キャラクターデザイン学科

2017年10月

  • LINEで送る

2017年10月17日  イベント

株式会社RAYLINE STUDIOの特別講義が行われました!

 

 

こんにちは。

最近は寒暖差が激しく体調管理が難しいですね・・・。

 

10/6(金)3-5限に株式会社RAYLINE STUDIO代表取締役の平本泰三先生と、同じくRAYLINE STUDIO取締役の山形周平先生にお越しいただき特別講義を行っていただきました!

 

IMG_3213
RAYLINE STUDIOでは、CMやゲーム、VRなど、幅広い映像制作をしている会社です。

・株式会社RAYLINE STUDIO HP
http://www.raylinestudio.co.jp/

 

今回の特別講義では主にCGゼミの2.3年生が参加しました!

今後のプロジェクトに向けてのテスト的な意味も含まれているため、内容はとても実践的なものとなりました。

 

まず始めは、缶ジュースをモデリング!

レクチャーするのではなく学生それぞれがどうアプローチするかを見ることで

学生一人一人の能力を知りたいとのことでした。

 IMG_3183

作業中、ネットで調べる学生、実際缶を用意する学生など様々で
モデリングだけでなくどうリアルに見せるかを追求しようと一生懸命な様子でした。

 

合評では、「リアルなものをどう作るか、資料をどれだけ集められるかどうかが大切」ということや、
「実際のサイズを調べずにつくるものはすでにリアルではない」 ということをおっしゃっていました。

確かにそうですね。。リアルを追及するCGだからこそ想像しているだけではいけないのですね!

また、限られた時間内でどうクオリティを上げるかを考えることも重要とのことでした。

 

IMG_3241

 今後のプロジェクトでどのような作品が出来るのか今から楽しみです!

  • LINEで送る

2017年10月11日  ニュース

2回生加藤さん、ジャパンシックスアワード受賞!!

こんにちは!副手のノブモトです。

 

 

このたび、2回生加藤海さんが
Japan Six Sheet Awardにて、
協賛企業部門「森永乳業株式会社賞」を受賞しました!

 

 

加藤さん

result_03_07

?Japan_Six_Sheet_Awardとは?

屋外広告のクリエイティブ賞として、日本における屋外広告、

とりわけシックスシートフォーマット(タテ1755mm×ヨコ1185mm)での

表現技術の向上を目的として、2012年よりスタートした賞です。

アワードHPはこちら

 

 

広告主部門、一般公募、協賛企業部門があるなか、

学生の受賞はなんと加藤さんのみでした、本当におめでとうございます!

 

 

加藤さんはグラフィックデザインを取り扱う太木先生ゼミに所属し、

授業の中でこのシックスシートアワード応募作品を制作しました。

 

素晴らしい結果につながったことがとても嬉しいです。

 

 

これからの活躍も楽しみにしています!

  • LINEで送る

2017年10月2日  イベント

卒業制作キックオフミーティングが行われました!

 

こんにちは!副手のコンです。

 

12月には最終合評を控え、

いよいよ卒業制作展まで半年を切りました!

というわけで、25日(月)に卒業制作キックオフミーティングが行われました!

IMG_3164

後期が始まり久しぶりに全員集合した4年生。

卒業制作展に向けて、展示プランやスケジュールの確認がおこなわれました。

 IMG_3168

 

就職活動と卒業制作を平行し、体力的にも精神的にも追い込まれる時期ですが

体調管理をし、悔いのないよう頑張ってほしいです!

 IMG_3171

4年生の取りまとめをしてくれている代議員。左から豊岡くん、田中さん、横山さん、大江さん

これからみんなをひっぱって頑張ってください!!

2017年度卒業制作展は210日(土)からです!

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。