通信教育部

2017年10月

  • LINEで送る

2017年10月30日  授業風景

【歴史遺産コース】今年はさらにスペシャル!スクーリング報告 歴史遺産Ⅲ-2 民俗資料調査方法論(京都)

 

 

みなさん、こんにちは。まもなく立冬を迎える季節ですが、台風が繰り返しやってくるなど天候の不順が続きます。

各地の文化財も被害を受けているとの話も聞きますが、災害に遭われた方々の一日も早い回復をお祈りしています。

 

 

さて、今日は少し前のスクーリングとなるのですが、歴史遺産コースの魅力の一つであるフィールドワークを含む授業のご紹介です。

 

さる92324日に民俗資料を学ぶ基礎的な科目である「歴史遺産Ⅲ-2 民俗資料調査方法論」が京都で開講されました。

 

 

1日目は瓜生山キャンパスで座学ですが、翌日のフィールドワークに向けて、どのような調査の方法があり、現地では何を調べ、記録すべきかといった実践的な講義が行われます。

 

 

そして2日目。

フィールドワークの現場は、嵯峨野にある清凉寺(右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町)です。1016年創建で、ご本尊が著名な永延元年(987)に奝然(ちょうねん)が宋から持ち帰ったという国宝の釈迦如来像です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さてこの境内には、狂言堂が構えられており、春と秋には狂言が演じられます。地元の人々によって伝えられてきたもので、その特徴としては、演者も囃子も裏方もすべてアマチュアの方々によって行われており、「仮面劇」で、セリフのない「無言劇」であるといった点が挙げられます。

 

もともとは平安後期に良忍上人(天台声明の中興の祖/10731132)が始めた「融通念仏」に由来するとされますが、明確なことはわかっていません。現在、嵯峨大念佛狂言保存会には天文181549)年の銘を持つ古面があり、遅くともこの頃には「嵯峨大念佛狂言」が上演されていたものと推測されます。

 

さて、この授業では毎年、保存会の方にご協力頂き、実際の狂言の一部を拝見したり、面の民俗調査をさせていただいたりしています。

 

しかし、今年は、狂言堂が大修理に入ったため、いつもとは違うスペシャルな体験をさせて頂くことができました。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

それは修理中の狂言堂を拝見することです。

 

実際に修理を担当されている職人の方にお話を伺いながら、こうした現場を体験できるのは、極めて稀です、改めてこの場を借りて、保存会の関係者のみなさまのご配慮に、心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【修理前の狂言堂(2015年)】

 

 

この狂言堂は明治34年(1901)に現在地に移設されたとされていますが、具体的な建築年代はよくわかっていません。最近、京都府・市文化財保護課の指導による建物調査で瓦屋根の老朽化や損傷などが著しいことから、2016111日付で修復工事許可が文化庁から出され、2018年の完了にむけて工事が進んでいます。

 

こうした古建築の修理では、もともとの部材をできる限り残しつつ、最低限の新材を補完して進めていきます。壁土や壁材一つとっても伝統工法に則って修理を行うため、一般的な建築と異なり、手間や特別な技術を要します。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【狂言堂修理の様子】

 

京都は多数の町家建築なども残されているため、こうした伝統工法を行なうことのできる職人さんの数は他の地域に比べれば多いですが、やはり人材は不足しています。

この狂言堂でも少数精鋭の職人さんの手で、地道に進められているとのことでした。

 

現在狂言保存会では、莫大な修理費を補うべく寄付を募っておられます。

ぜひご関心をお持ちの方は、下記ホームページをご覧頂き、嵯峨大念仏狂言の継承・存続につながる狂言堂修復へのご協力をお願い申し上げます。

 

嵯峨大念佛狂言保存会公式ホームページ「嵯峨狂言堂修復募金のお願い」

http://www.sagakyogen.info/rebuilding.html

 

 

 

 

さて、じっくりと狂言堂の修復の様子を拝見したあとは、仮の練習や活動拠点とされているプレハブ小屋で、狂言面の調査をします。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【狂言面の調査の様子】

 

 

ここで拝見する狂言面は、実物をもとにしたレプリカですが、極めて精巧に作られており、練習などでも使われている面です。

 

