舞台芸術学科

2017年8月

  • LINEで送る

2017年8月18日  学生紹介

学生主催公演 ミンストレルズ第1回公演「くまさんのいる森」

おはようございます。舞台デザイン3回生の辻村です。
今週末に夏の自主企画第2弾としてミンストレルズが公演を行います!ご都合が合う方はぜひstudio21にお越しくださいませ!!
-------------------
くまさんのいる森表_L くまさんのいる森裏_L

ミンストレルズ第1回公演

「くまさんのいる森」

企画・作・演出:小林桃佳

【キャスト】

浅井結

岡本遼

木下創一朗

嶋崎美都輝

【スタッフ】

演出助手:嶋崎美都輝

舞台監督:村山早咲

美  術:明隅友香

美術製作:坂紀秀

照  明:椛島睦未

音  響:千代麻央

映  像:小林ち乃

衣  装:大窪真祐

制  作:辻村実央

宣伝美術:髙島絵里

     村山早咲

【公演日時】

2017年8月19日(土)18:00

               20日(日)13:00 / 16:00

※受付開始は開演の30分前、開場は20分前です。

【会場】

京都芸術劇場 studio21(京都造形芸術大学内)

【料金】

500円

※一部、過激な表現を含みますので小学生以下のお子様とのご来場はminstrels009@gmail.comまでお問い合わせください。

【予約方法】

minstrels009@gmail.com

下記の内容を明記の上、メールにてご予約ください。

こちらからの返信をもって予約完了といたします。

※ご予約は各回前日の24時までです。

件名:くまさん予約

本文:①お名前(ふりがな)

   ②観覧日時

   ③人数

   ④連絡先(電話番号)

【共催・お問合せ先】

京都造形芸術大学 舞台芸術学科

〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116

☎︎ 075-791-8237(平日9時〜17時/夜間休日は留守番電話対応)

☎︎ 090-8934-7622(公演当日のお問合せ先)

fax 075-791-8113(24時間受付)

✉︎ butai@kuad.kyoto-art.ac.jp

blog http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?author=10

  • LINEで送る

2017年8月5日  学生紹介

夏の学生主催公演のお知らせ

こんにちは。

夏も本番となりましたね。

学内の木々にとまるセミたちの大合唱にはもうすっかり慣れてしまいました。

 

今日は学生の主催公演のご紹介をします。

今年の夏の自主企画公演はダンス公演と演劇公演が行われます。

2本とも3年生が中心の企画です。

 

home_表_L

siro第3回公演「home」ダンス公演

演出・振付 田中すみれ

日時:2017年8月11日(金)18:00
          12日(土)12:00/16:00

会場:京都造形芸術大学 studio21 (京都造形芸術大学内)
料金:予約500円 当日700円

 

【ご予約のお申込み】

宛先 bugeizy9th@gmail.com
件名 「home」予約
本文 ①お名前(ふりがな)②観覧日時③人数④電話番号

 

 

くまさんのいる森表_Lミンストレルズ第1回公演「くまさんのいる森」

企画・作・演出 小林桃佳

日時:2017年8月19日(土)18:00
          20日(日)13:00/16:00

会場:京都造形芸術大学 studio21 (京都造形芸術大学内)

料金:500円

 

【ご予約のお申込み】

宛先  minstrels009@gmail.com
件名 「くまさん」予約
本文 ①お名前(ふりがな)②観覧日時③人数④電話番号

 

 

※両公演ともに、上記を明記の上、メールにてご予約ください。
団体からの返信をもってご予約完了です。
ご予約の受付は、各回前日の24時までといたします。

 

 

siro「home」はいよいよ来週本番です。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。