映画学科

2017年10月

  • LINEで送る

2017年10月23日  ニュース

三野龍一くん初監督作『老人ファーム』上映情報

11/4(土)から、映画学科卒業生(1期) の三野龍一くん初監督作『老人ファーム』が各所で上映されます。

 

『老人ファーム』

2017 / HD / 1 時間22 分

監督=三野龍一 / 脚本=三野和比古 / 撮影=金山翔太郎 / 音楽=ペイズリィ8

出演=半田周平、麻生瑛子、村上隆文、合田基樹、山田明奈、堤満美、亀岡園子、白幡真逸、エルダーキャッツ

 

日本芸術センター第9回映像グランプリ一般公開審査

【日時】11 月4 日( 土) 13:00 ~

【会場】東京芸術センター2F シネマブルースタジオ 

【URL】http://www.art-center.jp/compe/index_eizou9.htm

 

第四回新人監督映画祭

【日時】11 月11 日( 土) ~ 17 日( 金)

    *10/16 現在、上映時間は未定。決定次第公式ホームページにて更新されます。

【会場】ユナイテッド・シネマ豊洲

【URL】http://ndff.net

 

TAMA NEW WAVE ある視点 – それぞれのドラマ-

【日時】11 月21 日(火) 16:05~17:32

【会場】多摩市ベルブホール

【URL】http://www.tamaeiga.org/2017/program/

  • LINEで送る

2017年10月19日  ニュース

鈴木一博先生撮影の映画『月と雷』公開中!

映画学科に今年から専任教員として就任された、映画撮影の鈴木一博先生が撮影を担当した、安藤 尋督作品『月と雷』が10月7日より、全国の映画館で公開中です。

一博先生はこれまで、多くの日本映画の撮影を担当して来ています。

映画『月と雷』を是非、ご覧下さい!

 

284643

『月と雷』(C)角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

映画『月と雷』公式サイトはこちらです。 → http://tsukitokaminari.com/

 

映画学科の撮影の技術指導に当たられる、鈴木一博先生です。

IMGP3442

 

 

 

  • LINEで送る

2017年10月17日  授業風景

赤松陽構造先生「題字」特別授業

毎年恒例となっています「題字」(タイトルデザイン)の第一人者、赤松陽構造先生の特別授業が10月15日(日)に行われました。

 

IMG_1718

 

去年までは試写室での講義のみでしたが、今回は実際に学生が「題字」を書くワークショップも行われました。

 

IMG_1733

 

赤松先生が日頃使っておられる筆記道具や画材などを持って来ていただき、学生たちの前で「題字」を書いていただきました。

 

IMG_1727

 

『東京裁判』『Shall we ダンス?』『HANA-BI』『64ロクヨン』など、数々の印象に残る「題字」を描いてきた赤松先生の丁寧な指導のもと、学生たちも真剣に文字を書きました。

 

IMG_1872

 

最後に学生一人一人が書いた「題字」に赤松先生から講評をいただきました。

 

IMG_1896

 

今回の授業が学生たちのゼミ作品や卒制などに反映されることを確信しています。

 

赤松陽構造先生、ありがとうございました。

  • LINEで送る

2017年10月15日  授業風景

文芸表現学科との合同授業「映画文芸表現研究」始まる

文芸表現学科との合同授業「映画文芸表現研究」(辻井南青紀先生、福岡芳穂先生、鈴木歓先生担当) が10月14日(土)より始まりました。

 

IMG_1678

 

この授業では映画表現と文芸表現の相違点を確認し、表現の本質を考察していく授業で、実際に小説を脚本に置き換えることなく演技をしたり、目の前の役者たちの演技を見て小説を起こしていくことをします。

 

IMG_1693

 

文芸表現学科の学生たちにも映画学科の演技をビデオカメラで撮影してもらい、「視点」について、芝居の「間」についての意見の交換も行われました。

 

IMG_1694

 

次回は、映画学科の演技を文芸表現学科の学生たちが小説にしたものを読んだ感想と発見を話し合い、再び「視点」についての考察を行う予定です。

 

IMG_1685

  • LINEで送る

2017年10月13日  ニュース

松尾渉平『アップダウンドリーマー』TAMA NEW WAVE上映!

2017年に卒業をした松尾渉平さん(俳優コース・7期生)の、卒業制作監督作品『アップダウンドリーマー』が、第27回映画祭TAMA CINEMA FORUMの、第18回TAMA NEW WAVEにおいて上映されます!

TAMANEWWANEは、“日本映画界に新風を送り込む新しい才能の発見”を目的とした、映画祭TAMACINEMAFORUMの中の、「インディペンデント映画」上映部門です。

今年の卒業制作展での上映後、学校の外のお客さんに、映画『アップダウンドリーマー』をご覧いただく最初の機会となります。

11月24日(金)、東京・多摩市永山・ベルブホールでの上映です。

皆様是非お越しください!

 

詳細は、第27回映画祭TAMA CINEMA FORUM公式サイトをご覧ください。 → http://www.tamaeiga.org/2017/

 

IMG_8198

 

 

 

映画『アップダウンドリーマー』より

IMG_3102

IMG_4109

IMG_3096

IMG_3118

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。