学生一人ひとりが、一面ずつをお借りして大きさや色、装飾など色々な点を「調査カード」に記録していきます。

 

そして実際の公演のときと同じように、面を付けさせていただきます。みなさん普段、面をつける機会などはありませんので、嬉々として互いに写真を取り合ったりされていました。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【狂言面をつけての記念撮影】

 

さて狂言面の調査の後は、清凉寺門前の道標の調査です。この講義では、愛宕山への参詣の玄関口、清滝の調査を午後にしますので、そうした参詣道の調査もかねて、道標を調べます。

こうした石造物の調査では、拓本が大きな力を発揮します。紙を石に貼り、墨をのせていくという単純な作業ですが、これが案外難しく、みなさん四苦八苦して採拓されていました。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【拓本実習の様子】

 

 

拓本は、写真では光って写せない碑面でも、刻まれた銘文を明瞭に読み取ることができるとともに、持ち帰って資料化できる点で優れています。こうした民俗調査に欠かせない技術をこの講義では修得していきます。

 

さて、午後は清滝に。ここは火除けにご利益があるとして、長く信仰されてきた愛宕神社への参詣道の玄関口です。とても風光明媚な場所ですが、毎年731日から81日にかけての「千日参り」の日以外は、ひっそりとしています。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【清滝でのフィールドワーク】

 

 

かつては賑わったであろう旅館や茶店の建物も、廃墟と化している場所もあり、こうした清滝のもつ魅力を、フィールドワークを通じて再発見していくことが、午後のテーマとなります。

 

グループに分かれて、思い思いに写真を撮り、地元の方にお話をお聞きしたり、民俗調査の基本である、あるく、みる、きく、を実践されていきます。

 

最後は公民館をお借りして、グループ発表です。色々な清滝の魅力を発見されるとともに、また課題も多いこと等も話し合われて、有意義な調査となったようでした。

 

 

 

講義後は解散となりますが、有志の方々とかつて愛宕山鉄道(1929年開業・1944年廃業)の通っていたトンネルをくぐり、歩いて清滝から鳥居本の伝統的建造物群保存地区へと下山しました。さらに洛西地域の文化遺産のあり方について学びを深められたようです。

 

歴史遺産コースでは、こうしたフィールドワークの授業が充実しています。それは、現場で体験し、感じたことが学びを深める契機となるからです。

 

ぜひみなさんも来年はご一緒に清凉寺、清滝へ学びのたびに出かけませんか。お待ちしております。

 

 

こうしたフィールドワークに興味があるみなさま。

1112日(日)に、「秋の一日体験入学」が開催されます。

歴史遺産コースは、「京都の近代建築を訪れよう-身近な文化遺産を守るツボ-」と題して、大学に程近い、ヴォーリズ設計の建築を訪ねます。ぜひお越し下さい!

【秋の京都で1日芸大生】詳細はこちら↓

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/1day_autumn/

 

 

 

■歴史遺産コースの詳しい情報はこちら↓

学科コース紹介|歴史遺産コース

コース紹介

 

■歴史遺産コース栗本徳子教員の人気連載をお楽しみいただけます↓

Webマガジン 瓜生通信

瓜生通信

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2017年10月30日  授業風景

【染織コース】「スクリーンプリントの手ぬぐいを染める」紹介

こんにちは。通信染織コースです。10月に開講されたスクーリングの中から「スクリーンプリントの手ぬぐいを染める」をご紹介します。

 

合評会の様子

合評会の様子

 

 

色とりどりの作品が並んでいます。これは最終日の合評会の様子です。中段には正方形の色見本が貼られています。その下はB4の紙に絵の具で塗った図案です。上下には一人ずつの作品が展示されています。上下は同じ学生の色違い作品です。作るのは手ぬぐい。綿の布1メートルほどの長さで、元々は手を拭く布なのですが、昔から様々な意匠がほどこされてきました。最近は壁面を飾る布として使われることもあります。

1色紙を切り抜いてデザインを練る

色紙を切り抜いてデザイン練る

 

2色紙を破ってデザインを練る

色紙を破ってデザインを練る

 

3切り抜き

切り抜き

 

