情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年10月25日  ニュース

国際アニメーション・デー2013 in京都!!

国際アニメーション・デー2013 in京都!!

 

先日、国際アニメーション・デー 2013in京都が

京都造形芸術大学 映像ホールにて行われました!

プリント

 

国際アニメーション・デーとは

広島で開催される広島国際アニメーションフェスティバルで受賞した

世界中のアニメーション作品を上映し、

アニメーションアートの良さや面白さを広めていこう!という催しです。

 

そのような活動を幅広く行っておられる

ASIFA 副会長/ASIFA-JAPAN会長の木下小夜子さんにお越しいただき、

約60名の来場者の方とともに上映会はスタート!

 

上映プログラムはこちら!

広島国際アニメーションフェスティバル受賞作1

広島国際アニメーションフェスティバル受賞作2

 

スイス、イギリス、チェコ、フランスなど

海外ならではのユーモアに、ときには笑いもおこりながら、

作者の努力が垣間見えるシーンに、ときにはう~ん!とうなりながら

みなさん楽しんでおられました!

 

IAD_上映風景02

 

驚きの連続で息をつく間もなく上映がおわり、

木下さんから最後に「受賞するようなアニメーション作品を作るには、楽をしないこと!」

というお言葉をいただきました。

 

こちらのお言葉にも、う~ん!とうなりながら

アニメーションアートの良さや面白さを知るだけではなく、

良い作品を作るには努力が不可欠なことを再確認できた上映会となったのではないでしょうか?!

 

来年の国際アニメーション・デーも楽しみですね!

 

 

スタッフ:ハシジ

関連記事

<392393394395396>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。