歴史遺産学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年8月8日  ニュース

学生作品展と大瓜生山祭

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

試験やレポート提出が終わり、学生たちは本格的な夏休みへと突入しました。

立秋は過ぎましたが、京都はとても蒸し暑く、まだまだ夏は去りそうにありません。

 

さて、本大学では9月21日(土)、22日(日)に「大瓜生山祭」が行われます。

大瓜生山祭では、イベントの一環として、3回生を中心とした学生の作品を展示する『学生作品展』を開催いたします。

歴史遺産学科では、前期授業「歴史遺産学演習Ⅰ」で取り組んだ成果を展示いたします。

「まだまだ先のこと」と思うことなかれ!

実は現在、夏休み期間中ではありますが、3回生達は授業成果をまとめ、展示作品を制作しているところです。

20130808-2

こうして、夏休み中でも自主的に集まって制作しています。

20130808-1

もちろん、先生が様子をみたり、指導やアドバイスなどもします。

 

授業のみならず、夏休み期間に頑張った成果を多くの方に見ていただきたいと思います。

 

また、学園祭開催中、各学科の教員相談コーナーも設置されます。

もちろん、歴史遺産学科の相談コーナーもありますので、少しでも気になることがあれば、

遠慮なく、どんどん質問しに来てくださいね。

 

関連記事

<153154155156157>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。