4破り

破り

 

絵の具で真っ白な紙に下絵を描いていくのはちょっと勇気が必要です。色のついた紙を切ったり破ったりしたものを紙の上に置いてみると思わぬ形の魅力を発見できます。デザインを練る時のヒントになりますね。

5マスキングシートをカットする

マスキングシートをカットする

 

スクリーンプリント用の版を準備します。下絵の上に透明なシートを置いています。赤い半透明のシートは光を遮断します。一つの版で色を刷りたい部分のみを残して切り抜きます。

6オペークで描く

オペークで描く

 

こちらも版の準備です。オペークも光を通しません。一つの版で色を刷りたい部分に塗ります。

マスキングシートもオペークも役割は同じです。カッターで切ったような形はマスキングシートを使い、紙を破ってできたような複雑な形はオペークを使います。

7スクリーンプリントの版

スクリーンプリントの版

 

 

これがプリント用の枠です。スクリーンメッシュが貼られています。メッシュは目の細かい布で、染料を混ぜた糊(色糊)が通るようになっています。メッシュに紫外線で硬化する感光材を塗って、マスキングシートやオペークで色を刷りたい部分をマスクしたシート乗せ、露光(紫外線を当てる)させます。紫外線が当たって硬化した部分は色糊が通りません。マスクしておいた部分は硬化しないので水で洗い流すと色糊が通るようになります。今回の課題では2版作ります。

 

8アルギン酸ナトリウムの糊

アルギン酸ナトリウムの糊

 

スクリーンプリントで使う染料には糊を混ぜてドロッとした状態にします。粉末のアルギン酸ナトリウムに水を加えて糊を作ります。受講生全員分だと大量です。

9布に印つけ

今回の課題は手ぬぐいに4回繰り返し模様をプリントします。繰り返すつなぎ目もきちんとつながるようにデザインします。プリントする際にもずれないように印をつけておきます。

10絵の具で色草稿

絵の具で色草稿

 

合評回では作品と一緒に色見本が2枚ずつ展示されていました。2色を使ってプリントするので色選びは慎重に行います。絵の具を使って色を決めます。

 

11色糊作り

色糊作り

 

色見本で作った色を色糊で調合します。とかした染料を糊に混ぜて作ります。見た目の色ではなく、布にプリントして定着させ(洗っても落ちないように固着させる)水洗、乾燥後の色を出さなければなりません。

 

 

12プリント作業1

プリント作業

 

いよいよプリントです。布の上にスクリーンの枠を置き、色糊を乗せて駒ベラで刷っていきます。手に持っているのがゴム付き駒ベラです。

13プリント作業214シャープな線15色が重なる透明感

2版目を重ねる

 

2版目を重ねて刷ります。濃い色でも透明で下の色が透けて見えます。

スクリーンプリントはシャープな線を出せるのが特徴です。

16刷り上がり

刷り上がり

17蒸し

蒸し

 

反応染料を使っているのでアルカリで固着し、しっかりと定着させるために10分間蒸します。

18蒸しあがった布を広げる

蒸しあがった布を広げる

 

19水洗

水洗

 

20合評

完成作品を展示して合評会を行います。スクリーンプリントの特徴を活かしたデザインができたか、つながっていくデザインは思い通りにできたか、2版を重ねた効果はどうか、全員で振り返ります。忙しく体力のいる授業です。みなさんお疲れさまでした。

 

 


 

【秋の京都で1日芸大生】秋の1日体験入学受付中!

 

染織コースの体験授業は「カード織りを体験しよう」。
カード織りは古くからある紐作りの方法です。穴をあけたカードに糸を通して重ね、カードを回転させることでよこ糸を通す道筋をつくります。よこ糸を織り込んでいくととても丈夫な紐が織り上がります。1日体験入学では2 色の糸を選んでカード織りを行います。糸は授業で使っているものと同じで色数を豊富に揃えています。カードの回転を工夫すると自分だけの模様を織ることができます。織った紐はフック付きの金具をつけて仕上げます。ストラップやキーホルダーとして使うことができます。日常生活で使えることも染織の大きな魅力です。織って使って染織の世界に触れてみてください。

