空間演出デザイン学科

2017年8月

  • LINEで送る

2017年8月2日  ニュース

【空間デザインコース2回生】シルクスクリーンの授業風景

 

 

こんにちは。毎日暑いですね…!

なんとか暑さに負けず夏を乗り切りたいところです。

 

 

さて、

今日は空間デザインコース2回生の

シルクスクリーンの授業を紹介したいと思います!

 

 

今回は”グリーティングカードをつくる”のがテーマです。

どんなカードが完成するのか楽しみです^^

 

 

*まずはマットフィルムに絵を描いていきます。
DSC_0028

 

シルクスクリーンは、製版の段階で色ごとにレイヤー分けすることで

何色もの色を使ったイラストや絵を制作することができます。

今回は1枚のカードに4色(4レイヤー)入れて制作することになっています。

 

 

●こちらは大野紅先生のお手本です。

Basic RGB

 

実際に色を分けて刷るとこんな風になります!!!可愛い!!!

DSC_0044

 

 

 

*絵が描けたら製版機を使って製版!こんな風に版が完成します!

 手で描いた時の繊細は線の表情も案外しっかりと出るんです^^

DSC_0018

DSC_0013

 

*次はインクを混ぜて、使いたい色をつくっていきます。

DSC_0012

 

*いよいよ刷りの作業に入ります!ドキドキ

DSC_0022DSC_0007

 

*刷る色を変える時は、素早く版からインクを拭きとります!

DSC_0030

 

 

*刷り終わったら、インクを乾燥させます。

DSC_0004

 

*完成!!!!

DSC_0136

DSC_0140

 

色鮮やかな可愛いカードが完成しました^o^!

デザインもそれぞれの個性が表れていて見ていて楽しいです!

 

 

前期授業が終了し、夏休みが始まりますが

学生の皆さんには夏休みという自由な時間も

有意義に過ごしてほしいな〜と思います◎

 

 

それではまた!

次回の更新も是非チェックしてくださいね。

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。