アートプロデュース学科

2017年7月

  • LINEで送る

2017年7月28日  イベント

【アートイベント情報】のせでんアートライン2017/安田和さん

無題

アートプロデュース学科4期生の安田和さんがスタッフとして関わっている「のせでんアートライン2017 里山の学校芸術祭」が開催されます。今年で第三回目の開催となるのせでんアートライン。「里山の歴史と知恵を五感で遊ぶ」をテーマに、今回はワークショッププログラムを中心とした芸術祭になっています。

ARTZONEで展覧会を行った大西伸明さんを始め、見ごたえのある作品を手がける多数のアーティストがワークショップを行う貴重なイベントです。この夏はぜひ足を運んで、開催地域の魅力や面白さを体験してみてください。

 

のせでんアートライン 2017 里山の学校芸術祭

 

 

【コンセプト】

兵庫県と大阪府をまたぐ能勢電鉄の沿線地域(川西市、猪名川町、豊能町、能勢町)には都市部近郊ながら、昔ながらの 原風景 が広がります。この豊かな原風景を作る里山は、遠い昔から現在に至るまで人の手が入れられ、「日本を代表する里山」 として 知られています。「日本を代表する里山」には、私たちが忘れてしまっていた大切なものが沢山、本当に沢山、静かにしかし力強 く生き続けていました。 いま、日本だけではなく世界中で様々な問題が表面化しています。解決には、持続可能な多様性と生産 性を持った社会の実現が求められています。私たちはこの里山を中心とする能勢電鉄の沿線地域に隠されている秘密こそ、いま、 大切にしなければならない事のように思えるのです。
アート(ART) の語源は、自然と生きる為の「技術」を指す言葉でした。 「のせでんアートライン 2017 里山の学校芸術祭」は、里山に生きる秘密を、アートを通して皆で楽しく学び合う、決して一方向 ではない芸術祭です。沿線地域に 点在する知恵をつなぎ、地域と地域をつなぎ、都市と自然をつなぎ、人と人、 心と心をつなぎ、 それぞれの物語を、過去と現在、そして未来へとつないでいく芸術祭を目指します。

 

【会期】

1.夏のアーティストワークショップ/ ローカルワークショップ・イベント: 7/22(土)から8/27(日)
 - 川西能勢口エリア 7/22・23(川西市)  黒川+吉川エリア 7/29・30 (川西市・豊能町)
  地黄+野間エリア 8/5・6 (能勢町)
  大島エリア 8/19・20 (猪名川町) 妙見エリア 8/26・27(能勢妙見山)


2.収穫祭: 10/28(土)から11/5(日)
 -これまでのアーティストワークショップ、ローカルワークショップの展示を行います。
 -場所:黒川公民館、妙見山 (予定)
 -内容:アーティストによるアートワークショップの開催。地域団体との連携によるローカルワークショップやイベント等

 

 【参加アーティスト 】

堀尾貞治+現場芸術集団「空気」、伊藤存、ヴィヴィアン佐藤、澤田知子、コンタクトゴンゾ、大西伸明、淀川テクニック、笹岡由梨子、ニシジマ・アツシ+村 井啓哲、武田俊彦、村川拓也、小林泰三、ズガ・コーサクとクリ・エイト、日下慶太(エンバーン)、柴田剛、佐伯真有美( あふりらんぽ、オニ)、グレゴリー・サリバン、前田文化、友井隆之 他

 

 

  • LINEで送る

2017年7月26日  イベント

【夏のオープンキャンパス】ご来場いただき、ありがとうございました!

7月22・23日に開催された「夏のオープンキャンパス」。暑い中、今年もたくさんの方にご来場いただき、

賑やかなオープンキャンパスとなりました!ありがとうございました!!

IMG_4425

アートプロデュース学科では、毎年恒例となっている「みるみるうちに、みるみるわかる!?モネ・パズル」のワークショップを行いました〜。

IMG_4467

IMG_4578

今回は1〜4回生までの幅広い学生スタッフと先生方で、高校生のみなさんをお出迎え。

大学生活の過ごし方や学科の授業内容について、進路の決め方など、さまざまな相談や疑問がブース内では飛び交っていました。

実際に学科に通っている学生たちと身近で話すことで、高校生のみなさんにとってよりリアルに学生生活を想像したり、アートプロデュース学科の活動を知ることできたのではではないでしょうか。

IMG_4517

IMG_4525

サプライズで前学科長の福先生もお越しくださり、高校生たちと一緒にモネ・パズルのワークショップに参加していただきました。

IMG_4694

今回のオープンキャンパスは高校1・2年生の参加も多かったので、来年もまたみなさんに会えるのを楽しみしています!

ぜひ遊びに来てください〜。

高校3年生のみなさんは、このオープンキャンパスでの体験をもとにより良い進路決定ができたら学科一同うれしく思います!