 

授業名 :カード織りを体験しよう −簡単な道具でできる丈夫な紐作り−

開催日 :11/5(日)12:00〜

担当教員:新田恭子、久田多恵

持ち物 :筆記用具、メモ

 

詳しくはこちらから ↓

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/1day_autumn/

 


 

染織コース | 学科・コース紹介

染織コースブログ

 

 

  • LINEで送る

2017年10月27日  授業風景

【日本画コース】体験入学のお知らせと植物写生スクーリング報告

こんにちは、通信日本画コースです。
まずはお知らせです!
通信教育部では、秋の1日体験入学(京都)を開催します!!日本画コースの開催日は11月4日(土)です。
今回の授業は「琳派の模写を通して日本画を体験する」というテーマで、日本画の絵具や画材を用いて作品制作を体験できます。
昨年の体験授業の様子↓

 

DSC02873
DSC02870
申込方法など、詳しくはこちら
(今後の開催予定などもこちらのHPで確認できます)

 

すでにお申し込みされた方もいらっしゃるかもしれませんね。
残席わずかとなっていますので、ご興味のある方はお早めにお申し込みくださいませ。
皆さんにお会いできることを楽しみにお待ちしております!!
                                            

※【10/30追記】好評につき、すでに定員に達してしまいました。
11/19(日)に東京で開催する「4学科特別授業&卒業生ゲストトーク」は、申込みが始まったばかりですので、まだ大丈夫です。美術科は、日本画コースの松生先生による『「あめつち」~自然からもらった感動をカタチに~』を開催。一時間程度の授業の後、卒業生トークもありますので、ぜひご参加ください。

詳しくはこちら ↓
http://www.kyoto-art.ac.jp/t/4d_autumn/

 

さて、東京の渡邉葉子先生より、外苑キャンパスで行われた「植物写生」スクーリングのご報告が届きました。

 

この授業は、3日間を通して花(ユリ)を色鉛筆で描いて、その骨格と特徴を捉えます。
続く植物制作での本画の基となる写生になりますので、できるだけ多く写生することも大切な授業です。
DSC01502

DSC01513

DSC01515

今回は計5種類のユリが来ました!

 

DSC01516

横山先生によるデモンストレーション

 

 

DSC01527

描き始め。頴川先生(左)と相談中

 

  

受講生の皆さんの写生も、初日の朝は硬かった鉛筆の線が、午後終わり頃になると伸びやかな線に変化し、2日目になるとユリをよく観察しているのが分かる写生となっていきました。
花は変化の大きなモチーフです。
朝開きかけだったつぼみが、夕方には咲いている事も!
人工物とは違う、その変化の大きさを実感していただけたのではと思います。

                                                DSC01529

 

DSC01538

木下先生(左)ご指導中

 

DSC01547

写生の枚数を重ねるごとに手が滑らかになり、観察眼も研ぎ澄まされていきます!

 

DSC01550 DSC01613

DSC01584 DSC01732

個別寸評の様子。円形の厚紙は、本画制作時の目安になるものです。
(左・木下先生、右・横山先生)

 

 

                                               DSC01743

良い本画にするために、教員も一緒になって思案中

次回の植物制作も楽しみです!

受講された皆さん、お疲れ様でした!!
                                               
日本画コース | 学科・コース紹介
日本画コースブログ

  • LINEで送る

2017年10月27日  日常風景

【ランドスケープデザインコース】里山リノベーション

こんにちは。
ランドスケープデザインコース・業務担当非常勤の湊です。
普段は外苑キャンパスでのスクーリング運営サポートや、設計や模型製作のスクーリングを担当しています。
今回は、僕が富山市で取り組む「里山リノベーション」について紹介します。

201710land_blog1

普段、「森をつくるケンチク」「森をつくるデザイン」をコンセプトに設計・デザイン活動をしており、間伐など森づくりに貢献する木材を用いたデザインをしています。

ヒノキ間伐材を用いたオーガキッチンや空間(デザインに合わせ製材も自ら手配します)

ヒノキ間伐材を用いたオーガキッチンや空間(デザインに合わせ製材も自ら手配します)


