁のある都市の地図を見直して、そこにも両側町を見出したと知らせてくださった方もありました。こういう知識を得ると、都市空間の見え方がまた変わってくると思います。

 

街歩きのあとは、会場「ケパサキ」に戻って乾杯です。もともと居酒屋だったスペースなので、ビールがよく似合います。楽器をいじったりしながら、夜は更けていきました。

 

芸術教養学科は、学びやすさが大きな魅力となっている学科ですが、デザイン、美学、美術史、歴史学、都市計画と多様な専門性をもつ教員がチームを組んでいるのも特徴です。これからも、教員の研究成果をシェアする機会を設けていきたいと思います。その折りには是非ご参加ください

 

芸術教養学科|学科・コース紹介

過去の記事はこちら

  • LINEで送る

2017年6月24日  授業風景

【写真コース】「卒業制作」スクーリング紹介

写真コースの2017年度卒業制作が、いよいよ始まりました。今年度は外苑と瓜生山キャンパス合わせて、約40名の着手者が受講しています。

卒業制作は、「実習2(テーマ発表)、「実習4(中間審査)」、そして「実習6(最終審査)」を含め、1年の間に6回(12日間)行われます。

527~28日にその第1回目となる実習が、京都と東京2つのキャンパスで同時に行われました。

今回は、瓜生山キャンパスで行われた「実習1」についてレポートします。

 

写真1

写真2

 

卒業制作(実習1)の初日は、これまでの卒業制作作品を紹介しながら、制作の取り組み方やテーマの絞り方について考えていきます。フィルムからデジタルへ、その時代によって、“写真”という共通言語を軸に、多様な考え方や制作方法で仕上げられた作品が生まれてきました。

 

写真3

 

過去の作品紹介の後は、担当教員の作品を紹介しながら、作品の言語化や、ヴィジュアルイメージと言語との関係性を検証していく取り組み方なども含め、卒業制作の進め方についてさらに掘り下げていきました。

 

写真4

 

実習2日目は、三島淳先生による講義から始まりました。

制作を進める上で最も大切なことは、撮影された画像を正しく保存することです。「そんなことか」と軽く考えがちですが、その管理方法や使い方を間違ってしまうと、最後に連作・シリーズとしてまとめる際、使いたい写真が使用できないといった問題も出てきてしまいます。ここでもう一度、基本的なデータの管理方法やプリントする際のドライバーの設定方法などについて確認していきます。

 

写真5

写真6

写真7

 

講義の後は、次回の実習で行われるテーマ発表に向けて、卒業制作を担当していただく教員と、それぞれが考えているテーマの内容や学習の進め方について話を進めていきます。

 

写真8

 

サポート役で今回の実習にご参加いただいた藪本先生にも、みなさん、精力的に作品を見せていました。

 

写真9

 

次回の卒業制作スクーリングは7月。今回の実習を経て、具体的になってきたテーマを、次回の発表に向けて、各々さらに煮詰めていきます。

その際の様子は、またご報告したいと思います。

 

 写真コース | 学科・コース紹介

 

 

 

 

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。