たくさんのご参加、本当にありがとうございました。

 

そして次回は、「夏期コミュニケーション入学」です。京都造形芸術大学では、体験型授業のAO入試を行っています。

気になった方は下記より、詳細をご覧ください。

 

【お知らせ】

 

夏期コミュニケーション入試(☜クリック)

志望のコースを選んで、学生になったつもりで2日間授業を受けていただく、

体験授業型のAO入試です。

 

エントリー:8月1日(火)必着

体験授業日:A日程 8月4日(金)、5日(土)

        B日程 8月6日(日)、7日(月)

 

 

 

asp

  • LINEで送る

2017年7月20日  ニュース

ASPer 2017 第三回「展覧会の裏側ってどうなってるの?」レポート

7月16日(日)、高校生アート・サポーター・プロジェクト「ASPer」の最終回が開催されました。今回のテーマは『展覧会の裏側ってどうなってるの?』

今回は、メディアの記者となって、展覧会の取材を行います。アートプロデュース学科運営のギャラリー「ARTZONE」にて、展覧会がどのように運営されているか、記者として調べ理解を深めるワークショップが行われました。

 

IMG_3849

 

はじめは林田 新先生によるレクチャーを受講。林田先生はARTZONEでの展覧会の企画・運営を通じ、学生を指導しています。

レクチャーを通し、展覧会の準備についての紹介や、展覧会を運営するさまざまな思いについて教わりました。作品を置く場所や並べ方、照明の向きなど全てに、展示者の意図と狙いがあるんです!

 

次に、ARTZONEの展覧会『京都造形芸術大学総合造形ウルトラゼミ展「愛とテロリズム」』を取材。高校も出身も違う高校生同士がペアとなり、取材を行います。それぞれが気になる点、質問してみたい点を考えながら見学しました。

 

IMG_3918

IMG_3892

 

 

 

林田先生から取材のヒント・・・

  • 1. 作品を見るだけでなく、それがどのように展示されているかに注目する
  • 2. 案内文や作品リストも重要な情報源

 

 

IMG_3910

IMG_3954

 

この展覧会は、京都造形芸術大学 美術工芸学科 総合造形コースの学生が制作した作品を、アートプロデュース学科の学生がみて、考え、展示の空間を作り上げました。

高校生は、それぞれの展示にどのような意図があったのか、準備にどのような努力があったのか考えながら展覧会を見学しました。

 

最後に、記者会見!この展覧会を作り上げた山本晋也くん(2年生・マネージャー)、江南実菜恵さん(2年生、広報担当)に質問しました。

 

IMG_4124

IMG_4059

 

 

先生たちが驚くようなかなり鋭い質問も!

山本くん、江南さんも質問者に負けじと一つ一つの質問に丁寧に答えてくれました。

 

IMG_4225

 

参加してくれた高校生のみなさんは、展覧会の裏側をたくさん知ることができたのではないでしょうか?

記者会見の後、参加の証として「A」「S」「P」バッチを贈呈!これでみなさんもASPerの仲間入り。アートと人、アートと社会をつなぐことのおもしろさに気づいていただけたなら嬉しいです!!

 

最後はお菓子パーティーで打ち上げ!

IMG_4279

 

★参加者の感想より一部を紹介します★

・自分の言葉で”伝える”ことの難しさを知りました。人の意見を聞くことで、自分の知らなかったことや、見れていなかったところに気づき、勉強になりました。

・質問を前提とした作品の鑑賞は、普段と違ったおもしろさがありました。

・企画や運営をやっている人は、想像よりも多くのことを考えているんだと感じました。

 

 

今週末は、入試前の最後のオープンキャンパス。

■ 7月22(土)、23日(日):入試対策オープンキャンパス

 

高校3年生は、進路決定にむけて、入試対策にむけてとことん知れる、最後のチャンスです!もちろん「これから進路を考えたい」という方も、個別にお話いただけます。

高校12年生も、進路選択の参考にぜひぜひお越しください!

詳細はこちら → 入試対策オープンキャンパス 2017

 

 

 

  • LINEで送る

2017年7月13日  授業風景

【特別講義レポート】 『アートと環境をテーマとした仕事がしたい。』 等 徹彦さん

75日(水)に行われた特別講義では、株式会社 アソシエイテッド・アーツ代表の等徹彦さんをお招きいたしました。

 IMG_3256

等さんは、建築とアートの融合を目指す独自の視点をもとに、公共施設をはじめとして、集合住宅・オフィス・教育・ホテル・病院・スポーツ・商業施設等のアートプロジェクトに参画し、プロデューサー/アートディレクターとして今まで200以上のプロジェクトに関わってこられました。今回の講義では、過去の時代背景を振り返りながら、等さんがこれまで行ってきた活動のご紹介とともに、アートディレクターの実務や都市や建築空間におけるアートの役割、将来を生き残る(サバイブしていく)ために必要なことをお話していただきました。

 

講義中、「みんながアートをはじめようと思った動機は?」、「なぜアートなんだろう?」と、いくつかの質問を学生たちに投げかけていた等さん。そんな真っ直ぐな問いに学生たちは考えこんだり、驚いたりしながらも、「アート」を学ぶ、「アート」を生かすことの意義や自分の活動・進路を改めて見つめなおすきっかけになったのではないでしょうか。

IMG_32881

IMG_3265

最後に等さんは学生たちに向けて、「何をやりたいのか」をはっきりさせる。「本気」でやりたいことだったら、「勇気」を出し、まず踏み出す!「能力」や「知識」は後からついてくる。とメッセージをいただきました。

 

等さん、貴重なお話ありがとうございました!