スギ間伐材を用いた保育遊具や家具

スギ間伐材を用いた保育遊具や家具

富山市音川地区では里山林の放置が農作物への獣害を助長し、農地に影を落とすなど生産性の低下を引き起こしていましたし、素材・資源はたくさんあるのに疲弊し元気のない里山を見ているうちに人工林が農業への影響だけではなく、畜産や林業など一次産業を中心とした里山の生活に大きく関わっていることが次第にわかってきました。
そこで、富山市音川地区では1次産業間の連携によって地域を再生・ブランディングできないか、また、新しい風景を作れないかなと考えました。

 

たわわに実る葡萄の下で羊や鳥さんが、葡萄の木の陰でくつろいでいます。

201710land_blog4
農薬を使わず、除草剤も使わない農園内では羊が除草を仕事とし、鳥さんは土つくりを担います。土には、間伐材から家具や建築を作る時のオガコを使います。通常3年程度は完熟までにかかると言われる有機堆肥ですが、羊や鳥さんたちをお薬フリー(ホルモン剤や抗生物質)で朝から元気に育てることで1年程度で出来上がります。
201710land_blog5

201710land_blog6
草刈りヤギにすっかり人気者です。茶色の土の部分は堆肥です。
これまでは、毎年決まった時期、に決まった量の肥料を施し、定期的に草を刈り、除草剤を撒き、雨が降るたびに農薬を撒くという重労働でした。年々荒れた耕作地が増えていましたが、この堆肥を使って近隣のおいじいちゃん(農家さん)の生産量も増えてきました。今では、積極的に首都圏の商店街と連携したりマルシェ等へ出店したりしています。

201710land_blog7

皆さんも、是非、富山市音川地区を訪れてみてください。

そして、ランドスケープデザインコースは、このような「里と農の再生」といった学びも、カリキュラムとして取り入れています。

京都の瓜生山キャンパスで体験入学もありますので、是非、足をお運びください。

 

/////////

申込受付がスタートしました!
〜ランドスケープデザインコース「秋の一日体験入学」〜
「京の丘の魅力ー吉田山の今昔ー」
日時:2017年11月4日(土)  12:00~16:00
会場 京都造形芸術大学瓜生山キャンパス
お申し込みはこちら。
/////////

 

 

ランドスケープデザインコース | 学科・コース紹介

  • LINEで送る

2017年10月25日  授業風景

【洋画コース】卒業制作スクーリング

秋の涼しい風の中、いよいよ暑い卒業制作が本格化しました。今回は卒業制作着手への様々なハードルをクリアして、100号という大作、しかも2点、に挑みました。前回、卒業制作 2 で作成したエスキースを元に自宅で描き始めた100号2点を大学で広げ、制作しながら教員らと意見交換をし方向性を決める重要な4日間でした。 まず初日の午前は講評会から。さすがに53名を一つの教室ではできず、A日程、B日程と教室を分け、まずはドキドキの学生相互の確認から始まりました。開梱する瞬間の緊張感。広い教室にぐるっと一周作品が立ち並びます。ちょっと恥ずかしい気持ちと他人の作品が眩しく見える焦燥感が入り混じる感覚もしばらくして目が慣れてくると、少し我に帰る。ついでにA、B日程のそれぞれの作品を確認し合うとこれまた「やらねば」という闘志も自然と湧いてきたのではないでしょうか。 講評の時間は短めですが午後からの仕事(制作)の目標ができ、昼食での会話が弾んだのではないでしょうか。あるいは一人黙々と悶々とこれから始まる学生生活のまとめを構想してらしたのではないでしょうか。

写真1 写真2 写真3 写真4 写真5 写真6 写真8 写真7

午後の制作教室は4教室に別れ、A、Bクラスごとではありますが、担当教員別にはせず、制作指導を中心に実習を進めました。午後のスタートはパレットに色を出すところから。午前にあった講評を元に、あるいは講評から違う発想で新たな画面を模索するなど、それぞれに制作展開を図りました。ただ個人的な制作ですから、全員が同じように進めたわけではありません。100号2枚をグイグイ進めた人も、1枚は白いキャンバスのままで構想を進めた人も、それぞれのペースに合わせた進行で1日目のスタートでした。

