情報デザイン学科

2017年12月

  • LINEで送る

2017年12月7日  授業風景

秋の風景を野外スケッチ

紅葉していた葉も落ち、いよいよ寒い季節がやって来ましたね。

1年生 イラストレーションコース「描画基礎」の授業では、

まだ秋晴れが気持ちいい時期に校内で野外スケッチを行いました。

 

_MG_8596

モチーフは「木」です。

それぞれ校内の気に入った木を探して描きます。

 

_MG_8545

イメージで描くのではなく、

実際に目の前にあるモチーフをしっかり観察し、目の前にアウトップットします。

 

_MG_8574

今回の描画道具は割り箸を自分で削り、墨汁を使って描いています。

パソコンや鉛筆のように消して描き直すことは出来ませんが、そのぶん直感がそのまま画面に表れます。

みなさん濃淡をつけるのに苦戦していましたが、意外と描き心地は良いそうですよ。

 

_MG_8549

いつもとは違う道具を使う不自由さがあるからこそ、それぞれ自分らしい線が素直に表れていました。

 

_MG_8590

描画基礎ではこれまで様々な描画道具で様々なモチーフを描き、観察する力を養ってきました。

観察する力は、描く技術を身につけることだけではなく、

目の前にある(自分の思い描く)世界にどうすれば近づくことが出来るか考える力にもなります。

 

「描く」基礎力をしっかり身につけて、表現力をアップさせていきましょうね!!

 

 

 

スタッフ かつ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

 

  • LINEで送る

2017年12月4日  ニュース

在校生が京都留学生ショートムービーコンテストで受賞!

 

大学コンソーシアム国際事業部主催の「京都留学生ショートムービーコンテスト」において、

情報デザイン学科2年生の劉 芸希 (リュウ ユンシ)さんが審査員特別賞観客賞をW受賞しました!

 

受賞作品はこちらとなります。

 

Feeling Kyoto (2分59秒) 芸希

 

作者コメント:
「京都留学生ショートムービーコンテスト」のテーマは京都留学の魅力ということで、最初に頭の中に浮かんだのは定番の観光スポットでした。けれどそういったイメージは留学じゃなくても体験でき、留学の魅力というより観光の魅力だと思いました。
京都の観光も大事な要素ですが、実際に留学してみて京都を観光するより学校にいる時間のほうが大半だったので、私が普段京都で生活する中で実際感じたこと、起きたことをテーマに作品を制作しました。
夏休み中1人で慣れない作業をするのは大変でしたが、力を貸してくれてた先輩たち、相談乗ってくれてた友達、作品を見てシェアしてくれた方々、今回賞に選ばれたのは沢山の方の力を借りてできたことです。
沢山の人の力を大事にして、これからもいろんなことをチャレンジして行きたいと思います。

====================

本当におめでとうございます!!

今回の受賞を経て、今後の制作への大きな励みとなることを期待しています。

 

 

スタッフ/ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

  • LINEで送る

2017年12月1日  授業風景

先輩から学ぼう〜ロールモデル研究〜

こんにちは、情報デザイン研究室です。

今回は、1年生を対象として行われました「ロールモデル研究」についてご紹介したいと思います!

 

「ロールモデル研究」とは、社会人となって働くこととは何か、
様々な仕事を知り、今後の大学での学びを深めることを目的とした授業です。

 

まず、第一回目として、4年生の先輩からこれまでの作品や大学生活の過ごし方、

就職活動についてお話を聞かせてもらいました。

IMG_5477

 

IMG_5455

 

IMG_5463

 

そして続く第2回目のロールモデル研究は、2年生の先輩と、現在社会人として活躍している

卒業生をゲストにお招きしてお話をしていただきました。

 

前半は2年生の先輩のお話です。

自己紹介から始まり、自分が普段している制作の話や課題の話などをしてくれました。

 

1年生の皆さんも自分達の一つ上という身近な存在なだけに、

来年の自分の姿として想像しやすかったようです。

課題の事や、1年生の生活との違いなど、和気あいあいとした雰囲気の中質疑応答が交わされていました。

 

55555

 

2222

 

後半からは、社会人ゲストの方にお話を伺いました!

現在されている仕事についてはもちらん、

自分の学生時代の事など、様々な話題に1年生も興味新々の様子でした。

 

マーケティングyahoo

333

身近な先輩や卒業生の先輩のお話を聞くことで、

具体的な目標を見つけたり、未来の自分像を想像する事ができたのではないでしょうか。

 

残りの大学生活、みなさんにとって有意義なものにして下さいね!

 

 

スタッフ クスモト、カツ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。