 

以下、学生の感想から抜粋

 

アートが何を与えてくれるのか正直まだよく分からないし、今までは「楽しそう」という気持ちから選択してきたけれど、この先これでいいのかなと考えることが最近よくある。

それでも今日の話を聞いて、今時分が漠然と思っているやりたいことを、本当にやりたいことなのかをはっきりとさせ、それを続けていく覚悟をもてるようになりたいと思った。

 

「場所」と「アート」と「人」をつなぐというところは、まさにアートプロデュース学科で学んでいることだと思いました。(中略)子どもの頃になりたかったものに(進路の)手がかりがある、そして、それは現在に繋がっていていくつになっても飽きることがない、という等さんの話を聴いて、これから自分のやりたい事を探すきっかけがみつけやすくなるかなと思いました。

 

事業主の依頼→意図を汲み取る・言葉にして他者に伝える→アーティストが作品にする。

事業主とアーティストの間をサポートして、1つの形にすることは、ACOPの作者(作品)と鑑賞者の間をサポートして

「アート」をつくり出すことと、共通点があるなと感じました。今は「何をしたいか」をはっきりさせるために本気を出して探したいです。

  • LINEで送る

2017年7月11日  ニュース

【オープンキャンパス】7月 一日体験入学を行いました!!

1日体験入学オープンキャンパス、「見せ方ひとつで傑作に」を開催しました!

 

 

IMG_3394

 

今年で2回目となる1日体験オープンキャンパスが79日に開催されました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

今回は「見せ方ひとつで傑作に?」というテーマで、伊達先生によってワークショップ型の授業が行われました。

各グループに配布されたさまざまな写真作品。1人3作品選んでもらい、作品をつなげてストーリーを考えてもらいます。完成後は、他のグループメンバーにつなげた写真作品を鑑賞してもらい、自分が考えたストーリーがどんな内容なのか、どんな印象なのか想像してもらいます。

 

 

IMG_3343

IMG_3509

IMG_3574

 

歩き回って、他のグループに用意された作品も自由に鑑賞。

3枚以上作品をつなげて、ストーリーを想像してくれた高校生もいました!

 

完成した作品を他の人の意見や感想を聞きながら、自分のつくったストーリーをふり返ると、たくさんの違いがみえてきたと思います。同じ順番で作品を見ていても、人によってみえるものや読み取るものは全く異なっていて、見方と見せ方次第で、それぞれの作品の印象や価値が大きく変わっていくことを体験できたのではないでしょうか。

 

 

IMG_3550

 

最後は、各グループで授業のふりかえりを行いました。選んだ作品の系統やストーリーの作り方から、その人の個性がみえて面白かったという感想や、他の人の感想を聞くと自分が想像していたものとは違っていて、さらに作品の世界観やストーリーが広がったという意見を聞くことができました。

 

IMG_3560

 

「アート」とは作品そのもののことではなく、作品とそれを鑑賞する人との間に生まれる「コミュニケーション」。今回の体験授業で、参加者それぞれの「アート」を探求し、深めることができたなら、嬉しいです。

    IMG_3529 

IMG_3446  

 

7月はアートプロデュース学科を体験できるイベントが目白押し!

もっと学科の様子を知りたい、実際に在校生の話も聞いてみたい!という高校生は、ぜひご参加ください。

 

■ 7月16日(日):高校生アート・サポーター・プロジェクト(ASPer)
『展覧会の裏側ってどうなっているの?(最終回)』

河原町三条にあるギャラリー「ARTZONE」で展覧会の裏側を学びます!
アートプロデュース学科の学生と一緒にアートを体験しましょう!

詳細はこちらアートと私たちの未来をつくる「高校生アート・サポーター・プロジェクト 2017」

 

 

そして次回、8月4日からはじまる入試に向けて「入試対策オープンキャンパス」が7月22日(日)、23日(土)の二日間連続で開催されます!

 

■ 7月22(土)、23日(日):入試対策オープンキャンパス

高校3年生にとっては夏コミの入試対策に!高校1、2年生もぜひ遊びに来てください。
アートプロデュース学科は、アートを新たな側面から学ぶ学科です。これまで知らなかった学びの内容に、出会うかもしれませんよ!?

詳細はこちら入試対策オープンキャンパス 2017!

 

 

asp

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。