映画学科

2017年7月

  • LINEで送る

2017年7月27日  イベント

29日、公開授業『映画を見せるということpart2』開催!

二つの沖縄の映画、仙頭武則監督作品『NOTHING PARTS 71』と、仲村颯悟監督作品『人魚に会える日。』を上映します!

 

 5月に篠崎誠監督を招いて開かれた、特別講義『映画を見せるということpart1』に続き、7月29日(土)にPart2として、当学科でも教鞭を執られている映画プロデューサーの仙頭武則(せんとうたけのり)さんと、慶応大学三年生の仲村颯悟(なかむらりゅうご)さんをゲストに、お二人の映画を上映、特別授業を行います。

 2作品とも、沖縄を舞台にした映画であり、『NOTHING PARTS 71』は仙頭さんの初監督作、『人魚に会える日。』は仲村さんが大学一年生の時(2014年)に制作された作品で、2016年の劇場公開以降現在でも上映発信活動を続けています。

 

「私たちは沖縄で何を見つけ、なぜ映画にしたのか?」

「映画は誰に向けてどう発信していけばいいのか?」

 

学外の皆様も、是非お越し下さい!

image001

時・7月29日(土)

  12:30〜 『NOTHING PARTS 71』上映

  15:00〜『人魚に会える日』上映

  16:40〜18:00 Bスタジオ『仙頭武則さん×仲村颯悟さんによる特別講義&ティーチイン』

場所・高原校舎試写室、及び、Bスタジオにて

※特別講義・上映共、参加は無料です。

学外からのお客様もお待ちしております。

映画学科高原校舎まで是非ご来場下さい!

 

『人魚に会える日。』公式サイト → https://www.ningyoniaeruhi.com/

『NOTHING PARTS 71』マガジン9での紹介記事 → http://www.magazine9.jp/article/biboroku/13450/

 

高原校舎へのアクセス

 

高原校舎地図詳細版

  • LINEで送る

2017年7月26日  イベント

10期生タップダンス公演「face」が28日に開催されます!!

映画学科10期生によるタップダンス公演「face」が明後日28日(金)に開催されます。

a 7月28日(金) 開場 17時50分 開演 18時

京都造形芸術大学 高原校舎Aスタジオ

予約は10tappu10@gmail.comに 「名前(フリガナ)・人数」を明記した上で 送信して下さい。

返信をもって予約完了と致します。

 

01

 

これは「映画演技Ⅵ」(小田芽羅先生担当)の合評公演と言う形で催されます。

 

02

 

只今絶賛稽古中、かつセット建て込み奮闘中です。

 

03

 

日頃の練習の成果をぜひ見に来て下さい。

 

04

 

楽しい公演になると思いますので、よろしくお願いします!!

 

05

  • LINEで送る

2017年7月26日  ニュース

真夏のオープンキャンパスにご来校ありがとうございました

先週末7月22日、23日に「夏期コミュニケーション入学」直前の「入試対策オープンキャンパス」が開催され、映画学科にも大勢の皆さまにご来場いただきました。

 

IMG_7352

 

映画学科のある高原校舎では映画製作コースが「はじめての撮影」、俳優コースが「はじめての演技」と言う入試対策用ワークショップが催されました。

 

IMG_7324

 

このふたつのワークショップは高校1,2年生にも理解しやすいように基本的な内容で行われました。

 

IMG_7326

 

来て下さった皆様は初めて見るセットや撮影機材に触れたり、演技の初歩的なゲームをしたりと、とても楽しそうに参加してもらえました。

 

IMG_7357

 

「人間館」の映画学科のブースでも先生たちに数々の質問、または不安なことなどの相談等が活発になされていました。

 

IMG_7387

 

そしていよいよ次週8月4日~7日は「夏期コミュニケーション入学」です。

くれぐれも暑さ対策をしたうえでご参加ください。

 

ご来校ありがとうございました。

 

IMG_7330

  • LINEで送る

2017年7月24日  ニュース

酒井麻衣さんの特別講義が開催されました

映画学科卒業生で、現在全国で公開中の映画『はらはらなのか。』の監督である酒井麻衣さん(4期生・プロデュースコース)による特別講義が7月15日(土)に催されました。

 

IMG_7233

 

当日は映画学科非常勤講師であり、『はらはらなのか。』の企画を務めた直井卓俊先生との対談形式で行われました。

 

IMG_7223

 

大学時代に何を考えていたか。卒業後の経緯や直井先生との出会い。初めての一般映画を撮る決意。『はらはらなのか。』の撮影現場のエピソード。これからのこと。

などなど興味深いお話の数々に、参加した在学生たちは熱心に耳を傾けたり、ノートをとっていました。

 

IMG_7235

 

高原校舎での講義が終わった後も、酒井麻衣さんと直井先生は映画学科の在学生が企画・運営した「立誠シネマ」での上映会に参加し、そちらでも今月末に閉鎖する「立誠シネマ」の田中誠一さんと在学生とを交えたクロストークを行いました。

 

酒井麻衣さん、ありがとうございました。

 

IMG_7238

 

なお『はらはらなのか。』7月22日(土)より「京都シネマ」で上映されます。

ぜひご覧下さい!!

  • LINEで送る

2017年7月22日  ニュース

「MOOSIC LAB×KUAD」上映イベントが無事に終了いたしました!

MOOSIC LAB ×KUAD上映イベント実践3DAYS、映画演出プロデュース9の授業から立ちあがった企画が、それぞれ準備から宣伝、開催まで無事に終了いたしました。

3日間、映画館とは異なる3つの場所で、映画の上映とゲストを交えたトークやワークショップ、ライブなど盛り沢山のイベントとなりました。

 

7/13(金)の「サウナの梅湯」さんでは、タイカレーを食べながら、短編『電気100%』の上映と、監督の幸洋子さんと音楽を担当された食品まつりさんのトーク、銭湯という場所を生かした音作りのワークショップからのライブ上映が行われました。IMG_7867

IMG_78597/15(土)には、高瀬川沿いにある元立誠小学校にて、7月いっぱいで閉館が決まった「立誠シネマプロジェクト」さんのご協力のもと、OBの酒井麻衣監督(『はらはらなのか。』全国公開中!)が2年生のゼミで制作した映画『棒つきキャンディー』や、イベントメンバーたちによる撮り下ろし映像作品の上映、クロストークなどを行いました。IMG_9389 7/16(日)は、京都・一乗寺にある書店「恵文社」にて、映画学科4年生の辻凪子&阪元裕吾W監督が<MOOSIC LAB 2017>のために撮り下ろした新作ショートフィルム「ぱん。」のワールドプレミア上映と音楽を担当されたフライデイフライデーさん、辻凪子監督を交えたトークやフライデイフライデーさんのライブ、その他MOOSIC LABの過去短編作品の上映など、満員御礼の会場で有終の美を飾る事が出来ました。

20023880_1616946678344943_2494493444103961353_o©直井卓俊         

イベントにご協力いただきました皆さま、当日ご来場くださった方々に、この場をお借りいたしまして厚く御礼申し上げます。

 

直井先生いわく「参加した学生たちの中から、映画の作り手だけじゃなく場所の作り手、観せ手が出てきたら嬉しいです」とのこと。

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。