また、今回のスクーリングでは毎日、教員が変わって1時間の特別講義を行いました。初日は主任の川村先生でした。内容は卒業制作を履修されている学生の特権ということでここでの詳しい内容は割愛します。卒業制作での楽しみにしてください。

 写真9

2日目は100号の制作相談からスタート。さすがに塗り絵のように進むわけではありません。半日描くと「あーでもないこーでもない」。思うように行くことは多くありません。先生を捕まえて「どうしましょう」。それでも徐々に調子が出てきてグイグイと筆が走る人も出てきました。

写真10 写真11 写真12 写真13 写真14

もう一つ卒業制作に作品とは別に、ポートフォリオと副論2000字がおまけであります。こちらもなかなか簡単ではない人が多いようです。2日目午後からはこちらの相談も本格的になってきました。写真の撮り方、写真の大きさやキャプション、ページのレイアウトに作品数のこと。正直、厄介に思えた方もいたのではないでしょうか。副論も同じくですね。でも、学生時代に制作した作品や、絵について考えたことをまとめることは、自身の絵画制作を客観的に眺めることで、これからの継続した創作活動の役に立ちます。これは間違いありません。もう少しの辛抱です!

2日目の特別講義2は、相見先生のプレゼンテーション。

写真15

3日目はさすがに全員?少し疲れが見られます。教室へ入ると、さてどっしりと100号がお待ちかねです。今日は私をどうしてくれるのと、画面から問いかけられます。新しい朝が来て、画室に入ると、昨日描いていた絵が、「どうですか」と問いかけて来ます。(ひとり言ですが、、悪戦苦闘が報われることは少ないのですが、それなら今日はこうしてやると、ナイフを持つ毎日が筆者の日常です。皆さんも同様かとお察し申し上げます。)
 制作中心の指導やポートフォリオのこと、副論のこと中心の指導が個々に進んでいきます。絵を描きたいのに、「嗚呼」という悲鳴も聞こえそうですが、卒業までの道のりはいろいろあるのです。写真16 写真17 写真18

 さて、4日目。いよいよ卒業制作 3 の最終日が始まりました。今日の目標は、自宅に持ち帰ってすること、できることの確認と次回、11月のスクーリング卒業制作 4 への目標設定でした。午前中の指導は11時からの特別講義4奥田。随分疲れが溜まって来たとはいえ最終日はそれなりにバタバタと時間が過ぎていきました。

写真21JPG 写真22 写真19 写真20

卒業制作4のことはもちろんですが、続く卒業制作5、そして大切な卒業制作展の連絡をして今回の4日間のスクーリングはおしまいでした。それにしても次は11月です。あっという間に期日が迫りそうです。皆さん頑張って制作、ポートフォリオ、副論を充分に進めておいてください。次回を楽しみに待っております!!

 


 

 

【秋の京都で1日芸大生】秋の1日体験入学受付中!

 

洋画コースの体験授業は「ストライプの布で包まれた箱を鉛筆で描いてみる」。
入学をご検討の方は、この機会にぜひご参加ください。
*要申込。先着順。

 

デッサンといっても様々で、計ったように描くことが全てではありません。もちろん目の前にあるものを見たように描き取れたら素敵ですし、そこにその人らしい魅力が出てくればなおのことです。私たちがお伝えしたいのは、一人一人の自分らしさを見つけていただきたいということ。モノクローム(単色)のデッサンでも、形を見る人、明暗を探す人、質感を大切にする人というように、それぞれ得意分野をお持ちです。習うのは鉛筆や練り消しゴムの使い方。柔らかい鉛筆でソフトに描いたり、硬い鉛筆でタッチを重ねたり、練り消しゴムを使ったり。足したり引いたりしながら力一杯描くところから始めてみてください。

 

授業名 :ストライプの布で包まれた箱を鉛筆で描いてみる

開催日 :11/11(土)12:00〜

担当教員:相見節子、川村悦子

持ち物 :筆記用具、メモ

 

詳しくはこちらから ↓

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/1day_autumn/

 

 


 

 

洋画コース | 学科・コース紹介

洋画コースブログ

 

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。